2017年04月06日

農民の視点 展

0406photo.jpg

二年前くらいからトマト氏が写真を撮るようになりました。写真といってもわたしのブログ記録用みたいなものでなく、自分の表現みたいなもののようです。

カメラはそんなに高くない中古のデジカメなのですが、ちょっと変わっているのがそのレンズ。デジカメなのにレンズが取替え式で、古いフィルム用のレンズを使えるのだそうです。そのレンズもヤフオクやeBay(外国のオークション)で数千円と格安らしいです。わたしからみたらボロっちくて本体に落書きもあったりするレンズなのですが、最新型のレンズにはない味わいがあるようです。

昔の、しかもソ連や東ドイツのレンズだそうですが、どれくらい古いかというとそのレンズの屈折率をコンピュータじゃなくて人が手で計算したりする時代のものなんだって!

だからなのか?よくわからないけど、見たままそのままを切り取るんじゃなくて、レンズによってそれぞれ風合いが違って写るのです。一緒に暮らしていて同じものを見ているはずなのに、撮る人が違うと違う世界で不思議です。

家の中や農場内の写真ばかりなのですがだんだんと面白い写真がたまってきたので、写真投稿サイトやブログにものせるようになりました。それを農民画家でもある師匠が観てくれて、「(トマト氏の写真は)ときどき あー、こういうのが農民の視点だよなー と思う写真があるんだよね。よかったら恒例の春の展覧会の時にコラボしない?」と誘ってくださったのです。

というわけで、夢の二人展、開催でーす☆

農民の視点 展
場所 名寄市北国博物館1Fギャラリー
   名寄市緑岡222 TEL 01654-3-2575
会期 4月7日(金)〜16(日)
   10日(月)は休館日

お時間のある方は良かったらのぞいてみてくださいネ♪きっと照れながら、でも喜ぶと思いまーすっ!農繁期なのであまり会場にはいられないと思いますけれども…。どうぞよろしくお願いします♪

一番上の写真は、白い手袋をはいて慎重に額装するトマト氏。こういうのはまるで初めてなので緊張しているみたいです (^^)

                          Asako
posted by tomato at 19:33| Comment(0) | 地域の話

2017年04月04日

Oh!失敗

0404house.jpg

数日前にまたトマト氏と2人で新しいビニール(PO)張りをしました。いったい何回目のビニール張替えかなと思って数えてみたら今回の張替えは8棟目でした。小さいハウスなら毎年張っては剥がすをしている人もいるくらいで、そんなに大仕事ではないのですが、うちは本州やお米農家さんの苗ハウスよりはるかに大きいので結構大変…。

でもまあ8棟もやれば慣れてきます (^^)v

そして・・・

慣れた頃、失敗するのです 爆弾 Oh! No!


「今日は2人だから、どんどん進めていかないと終わらないわ。明日は苗の鉢上げもあるし早く終わらせて明日の支度をしなくては…」なんて考えながら仕事をしていて見事に失敗してしまいました。ビニールの中央の目印を間違えて、ずれた位置で張ってしまったのです。

相当進んでから気がつきました。やり直すには逆の手順で相当もどらなくてはなりません。どうしよう?キリのいいところまで戻って今日はハウスの張替えを諦めて明後日再チャレンジするか、それともきちんと戻ってやり直して最後まで本日中にがんばるか…。

ビニールの張替えは風のない日でないとできません。春先にはなかなか風のない日がありません。他の農作業も順番待ちでぎっちぎちに詰まっています。

というわけで、戻ってやり直して最後までがんばりました…。朝早くから始めてお昼ごはん抜きでぶっ通しで夕方5時まで、猛スピードで休憩なしでした (^^; ヤー、人間がんばればできるもんだ、ハハハハハ…ハ…ハァ。つかれたよー、たいへんだったよー、うえーん、もうやり直したくないですーーー。

最後のハウスバンドのところで弱気になって、「この続きはあさってにするか…」と相談しているところにンメツボさんが登場して「おら手伝ってやっから、やっちまいな」と天の声? ありがとうございますー(T_T)がんばりますよぅーと半ば泣きながら、終わらせましたよ。

0404teishoku_jumbi.jpg

そして翌日鉢上げ、そのあとは定植するハウスの準備…。連日突貫工事で毎日がビュンビュンと音を立てて通り過ぎていくようです。でもまあなんとか遅れは出さずに追いついています。

ヨッシャー、明日もやったるでー!

