2018年04月27日

総合化事業計画

0426asahikawa.jpg

昨日は旭川農政事務所で総合化事業計画の認定証授与式がありました。一緒に認定されたのは紅甘雪という美味しそうなおいもの 香西 静江さん。わたしの超下手くそスピーチでふにゃふにゃの認定式になってしまって申し訳ない (^^;

この農水省の総合化事業計画の認定をうけて、融資を受けてマイ工房を建てます。助成金(補助金)なしの全額自費で返していきます。

打ち合わせの最初の頃は大きな金額にどきどきして「やりたいけど、わたしにできるかな…」とやや不安があったのですが、一年くらいがっちり相談にのっていただいて確実な数字を積み上げていくうちに「できるかな、じゃなくて、やるんだ!」という気持ちに変わってきました。

そんな話を、やはり自分の夢を叶えている友人に話ししたら「そうよ、(自分の夢のための)借金は財産なんだよ」と教えてくれました。なるほど!自分の夢を買って、後払いで返していくような感じなのかも!そう考えるとこれからとっても楽しみです。(^^)

R0023284.JPG

並行して進めている小さな工房の打ち合わせもスムーズに進んで、無事契約までたどり着きました。工務店さんのご都合で着工は7月頃になりますが、今からわくわくしています。今回もわたしのおうちをていねいに作ってくれた山形建設さんです。頼りになる親方なのでとっても安心(^^)

                              Asako
posted by tomato at 07:55| Comment(1) | 農作業

2018年04月15日

及川幸雄 絵画展

この間まで暖かかったのにここ一週間くらいは冬に逆戻りです。畑の雪はだいぶ融けたものの、山の麓や畦の北側などたっぷり残っています。そして今日は小雪が舞っています。

それなのに…

なんと火曜日は 初夏の陽気 になるんだそうですよ。ええーーーーーーもうやだ〜(悲しい顔)


R0023270.JPG

なかなかトマトの定植も進まないので、気を取り直して(?)トマトの師匠の展覧会に行ってきました。わたしたちのトマトの師匠は農民でありながら画家さんなんです。去年はトマト氏も一緒に写真を展示していただいたのですが「作品が溜まっていない」そうで、今回は農民画家さんの一人展です。

最近の小さい生き物たちへの優しいまなざしを感じる一連の作品。温かい気持ちになれます。いいなぁ。

R0023271.JPG

こちらは新しいシリーズ、『巡り巡りて』。今までの及川さんの色彩からパァッと華やかに大胆になっている感じ。どうやって創るのかな…近くでみるとテクスチャ?っていうのか躍動感がある作品です。

R0023282.JPG

そして豪華な屏風。うちのような小さな家には飾れません (^^;

22日水曜日まで(16日は休館日)名寄市北国博物館にて開催中なので、お近くの方はぜひ〜


                     Asako
posted by tomato at 13:53| Comment(0) | 農作業

2018年04月01日

試作品その2

0908tomato.jpg

昨年秋に作った新商品の試作品なんですが「ちょっとパンチが足りない」とのご意見をいただきまして、あれからいろいろ試行錯誤していました。もうちょっと目新しくてパンチのあるものといわれても、うちにはトマトしかないのでどうしたらいいのかわかりません。

散々最高経営者会議(笑)でも話し合っていよいよネタも尽きた頃、おかずじゃなくてスイーツじゃなくて おつまみ路線 はどうだろう?という画期的アイデアがでてきました。

で、作ってみましたヨ♪

0401marimo.jpg

緑の未熟果を秘伝のシロップに漬け込んで、少し醸してみました。ほんのり苔の香りが天然鮎の香ばしさのようで、噛むとぷちゅっと甘酸っぱい果汁がでてきます。これは酒が進むね〜!!今までに食べたことのない食感です。でも上手に醸すところが難しい…。

  ネーミングどうする?

