2018年03月07日

ビニールハウスの準備

R0023205.JPG

昨日はハウスのビニールかけをしました。早朝は風もなく穏やかな天候だけど天気予報では、くもり〜雪。この先も風が強かったり、雪が降ったりでなかなか作業できそうな日がありません。

というわけで、朝マイナス12度くらいだったけど、がんばって作業開始!

ハウス上空は寒いしパイプは超冷たいしビニールは寒さでしばれついているし、たいへーん!でも今年は雪が多いのでなるべく早くビニールかけないと困ったことになりそうです。

R0023207.JPG

全部終わる頃には吹雪でしたが、事故もなく無事終了!

                    Asako
posted by tomato at 07:58| Comment(0) | 農作業

除雪機トラブル

R00231902.JPG

先週金曜日、調子の悪かった除雪機がとうとうアソコでストライキをおこしてしまいました (T_T) もうこれ以上一歩も動けませんといっています。外は台風なみの暴風雪。天候が回復してから助けに行くことにして、人間だけ家に帰りました。

R0023202.JPG

そして日曜日、嵐が一段落してから救出して一時手当をしたら少し状況が良くなりました。そこで「お?これはいけるかも?」なんてスケベ心をおこしたのがいかんかった…(T_T) 嵐でひどくなったハウスの周りを除雪しようと思って使ったらさらに救出困難な場所でうんともすんとも動かなくなってしまいました。日曜日は機械屋さんもお休み。

こんなところで立ち止まられたまま大雪が降ったらトラクター除雪(*1)もできないし、超ピンチ!

R0023209.JPG

憂鬱な夜を過ごし翌日月曜日朝イチで梅坪機械さんに来てもらって、入院修理。そして火曜日無事退院してきました!二枚目は取り替えた部品。やっぱり能力が足りないのにハードに使い過ぎなんだと思う。

                         Asako

(*1) 最初からトラクターで除雪すればいいのにと思われるかもしれませんが、この日は暖気の湿雪で重すぎてトラクターでもなかなか進めなかったので、除雪に手伝ってもらおうと思ったのでした。
posted by tomato at 07:46| Comment(0) | 農作業

2018年03月01日

除雪に難儀しています

R0023166.JPG

今年は雪が多くて難儀しています。うちで一番背の高いハウスなのにこの深さ…就農以来2〜3番めくらいに雪が深いです。

あまりの雪の深さにうちの除雪機では歯が立たず、といってもやらないわけにはいきません。

人間がスコップで崩した雪を除雪機で飛ばしていくというなんとも前時代的な方法で立ち向かっています。そこまで(機械のためにやってあげても)途中ハマってはスコップで掘り出し、またハマってスコップで掘り出し…と、なんだかもう人力でハウスの中の除雪をしているような状態です (x_x) 何百トン分?

R0023179.JPG

そんな無理な使い方をしているので途中で機械の調子も悪くなってきて、梅坪機械さんに見に来てもらったり…トマトの苗が育つまでに中の準備が追いつくかちょっと心配です。

R0023184.JPG


並行してハウスの外側の除雪も進めています。こちらはトラクターの後ろにつけるブロワーという道具を使うのですが、こちらもパワー不足で、2m進んでは人間がスコップで崩し…の繰り返しで、もうわたしたち腕がもげそうなくらい筋肉痛ですよ。冬に肥えた分くらいもう働いた気分です。

R00231812.JPG

雪原の休憩室ができています。育苗ハウスの温度をチェックするための親機、オヤツ、あったかいお茶。おしり2つ分のソファー(笑)おしりが冷えてきたら仕事再開です (^^)


昨日は、このあとまだ悲劇が待っておりまして…

R00231832.JPG

除雪機で飛ばした雪をそのままにしておくと夜のうちに冷えて凍ってカチンコチンになってしまうので、飛ばした雪はその日のうちに崩しておくのが当地の常識です。そしてその崩した雪はまた遠くへ飛ばしてどかさないと、次の日ではもうどうにもならなくなってしまいます。


CA3E0087.jpg

暗くなってきたし、なんとかそこまでやっておかなくては…とトラクターで除雪していって、残りあと数メートルというところで、今度はトラクターがハマってしまって動けなくなってしまいました。上の写真はそのトラクターを救出しに除雪機が向かっていくところ。無事脱出したころには辺りは真っ暗、いい月明かりの中、トラクターと除雪機でラブラブ帰宅しました。もう身体も冷え冷え〜(x_x)