燃える魂アテネファーム?なんていうか、最近は体育会系の農家になってきたような気がします 笑

                              Asako
posted by tomato at 22:13| Comment(0) | 農作業

2017年03月28日

つぼみが見えてきました

0328tubomi.jpg

今年は苗が来てから晴天に恵まれています。去年の秋に育苗ハウスのビニール(PO)も張り替えたし、ちびっこ苗たちのために二重ビニールも磨いてあげたし、おひさまたっぷりで育っています。もうつぼみが見えてきましたよ。

0328ikubyo.jpg

先週には3回目の苗も届いて、育苗ハウスはだんだんトマトでいっぱいになってきました。このずらーっと整列した景色、けっこう好きなのです (^^) うふっ

0328nae.jpg

ハウスの中はトマトの香りもしていて、これからシーズンがはじまると思うと楽しみですね〜♪

0328farm.jpg

育苗ハウスの中はぽかぽか春の陽気〜良い天気の日には30度近くの楽園ハワイ?まであって、身体の季節温度感がついていかれません (^^; だってハウスのほうはまだこんなに真っ白なんですよ。冬の間から何日もかけてトラクターで除雪していてこれなので、何もしていないところはまだまだ雪がいっぱいです。

0328house_1.jpg

先日も師匠と「今年は(成長が)早いかもしれないな」と話をしていました。そろそろつぼみも見えてきた一番最初の苗の分のハウスはもう地面がでているのですが、そのあとのハウスはまだ雪がいっぱいのこっています。そっちもハウスの雪解けをいそがないとなりません。

というわけでトマト氏が融雪剤代わりに土壌改良資材をまいています。

なるべく寒くて雪が硬い早朝に作業するのですが、それでもだんだん雪も柔らかくなてきていてときどき ズボッ と踏みぬいてしまいます。

0328house_2.jpg

これくらい踏みぬくと長靴の中にも雪が入ります。足を引きぬこうにも踏ん張る地面が柔らかくて結構大変です。トマト氏がんばってね〜(とわたしは撮影だけしてまた楽園育苗ハウスに戻るのです 笑)

                           Asako
posted by tomato at 07:51| Comment(0) | 農作業

2017年03月10日

確定申告

0310kakuteishinkouku.jpg

ようやっと確定申告の書類が完成して郵便局に持って行かれるところまでできました。来年(こそ)はもっと早く手を付けて、そして間違いも少なくして、さくっと終われるようになりたいです。

少し前にPCが不安定になってしまったので、インストールのやり直しをしました。データが消えてしまったら一大事なので慎重にバックアップをとって、手順をよく考えて…。そして「このついでにウィンドウズをやめたら?」とトマト氏のおすすめに従い、ubuntu(ウブンツ---linuxなんだけどマウスで直感的に?操作できるOS)を試しています。

インストールはトマト氏がやってくれたのですが、データの移行や環境整備は自分でやっています。わたしは普段はかな入力なのですが、ubuntuのどこを操作したらローマ字からかな入力に切り替えられるのかがわからず、しばらくはなれないローマ字入力を使っていました。慣れない入力は思考が中断しますね。そして入力しながらぶつぶつとつぶやいていたり 笑

データのコピーもwindows同士のようにはいかず、頭の体操?そもそもlinuxの世界は単語も違うし、えーとなんだっけ?の連続でした。それでも今までwindowsでもLinuxと共通のアプリケーションを使っていたので、いくつかをインストールしたらほぼ今までと同じようになんでも作業できるようになりました。メールのバックアップも移行できてもう送受信もできるし、画像も編集できるし、かな入力もできるし(笑)違うのはデスクトップの背景の色くらいです。(^^)

というわけで、これはubuntuで画像サイズを編集して投稿のテストでした (^^) 昼休み長すぎになっちゃった 汗

                              Asako
posted by tomato at 13:43| Comment(0) | あれこれ

2017年03月07日

視察?見学?試食?