  それはもう決まりでしょう






  マ・リ・モ








もうお気づきですね。(^^; これは恒例の エイプリールフール記事 ですよ。チャンチャン♪

                            Asako
posted by tomato at 08:36| Comment(0) | 農作業

2018年03月25日

トマト苗の状況

フェイスブックのほうには時々アップしていたのですが、こちらのブログには苗のこと全然書いていませんでしたね(汗)

0325tomato2.jpg

一番最初に来た苗(2月17日)は、もうこんなに大きくなっています。

0325tomato4.jpg

そーっと覗いてみると小さなつぼみも見えています。

0325tomato5.jpg

このくらいになると根もしっかりと増えてきています。花が咲く頃にはびっしりになっていることでしょう (^^) 順調です♪

0325tomato_hikaku2.jpg

3月19日に農協(ホクレン)さんから届いた苗は、その前の日照不足の影響でひょろひょろの軟弱苗でした。地上部の成長に根が全然追いついていなくて、鉢上げしようにも根鉢がくずれてしまうくらいでした。ホクレンの育苗センターでは予定がぎっしり詰まっていて、晴れても曇っても、約束の日にちにあわせて出荷しないとならないので、大変なんだろうね…と二人で話をしながら鉢上げしました。

これからしっかりと引き締めて、よいフルーツトマト苗に育てていくつもりです。(ゆるゆる育った子にはちょっときついかもしれないけど、覚悟してもらいましょう、いひひひひ (^^;)

0325tomato_hikaku.jpg

一方、その苗と同じ頃に定植できるように日にちを合わせて自分のところで種まきした苗がこちら。

日照不足が続いていたので少し成長スピードをゆっくりにしました。そのおかげで徒長せず、引き締まったいい苗になったと思っています(自画自賛)ただスピードを抑えた分、成長が遅れています。

0325tomato0.jpg

うちの播種(たねまき)分の苗は、農協さんの苗の3日遅れで鉢上げしました。(左の苗がうちの苗)こちらはコンパクトながらも茎も固く根がしっかりしていて楽しみです。緑の濃さもずいぶんちがいます。鉢上げ翌日から葉つゆがあがってきているくらいやる気マンマンの子みたいですよ (^^)

0325tomato.jpg

それから今年は少し品種のテストをするつもり。タネから育てていてもいろいろ個性があって面白いです。
posted by tomato at 09:17| Comment(0) | 農作業

2018年03月13日

みやぎチャレンジプロジェクト

R0023214.JPG

震災の後すぐに石巻に飛んで、そのままずーーーーーーーっと現地で支援活動を続けている「石巻のイモート」こと ひろこちゃん。とても熱いハートのまっすぐなめんこい娘です。

うちが農家になってまもなくの頃、トマトが採りきれなくてピンチのときにも飛行機で飛んできて助けてくれたの。一緒にごはんを食べて、一緒に農作業をして、語ってすごした日々が懐かしい。

ひろこのいる NPO法人 移動支援Rera(災害移動支援ボランティアRera)は公共交通機関がめちゃくちゃになったり、災害復興のなかで住み慣れた居住地とは別なところに住むようになった移動困難な人たちの送迎支援をしています。

田舎に住んでいると実感するけれども、自分で車を運転できればなんの苦もない事でも車がないと即日常レベルですごく困る。都会では想像できないくらい困る。そういう障害や病気があったり身寄りが近くにいなかったりというような、生活に必要な移動に困難を抱えている人たちを支援しているのです。

ひろこの超絶多忙の日々のなか、たまに更新されるFacebook記事と、年に一度の活動報告「かぜのたより」を読んでいると福祉とか行政サービスというくくりのすきまにおっこっちゃったような、誰からも手を差し伸べてもらえない人たちがいて、そういう人たちをずっとずっと支援しつづけているみたい。ひろこのつぶやきは胸が熱くなったり目から水がでたり…。本当にいろんなことがあって、それを素人のみんなで力をあわせてなんとか乗り越えてきている。年間18,000人以上を送迎し、7年分の人数をあわせたらもうすぐ石巻の人口を超えるくらいの人々の手助けをしてきた。パッと思いついて何かをすることは誰でもできるけど、ずっと続けるって本当に本当にすごいことだと思います。

でも常に財政難。

0313rera.jpg

リンクをはった「みやぎチャレンジプロジェクト」は、赤い羽根共同募金会がやっているマッチング寄付で、設定期間中にReraへの募金が目標の100万円に達したら、みんなからの募金に共同募金会からの支援を上乗せしてもらえるというもの。3/31が締め切りだけどまだ64万円くらいしか集まっていません。

クラウドファンディングも夢があっていいけど、困っている人たちを助ける人たちが困っているところ(!)へちょっとおこづかいを寄付しませんか?

