2014年03月31日

ドイツの持続可能なまちづくり

0330seminar_1.jpg

30日にドイツ在住の環境ジャーナリスト、村上敦さんの"ドイツの持続可能なまちづくり"という講演会に行ってきました。

「持続可能な」とか「サスティナビリティ」とか言われてもよくわからないし、(たびたび書いているけど)下川町が環境未来都市になってエネルギーの自給・自立なんていっちゃって、石油もでないのに何をどうするつもり?なんて思っていたけど、今日の話はよくわかりました!エネルギーって石油だけのことじゃないんですね。


0330seminar_2.jpg

このグラフ(たぶん全然読めないと思うけど (^^;)、これからのニッポン、人口が急激に減っていく之図 です。今すでに人口が少ないところや高齢化が進んでいるところは、特にどんどん人口が減っていって、2050年頃には日本の6割くらいの地域で人口が半分以下になって、地域経済が崩壊するんじゃないかという話。(地域の基盤を維持するにはある程度の人口が必要だし、パラパラまばらに人が住んでいるとそういう暮らしを維持するにはすごくコストがかかる → 将来困ったことになりそうということは既定の事実らしい)


では、どうしましょう?

環境はもちろん大切だけれども、まず日々の生活を支える「経済」のほうが大切。経済的になりたってはじめて、その先に環境をどうしましょうとなるわけで、まず経済。エネルギー問題は経済問題なのだそうです。(kwh=¥ キロワットアワー イズ マネー)


試算だけれども下川町で大体1年に11.5億から12.7億くらいのエネルギー(電気、ガス、灯油、ガソリンとか)費用を町外に払っている。その全部は無理かもしれないけど、省エネとか再生可能エネルギーにすることによって少しでも地域に回るようにしたら…


今までヨソに支払っていたお金が地域に回る(地域の経済が豊かになる)と、そういうことって国会議員さんたちが(票になるから)喜んで、もっと国策に取り入れるように国に働きかけてくれる → つまりローカル地域発(ボトムアップ)で、国策がいい方向(省エネとか再生可能エネルギー)に変わるチャンス!というわけです。


だんだん石油も天然ガスもなくなっていくし、ウランも減って(それ以前に原発は、そこからでてくる危険なゴミ、どうすんのよーっていう問題もあるし)、これからどうなっちゃうんだろうなぁ、ドイツは年々2パーセントずつ努力していって、2020年までに脱原発、2050年までに脱化石燃料(しかも1990年と比較して95%ものCO2を削減する)って決めたんですって。どうやって実現するのかな。やっぱり省エネ?でも省エネっていったって、我慢の省エネは辛いし続かない。暖房(冷房)の温度を2度下げ(上げ)たところで、どこまでも下げ(上げ)られるわけじゃないし…


0330seminar_3.jpg

そこでドイツでは、たとえば省エネ改修工事(新築はもちろん省エネ基準の建築に)を進めているそうです。写真は日射遮蔽(ルーバーをつけて状況に応じて陽射しをさえぎる)の例ですが、ドイツで新しい建物を建てるときにはこういう暑熱対策をつけないとならないと法律で決まっているそうです。(冬は陽射しを利用するけど、夏に太陽熱が建物に入ってこないようにすると暑さ対策になる → 冷房代が節約になる)

あるいは古い建物でも断熱材を屋根や壁につける改修工事に助成金をだしたり…そうすると暑さや寒さのために使う冷房・暖房のエネルギーが減って、地域の工務店さんにお仕事ができて地域の経済に効果があって、工務店さんに雇用が生まれたりして、人口減に歯止め…?

あら、いろいろいいことあるじゃない!