0307sekisetu.png

今年は雪が少なめだと思っていると、ちゃんと帳尻あわせのようにどかどかと降ってくれます (-_-; 上のグラフの緑のラインは平年値で、青が今年の積雪深です。2月20日くらいに一度60cmくらいまで減ったのに、月末の雪で平年並みまで戻りました。ここ数日はハウスの除雪でへとへとです。 (+_+)

0307tomato.jpg

それでも苗は順調で、今はこれくらいの大きさに育ってきました。わたしの中では幼稚園の年少さんくらいのイメージです(笑)超めんこいです♪


0307shishoku3.jpg

今日は海外留学生の方々が農場に見学にきました。(みんなで集合写真を撮ればよかった〜っ!残念!)

0307shishoku1.jpg

今の季節にトマトの味見はできないので、せめて濃縮フルーツトマトでうちのトマトの味をイメージしてもらえたら…と準備をしました。

あ、濃縮フルーツトマト、販売中です!町内ではうちと美花夢さんと五味温泉さん、それから士別市の梨の花さんで買えますよ〜。

0307shishoku2.jpg

いひひひひ、おいしそうでしょ? (^^) みんな喜んでくれてほんとによかった!

4カ国からやってきた留学生のみなさん、日本語もお上手でほとんど通訳なしでわたしたちの話を聞いていました。わたしは語学苦手なので、みんな尊敬しちゃう!ただの見学ではなくて、いろいろ調査研究して発表してくれるらしいですよ。

                     Asako
posted by tomato at 15:36| Comment(0) | 料理・保存食

2017年02月24日

こどもの可能性を引き出す運動発達カラダづくり

0224reichan.jpg
クリックすると大きくなります

最近のお子さん方の体力低下は著しいらしい。昔のように野山をかけめぐり(っていつの時代の話?)野生児に育っている子たちはほとんどいないかも。簡単に骨折しちゃったり、中学生が腰痛なんていってたりするらしいです。

れいちゃんはそういう現状に危機感をもって、一昨年くらいから「キッズ運動サークル しもかわっこ」という活動をしています。わたしは参加していないけれどもこどもたちだけでなく大人も一緒に運動しているみたいです。一緒に身体を動かしているうちに夢中になって親子の心のふれあいもあってみんないい笑顔をしています。

れいちゃんのブログによると『運動機能だけでなく、コミュニケーション能力や思考、言語も一緒に発達しているのが、よーくわかります!』なのだそうですよ。そうですね〜わたしも子どものころは下町で、大きいお兄ちゃんからよちよちのちびっ子まで一緒に外で遊んでいて、小さい子をいたわるとか力を加減するとかそういうことを自然に身についた感じでした。

ときどきれいちゃんのブログにでてくるのだけれども、ただの運動教室なんじゃなくて、遊びを通していろんな工夫も育っているみたい。こういうの、もっと子どもに近いオトナ(親、じいちゃん、ばあちゃん、先生とか)に知っておいてもらいたいなぁと思うのです。

明日25日、15時からハピネスでお話と実技がありますよ。ぜひ!

                       Asako
posted by tomato at 09:30| Comment(0) | 地域の話

2017年02月23日

たねまきその後

0223tanemaki1.jpg

前にたねまきの記事を書いてからハウスの準備やなにやで日々があっというまに過ぎていて、その後をのせるのを忘れていました。みんな無事に芽をだして、今はちっちゃな本葉がでてきたところです。

0223tanemaki2.jpg

あっ!

やっぱりやっちゃいました。なんのことかわかりますか?