                             Asako
posted by tomato at 08:50| Comment(0) | 農作業

2018年02月11日

育苗ハウスの水汲み

0211yuki.jpg

昨日は一晩で結構降りました。暖かい湿気った雪で20cmくらい積もりました。

0211yuki_2.jpg

静かにしんしんと降り積もっていく感じです。

0211sori.jpg

この季節ビニールハウスまで荷物を運ぶのにソリが活躍しています(実はこのソリ、割れてしまっているのですが、まだもう少し現役でがんばってもらいましょう (^^; ソリも頑丈なのはそれなりに高いので…)

0211dougu.jpg

運んだお荷物は水やりの道具。ポンプやホースは何セットもあるのですが、それぞれにアタッチメントが違っています。どこで使うものかわからなくならないように、しっかりお名前を書いておきます (^^)

0211mizukumi1.jpg

向かう先は育苗ハウス。

0211mizukumi2.jpg

雪の中から井戸を掘り出して、エンジンポンプをセット…

ところがエンジンポンプがトラブルで動きません。燃料をくりだすところがエア漏れしているようで燃料が送れないみたい…

0211mizukumi3.jpg

少しの間いろいろやってみたけどだめそうだったので発想を切り替えて、B案・水中ポンプ投げ込み式で汲むことにしました。

0211mizukumi4.jpg

ぽちゃんとポンプを井戸に投げ込んで、そこから延々とホースを伸ばしていきます。

井戸からホースがでてくるところでガキッと曲がると水がうまく送れなくて水圧が高まってポンプからホースが外れてしまうので、1人は井戸の近くでホースを支えていなくてはなりません。(エンジンポンプのホースなら、人がついていなくても大丈夫なので、できればそっちでやりたかったのですが…)

0211mizukumi5.jpg

井戸から育苗ハウスまでホースを伸ばして、無事水を汲むことができました。

0211mizukumi6.jpg

でもこのままにしておくと夜の間にホースが凍結してしまうので、再びこのお道具を片付けてしまいます。寒いところの水仕事は予想以上に手間がかかりますね。

0211yuki3.jpg

育苗ハウスの屋根に積もった雪も落ちて、結構な量になっているので、これから除雪に行ってきます。

日高地方では数百棟のハウスが倒壊してしまったとか…。本当に農家さんたちのことろ思うと胸が痛みます…(T_T) ビニールハウスはアーチで支える構造なので、こういう落ちた雪が横にたまるのに弱いのです。普段雪の少ない地方だと、ハウスとハウスの間も狭いし、雪の堆積スペースも想定していないくてきっととっても大変なんだろうと思います。

早く復旧するようにお祈りします。そして行政から支援がありますように!

                        Asako
posted by tomato at 14:34| Comment(0) | 農作業

2018年02月09日

会議

0209kaigi.jpg

昨日は○○事務所の方と○○プランナーの方と会議。わたしの野望のために悪天候の中はるばる来てくださって申し訳ない。この1年ずっと同じ話をしているような…。

そのあと山形建設さんにお邪魔して打ち合わせ。山形さんはあったかハートのお客さん想いの熱い工務店さんです。本当にいろんな方にお世話になりつつ進んでいるのだと胸が熱くなった日でした。

                            Asako
posted by tomato at 11:20| Comment(0) | あれこれ

2018年02月03日

土が来た

0203tsuchi.jpg

昨日はトマトの苗を育てるための鉢土が届きました。届けてくれたのは毎度おなじみ下川運輸さん。

フォークリフトみたいな機械で搬入できればいいんですが、そんな便利なことにはなっていないので(^^; 人力が頼りです。今回は運転手さんを含めて3人+わたしたち2人の計5人。スロープが大活躍でした。あまりに手際よく搬入されていったので写真撮る暇もないくらい (^^;

今日はこれからポットの土詰めです。土の匂いを嗅ぐとわくわくが高まってきます

                  Asako
posted by tomato at 08:47| Comment(0) | 農作業

2018年01月31日

雪のスロープ

そろそろとトマトの準備が始まっています。

0131slope1.jpg

トマト氏が変なところを除雪しています。これは何をしているのでしょうね?

そう!長年の読者さんにはお馴染みの…

0131slope2.jpg

土の搬入スロープ作りです。去年は、なるべく人が持って歩く距離を短くしようと思ってスロープを長くしたら、角度がゆるすぎて滑らず (>_<) 結構ご苦労をおかけしてしまいました。

今年はスロープの長さ短め、急傾斜で挑戦です。搬入はあさってなのですが、早めに一袋もらってきてテストをしています。


行くぞー

0131slope3.jpg

いいよー

0131slope4.jpg

するする… おお、いいコース…

0131slope5.jpg

と思ったら、ごちーん!