0330stove.jpg

これにはすごく実感があって、新しいおうちになって去年よりも灯油の使用量が1/3くらいで済んでいます。暖房や給湯のシステムや浄化槽で今までよりも電気を使うようになったかな、と思ったけど、省エネ型冷蔵庫や、LED照明のおかげで、電気代も去年ととんとんくらい。

外に出て行くエネルギー代が削減できて、地域の工務店さんにお仕事ができて、本当によかった。薪ストーブ(これは町内産というわけにいかず、外国製なのですが (^^;)も高性能なものにしたら今までよりも薪が長持ちしてびっくりです。省エネになって、しかも快適、そして地域もうるおう。ああ、こういう解決方法ならみんな幸せです。省エネ建材って今はすごく進んでいるらしいです。そういう建材の需要が増えればこれからもっと価格も下がるかも。

−−−−−

このほか、市民エネルギー組合とか、地域暖房とか(現在町の中心部で進めているもの)、再生可能エネルギーの有効活用とか(太陽光とか風力とかの余剰電力があるときにその電気で水素ガスを作って、ああしてこうして…)、ドイツの小規模都市で上手くいっている事例とか農村の事例とか、これからエネルギー資源が減っていくのにどうしたらいいのか、いろんなヒントのあるお話がいっぱいでした。こういうお話を聴くと実現可能な気がしてきます。

日本は再生可能エネルギーに恵まれた国だそうですよ。大切なのは、本気でやる ということらしいです。下川町役場の人たちも聴いていたので、これからどんどんいい方向に進めてくれると思います。どうぞよろしくお願いします。

−−−−−

専門的な話、一生懸命聴いていたけど、もしかして間違っていたらゴメンナサイっ!もっと詳しく知りたい方は村上さんの著書をどうぞ。(^^)


0330seminar_4.jpg

0330seminar_4.jpg


うちの農業も、今のやり方だと暖房用灯油いっぱい使うので、なんとかしたいなぁ。どうしたらいいのでしょう?


                      Asako
posted by tomato at 07:41| Comment(0) | 地域の話

2014年03月14日

ドイツの持続可能なまちづくり

サト美ちゃんのところに案内がでていたけれども、村上敦さんの「ドイツの持続可能なまちづくり」講演会があるらしいです。

村上さん、去年の夏にも札幌で講演会があって、そこに参加した方から「とても説得力があり、興味深い講演会だった」と聞いて、わたしも聴きたいなぁと思っていたところ。こんな田舎まできてくれてうれしい!

下の記事ともつながる話なのだけど、どういう風に暮らしていったらみんながずっと幸せに暮らせるのか、一緒に考えてみませんか?(^^) お近くの方はぜひ〜!


0314poster.jpg
クリックすると大きくなります。

3月30日(日) 10:00〜12:00
ガーデニングフォレスト フレペ

参加無料だけど、町役場の環境未来都市推進課 01655-4-2511 に申込みしてね。


                     Asako
posted by tomato at 09:03| Comment(0) | 地域の話

2014年02月19日

フランチェスカさん

なんかよくわかりませんが、フランチェスカさんという娘が下川町に来ているらしいです(^^?






フランチェスカさんのフェイスブックページ
(フェイスブックに参加していない人でも観られます)
https://www.facebook.com/francesca.jp


Twitterページはこっち
https://twitter.com/francesca_hb



おばさんには何の話だかさっぱりわかりません…

                          Asako
posted by tomato at 21:13| Comment(0) | 地域の話

2014年02月18日

グルメオリンピック

0218tv_cars.jpg
クリックすると大きくなります。

今日は会議のために町に行ったら、テレビ中継車がきていました。拡大してみると町役場の建物にも銀メダル祝福の垂れ幕やら応援のぼりやら手作りの五輪マークやら見えるかな。町中わいています。

用事だけですぐに農場に帰ったので知らなかったけど、フェイスブックによれば、町なかの商店にテレビカメラを持った人たちがうろうろ出没してるとか (^^; うちはテレビが観られないのでわからないけど、知ってる人たちがたくさんテレビに登場してお祝いコメントを述べているらしいです。いいニュースで町が話題になるのはいいよね♪


0218kaigi.jpg

今日の会議は「味噌づくり母さんの会」。この間の試作の報告と勉強と意見のすりあわせ。みんな真剣な顔をしています。こういうのは面倒なようだけど、後にぶれることのないようにしっかり時間をかけて練っておくことが大切ですね〜。だんだん意見もまとまってきています。

0218inoue_san.jpg
写真はパッケージについて話す井上さん


0218poster_2.jpg
クリックすると大きくなります

それからアイキャンまつりに出店するのでその話。


0218tonjiru.jpg

試作品、美味しいけどお腹いっぱいになりすぎるのでは?という意見も多く、もっとお手軽価格でもう少し少ない量にして、豚汁だけじゃなくて他のお店のお料理を食べられたほうがたのしいよね〜という方向になりました。あまり儲かろうとかそういうつもりはなくて、手作りみその美味しさを知ってもらえれば…というのがメインなので、それがいいよね。みんな食べに来てね〜♪

隠し味に○○○○が入っているのでほかほか温まります。会場は寒いそうなので、みんなのお腹が暖まりますように!