古ハブラシでぎゅっと押したときに種子がハブラシにくっついてきてでてきてしまったのを確認せずに隣の穴の種子を押して、つまりひとつの穴に2粒一緒に押し込んでしまったようです。(そして元の穴は空き家に… (T_T))

気をつけてやったつもりだったのになぁ

0223nae.jpg

鉢上げした子たちも順調に育っています。まだ5日目だけど標準よりちょっと早い印象かな。お天気がいいもんね。


0223house1.jpg

育苗と並行してビニールハウスの準備もしています。まず最初にハウスまでの道を雪はねして、それからハウスの周りの雪をはねて、ビニールを止めているバンドを縛るわっこを掘り出します。

0223house2.jpg

それからレールをはめる穴も雪がつまってシバレているのでトーチであぶって融かします。

0223house3.jpg

昨日この作業をしているときに気温はマイナス10度くらい。寒すぎてこのトーチに火がなかなかつきません。

仕方ないのでAsakoのふところにいれて温めてあげました。(この缶がひえひえで、Asakoも冷えちゃうんだよ〜 (^^;) しばらく温めると着火するようになります。


そして今日は朝飯前(の風が弱い時間帯)にビニールを下ろしました。昨年湿雪の降る中ビニールを巻き上げたので、ビニールの中に氷雪が一緒に巻かれていて、これを伸ばすのが一苦労でした。(たいへんすぎて写真を撮っている暇がありませんでした)厳寒地での農作業開始は何をするにもたいへんです。

暖かい時期ならなんでもないことが何をするのにも手間がかかりますね〜。

                          Asako
posted by tomato at 11:55| Comment(0) | 農作業

2017年02月18日

もっと光を!

0218nae.jpg

昨日農協さんが配達してくれたちびっこ苗です。こうしてダンボールに入って届きます。今日はこの子たちを鉢上げします。いい子たちに育ってくれるといいな。うちは厳しく育てるけど泣くなよ〜、君らのためだ!美味しいトマトに育つのはたいへんな名誉なことなんですよ (^^)

0218souji0.jpg

ちびっこ苗が来る前にどうしてもやっておきたかったこと。それは二重ハウスの天井のお掃除。

先週休んでしまったので、もしかして間に合わないかもしれないと心配でした。

春先は昼間の時間も短いし、日差しも弱い。そして天気の悪い日が多い。晴れの日を増やすことはできないけれどもハウスに入ってくる日差しを増やすことはできます!少しでも多く日光浴できますようにと願いをこめて天井のお掃除をします。

0218souji1.jpg

こうして拭いてみるとけっこう汚れているのがわかります。

0218souji2.jpg

赤い線の内側が拭いたところ。まだ拭いていないところと比べると明るさが違うのがわかります。

0218souji3.jpg

もちろん内側も拭いてね。うちの育苗ハウスは国道沿いのせいか、茶色じゃなくて黒く汚れています。ちょうど育苗ハウスのあたりから上り坂になるのでみんなエンジンをふかして排気ガスがでるのかな。といっても田舎の国道、交通量は知れているのですけれどね (^^;


0218manpuku.jpg
3枚のポスターはクリックすると大きくなります

育苗の準備に気をとられてすっかり忘れていましたが、昨日からアイスキャンドルまつりです。みそづくりかあさんの会では今晩の「まんぷく横丁」におしるこで参加の予定です。味噌入りおしるこではありません。インフルエンザにかかっている間にメニューが決まったので、なぜおしるこなのかはよくわかりません。(たぶん)美味しいよ♪

0218cafe.jpg

今日の昼間は旅するカフェさんも来ますね〜。鉢上げが終わったらのぞいてみようかな。

0218square.jpg

それから明日はアイスキャンドルスクエアで伸ちゃんもお話してくれるようです。アイスキャンドルを始めた頃のコロンブスの卵の人たちの話、とても面白そうです。(^^)こちらも楽しみ〜♪


昨日は暖気と雨でうちの取り付け道路もぐずぐずに融けて、軽トラでもあずってなかなか上がれませんでした。アイスキャンドル会場は大丈夫かな。スタッフのみなさん、心配でしょうね。異常気象は農業だけでなくみんな困っちゃうんですね…。

                        Asako
posted by tomato at 07:47| Comment(0) | 農作業

2017年02月16日

農薬を使わないということ

0216interview.jpg

ある雑誌の方が取材に来てくださいました。何をお話したらいいのかな?ととりとめのないままお話してしまったのですが、まとめるほうはたいへんかもしれません… (^^; ごめんなさい。