再び削り直し…そして…

0131slope3.jpg

行ったぞー

0131slope6.jpg

今度はどうかな?

0131slope7.jpg

あそこがいつも難関…

0131slope8.jpg

OK!大丈夫そうだ…と思ったら加速度がついて…

0131slope9.jpg

カメラ担当者、逃げる間もなく ドスッ とやられて転んでしまいました (^o^)

これならOKでしょう。

0131house.jpg

それから育苗ハウスの中の準備もしています。トマト苗たちが寒い思いすることないように念入りに修理しています。

早く来ないかな〜、でも苗が来たら冬休み終わりだしな〜、でもでも、やっぱり早く始まらないかな〜。

今年はどんな年になるんでしょうね♪

                      Asako
posted by tomato at 18:31| Comment(0) | 農作業

2018年01月22日

何かが生まれるところ

0121voidapart.JPG

昨日は遠いかなた(滋賀)から、元気な方がやってきてお話をしてくれました。VOID A PARTの共同代表の牧さんと周防さんです。しもかわ町中勉強会の「人とお金の流れを呼び込むお店のつくり方」で熱い想いを語ってくれました。

夢を現実にするためにどんなステップを積んできたのか、強い想いをどうやって人に届け、あるいは周囲を巻き込んでいくのか…ただのノウハウではなくて、現実につかみとってきたからこそのホンモノの言葉に心打たれました。そしてわたしも夢に向かって邁進中なのですが、その方向性と努力は間違ってないっぽいと励まされたような気持ちになって帰ってきました。

牧さん「やりたいことがあるのにやらないでいる人が多すぎる。やりたいことのある人が、やりたいことを実現できる世の中にしたい」

周防さん「本当にいいもので、真摯に向き合っていたら必ず熱が伝わっていく」「異常なほどの熱狂、こだわり?つまり愛情を誰が注ぐのか」

参加者もだんだんお二人の話に引きこまれていって、みんな真剣に聞いていました。お二人に感化されて、1人でも多く「できたらいいな」から「やってみよう」に変わったらいいなぁ。

----------------

実は風邪気味で、また鼻水たらたら…頭がぽーっとしています。周防さんたちの話、もうちょっとしっかり書きたいんだけど頭がまとまりません。だめですね〜とほほ (^^;

                        Asako
posted by tomato at 21:06| Comment(0) | 地域の話

2018年01月15日

まかないロールキャベツ

0115cabbege.JPG

冬のキャベツって甘くて美味しいね。ロールキャベツを作ろうと思って一枚ずつ剥がしていったんだけど、新鮮でパリパリだったのでボロボロに… (^^;

あら〜これじゃ、巻けないわ。

と思ったところで誰かが「まかないロールキャベツ」と言ってたのを思い出す。お鍋にキャベツを敷いてお肉をのせてさらにキャベツ…のミルフィーユ。薪ストーブの上にのせて放置すること数時間。トロトロの熱々のうま〜でした。

ソースはつぶとま

                            Asako
賄い じゃなくて 巻かない なんですね。
posted by tomato at 10:17| Comment(0) | 料理・保存食

2018年01月07日

上名寄郷土芸能保存会

0106seijinsiki1.jpg

昨日は成人のお祝いに郷土芸能を披露してきました。上名寄の先人たちが開拓の苦しい時に故郷を偲んで舞った踊り。以前にも書いたのですが、新成人さんたちが遠くでつらいことがあったとき、開拓でご苦労してきた先輩たちが故郷を思ったように、ふるさとを思い出して、それが苦境を乗り切る力になってくれたらいいなぁと思いながら踊っています。

0106seijinsiki2.jpg

控室では裾の長さを揃えたりお互いのたすきを結んであげたりいつもなごやかです。○○ちゃんが7kgのダイエットに成功した話の一方で、わたしの腰巻きのひもが短くなってピンチな話(ハラ周りが太くなったのか!?)があったり、ついつい笑い声が大きくなって、会場係さんから「もう少し静かにしてください」と注意されていましました。

0106seijinsiki3.jpg

小学生の男の子、女の子も一緒に踊っています。超めんこいです。この春から一緒に練習する仲間も増えそうで、これからますます楽しみです。

舞台の上はぎっしり、麦屋節(男性)10名、こだいじん(女性)12名。今回来られない踊り子さんもいるし、もう踊らないけどずっとサポートしてくださっている先輩方もいるし、大所帯になってきました。わたしもそろそろサポート側にまわってもいいかな。
                            Asako
posted by tomato at 09:25| Comment(0) | 地域の話