ああ、それにしても寝不足。ラジオで聞くオリンピックは集中力を使うのか疲れる〜 (^^; 今晩こそ早く寝よう。明日からは苗の温度管理でじっくり寝られる日は当分こないので…


                           Asako
posted by tomato at 20:01| Comment(0) | 地域の話

2014年02月17日

銀メダルぱん

0217pan.jpg

今日町内のやないさんでパンを買ったら、お買い物した人全員に葛西さんのKマーク入りお祝いあんぱんをくれたよ!銀色のきらきらがついてるの。

団体戦もがんばってほしいですー。そして 金色 のきらきらあんぱんをぜひ! (^^)

                       Asako
posted by tomato at 17:09| Comment(0) | 地域の話

2014年01月02日

除雪の日

0102wiper.jpg

ほんの一週間前には積雪深 50cm程度だったのに、今は 94cm。よく降りました。ワイパーの埋まり加減でどのくらい降ったかご想像ください。一日除雪にかかりきりでした。


0102golf.jpg

ナカミの車はこんな感じ。まるで塩釜。(塩釜ってこういうの → 

もちろん車の上にだけ降るのではなくて敷地全部にこうやって降ってくれるので、育苗ハウスや通行路、駐車場の部分の雪をどこかにどけなければなりません。こういうのって雪のないところで生まれ育ったわたしにはなかなか想像つかない「雪国の毎日の大変」です。


0102seppi.jpg

今日は風がそれほどでもなかったので雪庇はそれほど成長しなかったけど、この電話線や電気の線のつなぎ目あたりはちょっと気になります。町内どこでも通話無料の光電話の光ファイバーケーブルがポキっと折れてしまわないか心配。気をつけて丁寧にやらないとね。


0102uroko.jpg

暖かい雪なので外壁にうろこ模様にくっついています。なんだか面白−い。


0102sankaku.jpg

こっちは三角波模様になっています。新撰組?仮名手本忠臣蔵?

0102chushingura.gif
こちらのサイトよりお借りしてきました。

わたしは日本史も古文も超苦手だったので、いまだに赤穂浪士と新撰組が区別がつきません (^^; これは討ち入りの方… 袖口が似てない?あはっ



0102maki.jpg

なんて笑っている場合でもなくて、薪の積んである高さと、目の前の雪原の高さがほぼ同じになってきています。まだ冬は半分くらいしか終わってないのにこれからどうなるのかな?


                           Asako
posted by tomato at 18:12| Comment(0) | 地域の話

2013年12月23日

寄席

昨日の夜は寄席に行ってきました。懐かしい入れ込み太鼓に期待も高まります。柳家小袁治師匠の演目は「あなどろ」と「柳田格之進」。撮影禁止なので写真はありませんが、ひさしぶりに「芸」ってこういうものだなぁと楽しんできました。

舞台の上には赤い台座と紫の座布団。その上に座る師匠。これだけなのに実に生き生きと江戸の暮らしが描写される。そこには江戸の庶民がいて、美味しそうにものを食べ、酒を呑み、また江戸の武士とはかくや、と思われる胸に迫る人情話。浅草馬道、阿部川町、雷門、吾妻橋、湯島、駒込…下町生まれのわたしに馴染みのある地名がぽんぽんとでてきます。(^^)




上の動画はトマト氏の尊敬する古今亭志ん生師匠ショートバージョンの「柳田格之進」。やっぱりいいねえ。うちにある落語のカセットを発掘して、芝浜も聴きたいよ。(でもカセットテーププレイヤーってまだあったかしら (^^?)