社会課題解決 「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業
NPO法人 移動支援Rera
http://akaihane-miyagi.or.jp/challenge/org02
posted by tomato at 08:45| Comment(0) | あれこれ

2018年03月07日

ビニールハウスの準備

R0023205.JPG

昨日はハウスのビニールかけをしました。早朝は風もなく穏やかな天候だけど天気予報では、くもり〜雪。この先も風が強かったり、雪が降ったりでなかなか作業できそうな日がありません。

というわけで、朝マイナス12度くらいだったけど、がんばって作業開始!

ハウス上空は寒いしパイプは超冷たいしビニールは寒さでしばれついているし、たいへーん!でも今年は雪が多いのでなるべく早くビニールかけないと困ったことになりそうです。

R0023207.JPG

全部終わる頃には吹雪でしたが、事故もなく無事終了!

                    Asako
posted by tomato at 07:58| Comment(0) | 農作業

除雪機トラブル

R00231902.JPG

先週金曜日、調子の悪かった除雪機がとうとうアソコでストライキをおこしてしまいました (T_T) もうこれ以上一歩も動けませんといっています。外は台風なみの暴風雪。天候が回復してから助けに行くことにして、人間だけ家に帰りました。

R0023202.JPG

そして日曜日、嵐が一段落してから救出して一時手当をしたら少し状況が良くなりました。そこで「お?これはいけるかも?」なんてスケベ心をおこしたのがいかんかった…(T_T) 嵐でひどくなったハウスの周りを除雪しようと思って使ったらさらに救出困難な場所でうんともすんとも動かなくなってしまいました。日曜日は機械屋さんもお休み。

こんなところで立ち止まられたまま大雪が降ったらトラクター除雪(*1)もできないし、超ピンチ!

R0023209.JPG

憂鬱な夜を過ごし翌日月曜日朝イチで梅坪機械さんに来てもらって、入院修理。そして火曜日無事退院してきました!二枚目は取り替えた部品。やっぱり能力が足りないのにハードに使い過ぎなんだと思う。

                         Asako

(*1) 最初からトラクターで除雪すればいいのにと思われるかもしれませんが、この日は暖気の湿雪で重すぎてトラクターでもなかなか進めなかったので、除雪に手伝ってもらおうと思ったのでした。
posted by tomato at 07:46| Comment(0) | 農作業

2018年03月01日

除雪に難儀しています

R0023166.JPG

今年は雪が多くて難儀しています。うちで一番背の高いハウスなのにこの深さ…就農以来2〜3番めくらいに雪が深いです。

あまりの雪の深さにうちの除雪機では歯が立たず、といってもやらないわけにはいきません。

人間がスコップで崩した雪を除雪機で飛ばしていくというなんとも前時代的な方法で立ち向かっています。そこまで(機械のためにやってあげても)途中ハマってはスコップで掘り出し、またハマってスコップで掘り出し…と、なんだかもう人力でハウスの中の除雪をしているような状態です (x_x) 何百トン分?

R0023179.JPG

そんな無理な使い方をしているので途中で機械の調子も悪くなってきて、梅坪機械さんに見に来てもらったり…トマトの苗が育つまでに中の準備が追いつくかちょっと心配です。

R0023184.JPG


並行してハウスの外側の除雪も進めています。こちらはトラクターの後ろにつけるブロワーという道具を使うのですが、こちらもパワー不足で、2m進んでは人間がスコップで崩し…の繰り返しで、もうわたしたち腕がもげそうなくらい筋肉痛ですよ。冬に肥えた分くらいもう働いた気分です。

R00231812.JPG

雪原の休憩室ができています。育苗ハウスの温度をチェックするための親機、オヤツ、あったかいお茶。おしり2つ分のソファー(笑)おしりが冷えてきたら仕事再開です (^^)