その中で気がついたのですが、自分たちにとってあまりに ふつう なことが、その方の常識(というか先入観?)とあまりに異なっていたことがありました。それは「農薬を使わないと収穫量が減るのではないか」ということ。うちは「トマトたちが病気になっても、我慢して、農薬を使わないでいる」わけではありません。農薬の必要な状況にならないから使わないのです。(注)

うちではトマトたちが健全に育っていれば病気や虫に負けることはないと思っていたけれども、世の中では必ずしもそうではないらしい。でも、少なくともうちや師匠のところでは、虫や病気が多少発生しても農薬を使わなくても成長や収穫量に影響するほどひどいことにはなりません。

なんでかな?と考えていたらトマト氏が「草もあるしね」と一言。

そうそう。うちは除草剤も撒いていないので、ハウスの周りやハウスの中の端っこのほうにいろんな草が生えています。そういうところに害虫の天敵も住んでいます。たとえばうちのハウスでは、アブラムシを見つけるより先にアブラバチやテントウムシやヒラタアブを見かけます。その数日後にアブラムシを発見したりして、「お母さんにはかなわないね」と話したりしています。つまり、アブラムシの天敵であるアブラバチなどのお母さんは子どもたちの餌のあるところ---アブラムシの発生しているところ---をわたしたちより早く発見してそこに産卵しているのです。

ときどきトマト氏と話すのですが、世の中にはトマトに害のある虫(や菌)と益のある虫(マルハナバチとか)のほかに、いてもいなくてもどうでもいいような虫や菌たちがたくさんいて、バランスしているのだと思うのです。たぶん全体の99.9%くらいは、人が作物を栽培していく上で「いてもいなくてもどうでもいい虫や菌たち」なんだと思います。

それでたくさんの「いてもいなくてもどうでもいい虫や菌たち」の中に、たまに悪い子がでてきてもそんなに勢力拡大できないのではないかしら。それを殺虫剤や殺菌剤で皆殺しにしてしまうから、悪い条件でも生き延びられる凶悪な菌(や虫や草)がのさばってしまうんじゃないかしら?

あるいは人間でもちょっと疲れがたまったようなときに菌に取り付かれて風邪をひいたりするみたいに、作物もちょっと無理しているようなとき(生育を急いだり、環境がその作物にとって快適でなかったりするとき)に菌に取り付かれてしまったりするのではないかしら?

つまり 多様な生物がいて作物が健全に育っていれば農薬は必要ない ということなのではないかと思うのです。


こういう話をすると「そういうのはメルヘンちっくで消費者受けするよね」って言われてしまったりするんだけど、少なくともアテネファームでは ふつう で 当たり前 なことなんです。


                                Asako


(注)早春にとっても寒くてマルハナバチが働けないくらいときにはトマトトーンを使うことがありますし、どうしても必要になったときには天敵とか物理的(手でとるとか、草を短く刈って風通しをよくしたり)にやっつける方向を選択します。
posted by tomato at 07:38| Comment(2) | 農作業

2017年02月14日

上名寄郷土芸能体験

0214kids.jpg

今日は農作業のあとキッズスクールで上名寄郷土芸能体験のお手伝いに行ってきました。

ちびっこたちに笠を貸してあげて「こだいじん」、「麦や節」、そしてみんなで大きな輪になって「春駒」を踊りました。「春駒」は覚えやすいのでみんなあっというまに踊れるようになってくれましたよ。そしてうれしいことに「楽しい〜♪」「もう一回踊りたい♪」「家に帰ってからも踊るぅ♪」の声!

保存会の会長さんもとってもうれしくなって「おじさんたちは(夏の間はちょっと来られんけど)みなさんが興味があるならいつでも来ますので、また呼んでください」とにこにこしていましたよ。新聞記者さんも取材に来てたのでニュースにでたらお知らせしますね。(^^)

最後にマサヨシくんが本番の衣装を着てオトナと一緒に「麦や節」を踊ったら、先生もちびっこもみんな感動していました。だって数年前まで一緒に遊んでたおにいちゃんがこんなに立派に踊るんですもの!マー坊、かっこいぜ!

                            Asako
posted by tomato at 19:26| Comment(0) | 地域の話