1223yose.jpg

寄席がはねて帰り道、公民館の前には商工会のみなさんの粋なはからい、アイスキャンドルが。


1223kabocha.jpg

そして冬至にちなんで商工会女性部のみなさんの心あったまるお土産も。


サンタさんもいいけど、こういう暮れ、いいねえ。


                        Asako
posted by tomato at 08:53| Comment(0) | 地域の話

2013年12月22日

冷えたよ〜

1222jyuhyo_1.jpg

今日はマイナス20度まで冷えて、家の前の白樺もきれいな樹氷になっています。昨日のよる霧がすごかったので霜?氷?がいっぱい木についたみたい。みごとな樹氷です。向かいの山も真っ白です。

こっちの人はわかっているけど、寒い地域の人じゃないと知らないこと → うんと冷える日はとってもきれいな青空。

わたしはこっちに来るまで、晴天=あったかい と思ってたよ。北海道の人になると、昨日の夜くらい星がきれいだと「明日は冷えそうだな」と思うもの。晴天=寒い なんですね。


1222jyuhyo_2.jpg

しかし、もうちょっとのところで「今日の寒さナンバーワン」になれず、僅差で3位。(ちなみに一番は歌登、二番は士別)

たぶん「どうせ寒いならあと1度くらい冷えても全然問題ないから、日本一になりたかったのにーというのが下川のみんなの共通認識。

                             Asako
posted by tomato at 09:29| Comment(0) | 地域の話

2013年12月21日

落語を聴きにいくノダ

1221rakugo_s.jpg

実はトマト氏は若いときから古典落語のファン。結婚前のデートのときにもなんだかじじくさい言い回しをしたりして、なんで?と思っていたのだけど、こういうところにルーツがあったんですね。ときどき下町の江戸時代の話とか(まるで自分が生きている時代のことのように)話しています。

まあ、結構こだわりがあるので以前は「若い落語家は聴くに耐えん」などとも言っていましたが、なかなか地方に住んでいるとこういう機会がありません。明日はひっさしぶりに落語に行ってきます!

写真をクリックすると詳細が見られます、ご興味のある方は一緒に行ってみない? (^^;


                             Asako
posted by tomato at 12:25| Comment(0) | 地域の話

2013年11月28日

除雪で筋肉痛

1128yuki.jpg

引越しの大荷物を運び終わるのを待っててくれて、ドカ雪。この二日で20cm積もって、しかも湿った重い雪なので片付けがたいへん。久しぶりの有酸素運動&筋肉痛。これで冬が来た!って感じ (^^) いままで雪を積んでいたあたりに家があるので、どういう順路で雪はねしていいかもよくわかりません。やっていくうちに慣れるのでしょうね。


NTTの手続きが遅れてしまって、3日にならないと新しい家のほうに電話が来ません。町内の光電話も同じ日に移動してくれるそうです。しばらく片づけで古い家と新しい家と行ったり来たりしているので、ご用のある方は携帯電話へご連絡ください。

電話線がこないとインターネット環境もちょっと不便。とりあえず無線LAN通信しているけど距離がありすぎて電波が弱い。メールもエラーばかりだし、いつも見ているサイトも開けない。うーん、たまにはネットなし生活を味わってみますか (^^; (←ネット遊びしてないで、片付けしなさいってことヨ)


                             Asako
posted by tomato at 13:09| Comment(0) | 地域の話

2013年11月20日

森の勉強会

1120mori.jpg

今日は森の勉強会に行ってきます。

以下 森の生活さんからの引用

11/20(水)森の勉強会 オーストリア・イギリス視察報告 のご案内
海外へ視察・研修に行かれた下川町民の3名をお招きし、林業と狩猟についての勉強会を開催します。
下川町森林組合の渡辺大介氏と田邊大輔氏からはオーストリアへの林業研修の内容について、下川町猟友会の小島健氏からはイギリスのシカ管理とハンター育成のしくみについての現地視察内容について伺います。

ここに案内記事が載ってるよ
http://www.forest-life.org/?p=2201



きっと近隣の元森林組合のじいちゃんたちの話とは全然違うんだろうなぁ…聴きに来る人はプロばかりかな。素人なのに聴きに行ってもいいのかな、ま、いいよね。(^^;

                              Asako
posted by tomato at 08:26| Comment(0) | 地域の話

2013年11月16日

デビュー

1116cm_s.jpg

この写真はクリックすると大きくなります。ぜひ (^^)