昨日は、このあとまだ悲劇が待っておりまして…

R00231832.JPG

除雪機で飛ばした雪をそのままにしておくと夜のうちに冷えて凍ってカチンコチンになってしまうので、飛ばした雪はその日のうちに崩しておくのが当地の常識です。そしてその崩した雪はまた遠くへ飛ばしてどかさないと、次の日ではもうどうにもならなくなってしまいます。


CA3E0087.jpg

暗くなってきたし、なんとかそこまでやっておかなくては…とトラクターで除雪していって、残りあと数メートルというところで、今度はトラクターがハマってしまって動けなくなってしまいました。上の写真はそのトラクターを救出しに除雪機が向かっていくところ。無事脱出したころには辺りは真っ暗、いい月明かりの中、トラクターと除雪機でラブラブ帰宅しました。もう身体も冷え冷え〜(x_x)

                             Asako
posted by tomato at 08:50| Comment(0) | 農作業

2018年02月11日

育苗ハウスの水汲み

0211yuki.jpg

昨日は一晩で結構降りました。暖かい湿気った雪で20cmくらい積もりました。

0211yuki_2.jpg

静かにしんしんと降り積もっていく感じです。

0211sori.jpg

この季節ビニールハウスまで荷物を運ぶのにソリが活躍しています(実はこのソリ、割れてしまっているのですが、まだもう少し現役でがんばってもらいましょう (^^; ソリも頑丈なのはそれなりに高いので…)

0211dougu.jpg

運んだお荷物は水やりの道具。ポンプやホースは何セットもあるのですが、それぞれにアタッチメントが違っています。どこで使うものかわからなくならないように、しっかりお名前を書いておきます (^^)

0211mizukumi1.jpg

向かう先は育苗ハウス。

0211mizukumi2.jpg

雪の中から井戸を掘り出して、エンジンポンプをセット…

ところがエンジンポンプがトラブルで動きません。燃料をくりだすところがエア漏れしているようで燃料が送れないみたい…

0211mizukumi3.jpg

少しの間いろいろやってみたけどだめそうだったので発想を切り替えて、B案・水中ポンプ投げ込み式で汲むことにしました。

0211mizukumi4.jpg

ぽちゃんとポンプを井戸に投げ込んで、そこから延々とホースを伸ばしていきます。

井戸からホースがでてくるところでガキッと曲がると水がうまく送れなくて水圧が高まってポンプからホースが外れてしまうので、1人は井戸の近くでホースを支えていなくてはなりません。(エンジンポンプのホースなら、人がついていなくても大丈夫なので、できればそっちでやりたかったのですが…)

0211mizukumi5.jpg

井戸から育苗ハウスまでホースを伸ばして、無事水を汲むことができました。

0211mizukumi6.jpg

でもこのままにしておくと夜の間にホースが凍結してしまうので、再びこのお道具を片付けてしまいます。寒いところの水仕事は予想以上に手間がかかりますね。

0211yuki3.jpg

育苗ハウスの屋根に積もった雪も落ちて、結構な量になっているので、これから除雪に行ってきます。

日高地方では数百棟のハウスが倒壊してしまったとか…。本当に農家さんたちのことろ思うと胸が痛みます…(T_T) ビニールハウスはアーチで支える構造なので、こういう落ちた雪が横にたまるのに弱いのです。普段雪の少ない地方だと、ハウスとハウスの間も狭いし、雪の堆積スペースも想定していないくてきっととっても大変なんだろうと思います。

早く復旧するようにお祈りします。そして行政から支援がありますように!

                        Asako
posted by tomato at 14:34| Comment(0) | 農作業

2018年02月09日

会議

0209kaigi.jpg

昨日は○○事務所の方と○○プランナーの方と会議。わたしの野望のために悪天候の中はるばる来てくださって申し訳ない。この1年ずっと同じ話をしているような…。

そのあと山形建設さんにお邪魔して打ち合わせ。山形さんはあったかハートのお客さん想いの熱い工務店さんです。本当にいろんな方にお世話になりつつ進んでいるのだと胸が熱くなった日でした。

                            Asako
posted by tomato at 11:20| Comment(0) | あれこれ