いつも農作業シーズンの一番最初にお世話になる、地域の頼れる味方下川運輸さんがテレビコマーシャルにでてます〜。すごーい。

ほんとにいつも「なんとかしてみんなの力になりたい!」という思いでお仕事をしてくれています。力持ちで、いつも気持ちのいい笑顔で、フットワーク軽くて、勉強熱心で、ちょびっとせっかちで(あ、忙しい人はなんでも早いので、ノロンコのわたしから見たら、ということですけど (^^;)

小さな町の小さな経済で、たくさんの人を養っていくのはたいへんと思うけど、そういう気配は微塵もみせず、だいちゃん、かっこいい!今年はだいちゃんとお話する機会が多くて、けっこうファンになっちゃったよ。


また来春の土運び、よろしくお願いしますね〜(土を運ぶ記事 → 


動画はここで観られます。
【アナザースカイ限定CM】 ひといきつきながら 輝き篇
http://www.jti.co.jp/knowledge/tvcm/kigyou16-90.html



下川運輸さんのホームページ
http://www5.ocn.ne.jp/~shimoun/



                           Asako
posted by tomato at 09:12| Comment(7) | 地域の話

2013年11月13日

みそづくりかあさんの会

1113miso_1.jpg

アイキャンの里 みそづくりかあさんの会、大豆を煮ている待ち時間にみんなで「美味しいもの」を作る。

たとえばくんせい。味付けたまごにたくあん、牛乳豆腐とソーセージ。みんなかあさんたちが下ごしらえまでしてきてくださる。ありがたいよぅ。

1113miso_2.jpg

それからいもだんご。ゆでたて熱々のおいもに片栗粉を入れて、あちちといいながらこねる。


1113miso_0.jpg

そのいもだんごをフライパンで焼いて、これらの漬け物と食べると超うまうま!

ええと、ヤーコンのハスカップ漬けとトマトの漬け物とシソ入り三升漬け…トマトの漬け物のバリエーションのミックス漬けがうまかったです。

それからかぼちゃのプリンも作ったよ。

1113miso_3.jpg

燻製を食べながら歓談。(あれ?みそづくりとうさんもいる?)あとビールがあれば最高だね!



ついつい食べるのに夢中で、お皿の写真も、煮ている豆の写真も撮るのを忘れちゃったよ… (-_-; いったいわたしは何をしにいったんだか?食べる係?美味しい写真はイノウエさんがばっちり撮ってくたと思うので、いつかどこかで見られるよ、たぶん。



あ、新聞にもでてるわ 名寄新聞
http://www.nayoro-np.com/news/2013-11-13.html


                       Asako
posted by tomato at 22:33| Comment(0) | 地域の話

2013年10月21日

狩猟の話

1021gakkai_s.jpg
クリックすると大きくなります。

こんどの週末は、毎年恒例のしもかわ学会。ふだんあまりご縁のない狩猟の話なのでとても興味深い。

ハウスに遊びに来る鹿ちゃんと、美味しいシチューの間にある ナニカ。

ハウスで作業中にパーンと音がすることもあって、ちょっとどきどきするけど普段は見ないことにしている ナニカ。

農民が集まると「あいつら収穫間際のコメをうまそうに食うんだ、あんなに増えやがって」と話題になる ナニカ。


ジビエとかハンターとか、どこか遠い世界の話かと思うけれども、実はうちの庭先の話だったんだ。身近なことなのに何も知らないので、本気のみなさんの話を聞いてきます。

2013年10月26日(土)
 15:00から 地域学フォーラム 狩猟まるわかり 談義
 17:30から 交流会 「蝦夷シカ肉と地域食材のマリアージュ」

参加費 フォーラムのみ 無料 交流会は 一人3000円(ごちそうらしい!)

ゲストスピーカー
 野崎政一 ハンター/北海道猟友会名寄支部下川部会長
 小島健  ハンター/下川町森林組合
 伊吾田順平 ハンター/NPO法人西興部村猟区管理協会事務局長 ←隣の村で実践的ハンティングスクールをやっているという話の人かな?
 武田つぐみ ハンター/西興部村地域おこし協力隊
コーディネーター
 仲埜公平 オホーツク山の幸活用推進協議会事務局長(下川町役場)

お申込み 地域学しもかわ学会事務局 01655-5-2770

お申込み締め切り きゃっ!大変!18日までだ… でもお電話してお願いしてみてください。たぶん入れてくれると思うので…。カンケイシャのみなさま、よろしくお願いします。


このかっこいいポスター、噂のきこりデザイナーさん作かな。こんなに見つめられたらどきどきしちゃうね。葉っぱに霜がふった早朝かなぁ。

                              Asako
posted by tomato at 07:52| Comment(4) | 地域の話

2013年10月12日

ろぴすとSBL

いよいよトマトジュース加工原材料受け入れも昨日で終わり。これからトマトの片付けに入ります。冬に向かって日に日に昼間が短くなって、朝は寒い今日この頃。せめて日中は一生懸命働かないと、ハウスの片付けが終わらないうちに雪においつかれてしまいそう。

なのに楽しそうなお知らせ…いいなー、イベントいってのんびりしたーい。


1012loppis.jpg

写真をクリックすると大きな案内が見られます。


町内あちこちで耳にする ろぴす ってなんだろ?と思っていたりどうもこのライブと蚤の市のことらしい。雑貨やおやつ、カフェの(札幌あたりでは有名なおしゃれ〜な)お店が出張してきてくれるんだって。

このあいだ行った札幌の闇月創房さんの入っているビルも、かわいいもの屋さんがたくさん入っていたし、こういう小さいけどこだわりのショップさんたちがフットワーク軽く、向こうからやってきてくれるなんて、田舎もんにはありがたい。


開催場所は、保存か解体かで揺れている JA北はるか 石蔵倉庫。これが風情があってすてきなんですよ。でも古いし使い道ないし、維持大変だし、どうする?ってなっていて、こういう使い方もありますよ、あら、すてきじゃない?ってなって、とっておく方向になったらいいな…と個人的には思います。新しいどこにでもあるような大きな施設よりも下川らしくていいような気がするけどなぁ、改修って新築よりお金がかかるんだろうな、たいへん。

あ、ろぴすと一緒にバイオマスライブもあります。坂本サトルさんほか近隣の音楽家のみなさんが演奏してくれるそうですよ〜。エコ得ポイントカードを持っている人は100ptもらえるよ。

明日 10月13日 入場料 1000円
10:30オープン 11:00スタート



1012mituro.jpg

こっちもクリックすると大きくなるよ

19日はみつろうキャンドルつくり。行ってみたいけど、お片づけしないと怒られちゃう…。秋は楽しそうなことがいっぱいあるのになー。


                             Asako
posted by tomato at 08:37| Comment(0) | 地域の話

2013年09月29日

梨の花さん

0929nashi_no_hana.jpg
この写真はクリックすると大きくなります。

サト美ちゃんに誘われて、本日開店の「梨の花」さんへ行ってきました!

「梨の花」さんは、士別市にある雑貨とオーダーメイドカーテンのお店、みとちゃんがずーーっと夢みてたお店のオープンです。


0929shop_1s.jpg
この写真もクリックすると大きくなります。

中はフェアトレードの雑貨やコーヒー、オーガニックコットンのお洋服とか、アロマテラピーのエッセンス、ハーブティ・・・

0929shop_2s.jpg
この写真もクリックすると大きくなります。

そして美しい布地のカーテン。どれもみとちゃんがしっかりみて気に入って仕入れたものばかりで、素朴で真面目なふんわりみとわ〜るどでした。


0929tori.jpg

わたしは美濃和紙でできた美しいウインドウデコレーションとハーブティを買いました。のりを使わず、霧吹きの水だけで窓にくっついて、飽きたらはがしてしまっておけばまた使えるというエコな飾り。新しいおうちの、ちょっと外からの視線が気になる窓に、レースのカーテン代わりに貼ってみたらきれいかな、なんて思いました。和紙の繊維を通して透ける光がとても柔らかくてきれいです。


0929shop_flower.jpg

今日はオープン初日ということで届いているお花もいっぱい!まるでお花屋さんです。みとちゃんの人柄に寄せられてたくさんのお友達がいるんですね。



場所は士別駅とJA北ひびきの間くらいかな?道中のドライブ、おしゃべりに夢中であっという間の感じだったけど下川から30分くらい。国道40号から駅に向かってすぐです。

0929map.jpg

とてもわかりやすいところですが、へへへ、下手な地図を書いてみました。(^^;


梨の花

士別市西2条8丁目 0165-22-3105
11:00-19:00
月曜日がお休みの予定だけど10月はお休みなしだそうですよ〜。

みとちゃん、夢を実現させてすごいなぁ!わたしもがんばろっと!


0929yagi.jpg
この写真もクリックすると大きくなります。

帰りに寄ったしずおさんのところのヤギ、かわいい〜。師匠のやたろう(ヤギ)よりずっと小ぶり。これでもう大人なのかしら?かわいいな〜。

                            Asako
posted by tomato at 18:40| Comment(2) | 地域の話

2013年09月19日

木のデザイン公募展

よく知らないけど、町内フレペで木のデザイン公募展の招待作家展をやっていると聞いて、農協出荷の帰りに寄り道して2人で観てきたよ。

0919chair_1.jpg

うちにも来たヘンなガイジン、みっこさんの三部作がカッコイイ!

0919chair_2.jpg

黒い涙のところに足をかけて座るらしい椅子。

0919chair_3.jpg

ぼんやりと座るもよし。

0919chair_4.jpg

緊張感をもって座るもよし。これって一時流行ったジョーバみたいなの?座っているだけで筋肉が緊張していいかもよ 笑

元はみんなカラマツの集成材の同じ大きさの角材みたいです。面白いね〜。


このほか近隣市町村の木工愛好家のみなさんの力作も「樹望の郷(きぼうのさと)」木工作品展として展示されています。なかでも滝上町の紙芝居じゃなくて木芝居?の劇場が素敵。

0919nenaiko.jpg

有名な絵本「ねないこだれだ」を演じられるようにできてるの!

0919theater.jpg

レバーを押したり引いたりしながらお話してもらったら、子どもたちきっと喜ぶと思うよ〜。誰かお話会してあげたらいいのに!

これらの展示は21日まで、もちろん入場無料。詳しくは下川町のホームページに案内があります。

                          Asako
posted by tomato at 21:54| Comment(0) | 地域の話

2013年09月15日

武士の休憩時間

0915keirokai.jpg

今日は上名寄の敬老会で、郷土芸能踊りの披露。この活動も6年目くらい?みんな着付けも手早くなって、待ち時間もゆとり。オセロセゲームをしたり、PS2(?)をしたり。

0915keirokai_2.jpg

もちろんその前にもしっかり練習。ぴしっとそろえて踊るためには練習がかかせません。


今年からお年寄りのみなさんも一緒に楽しめるように「かわさき」も踊りました。



上の動画は岐阜の郡上踊りの「かわさき」。上名寄の農村活性化センター「おうる」がまだ上名寄小学校だった頃、運動会にPTAや地区のみなさんも一緒に大きな輪になって、この「かわさき」を踊ったそうです。

郷土芸能保存会会長さんの「みなさんもどうぞご一緒に」の声に「あら〜、ずいぶん久しぶりよ。踊れるかしら?」といいつつも音楽がかかれば自然と手足が動いて、ひらひらときれいに踊ってくれました。「懐かしいわね〜」と喜んでもらえたみたい。

きっと昔の楽しい思い出とつながっているんですね。よかったです。(^^)

                            Asako
posted by tomato at 19:49| Comment(0) | 地域の話

2013年09月02日

映画のお知らせ2つ

文化の秋、映画上映会のお知らせです〜♪

ひとつめ、「世界が食べられなくなる日」

映画『世界が食べられなくなる日』

「未来の食卓」のジャン・ポールジョー監督が遺伝子組み換え食品について描いた映画。ラットに遺伝子組み換え食品を与え続けていったらどうなったか!こわーいっ!

わたしもまだ観てないからわからないけど、家族の健康を考えたときに、食卓を守るお母さんたちに観て欲しいような映画だそうです。

日時 9月8日(日)
  10:00 (この回のみ託児あり 予約が必要 TEL 0166-25-3169)
  13:00
  16:00
  19:00

0902eiga.jpg

場所 シアターカンダ(旧・国劇劇場 旭川市3条8丁目神田館3F)

前売り券 1000円 当日券 1200円
大学生・しょうがい者 500円 高校生以下 無料

主催 チーム「今だから」
後援 旭川市教育委員会
協力 大地を守る会 とか 生活クラブ生協 とか いろいろ

チーム「今だから」さんのページは
http://ima311.web.fc2.com/


「世界が食べられなくなる日」の公式サイトは
http://www.uplink.co.jp/sekatabe/



おときさんこと加藤登紀子さんも(歌手)「できるだけたくさんの人に見て欲しい映画だ。」と言っています。ぜひ〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

もうひとつは 「じんじん」

0902jinjin.jpg

下川町からそう遠くない町、剣淵町が舞台になっている映画です。

剣淵町といえば絵本で町おこしをしている町。トマト氏は、下川町の視聴覚ライブラリー委員長(ようするに図書委員長?)です。町の図書館をもっと身近に利用してもらうにはどうしたらいいのか、みんなで話し合って図書委員のみんなで剣淵町の図書館に見学に行ったりしていました。

絵本ってテレビやゲームよりずーーーっと心の奥深くに届くような気がする。夏休みにはるばる遊びに来てくれたあさのさん(あ、この話まだ書いてないね! (^^;)と一緒に来たふきちゃんは保育園の先生で、みんなで夜中まで「良質な絵本とは?」とかとか盛り上がったりしたばかり。ひとあし先にご覧になったあさのさんも、なかなか良かったといってたし、絶対観に行く!

日時 9月17日(火)
  一回目 9:10 二回目 18:00

場所 下川町公民館大ホール

前売り券 1000円 当日券 1500円
下川小学校・下川中学校・下川商業高校の学生・生徒さんは無料
町外の生徒さんたちは800円だってー

問い合わせは 下川町公民館 01655-4-2511


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

おまけ

0902deer.jpg

今日はハウスの横に鹿が遊びにきてたよ。キリンくらいの角だったのでオトナになったばかりの一年生?

                          Asako
posted by tomato at 19:23| Comment(0) | 地域の話

2013年08月30日

ついでサロン

0831tuide.jpg

サト美ちゃんのところに案内のでていた「ついでサロン」。いつか参加してみたいと思っていながらなかなかタイミングがあわなくて、やっと今回初参加。

下川町は環境未来都市に選ばれたせいか、なんだか変わった人たちが集まっている町だからか、結構すごい人たちが視察や仕事でやってくる。せっかくそういうすごい人たちが来るのに、ごくごく一部の人にだけ会ってお仕事をして帰ってしまうというのは、すごーーくもったいない。町民だって(ずうずうしいかもしれないけど)そういう人たちとふれあいたい。お客さんの方だって、お仕事の終わった後の空いた時間に地元の人と交流してみたいっていう人もいたりして、じゃあ、「講演会」っていうのではなくて「一緒に何か食べたりしながらお話してみない?」というので、始まったのが「ついでサロン」らしい。つまり「お仕事で来たついでに一緒にお茶でもしながらお話しない?」っていう趣旨なんですね〜。これってすごいよねっ!

今回は日本建築学会 大会北海道の記念行事のためにローマから日本に戻ってきた多木陽介さんをつかまえて、札幌まで来たならついでに下川に行こうよ!って(車で片道3時間半くらいかかる「ついで」って…)言って新村さんが連れてきてくれたらしい。(多木陽介さんはローマ在住 アキッレ・カスティリオーニさんの研究で知られている人らしい…といってもお勉強不足でほとんど何も知らないわたし…でもカスティリオーニさんのランプくらいはみたことあるよ)

今、下川産の木材を使って食器を作って、それをあそこやあそこで(ってどこ?)使ってもらって、どうとかなんとかという話があるらしくて(これについても全然知らない)それに関連した話が多かったのですが、いくつか今まさに考えていたことのヒントもあって非常に興味深かったです。



  • デザインとは、ただ単にものの形を作ることではなくて、みんなで協力して作るそのプロセスこそがデザインだとか。(トマト氏の関係している都市計画委員に関係ありそうなヒント?)


  • 木は人とずっと一緒に生きていく。
    森を管理する人、切る人、乾燥させる人、それを何に使うか決めて実際に作る人がいて、それでそれを使って暮らす人がいて、それぞれにすごいノウハウを持っているのに今はみんなバラバラにやってしまっている。
    その一連の流れがつながっていって初めてできる何か。
    やっつけ仕事ではなくて、儲け主義ではなくて、きちんと考えて作られたほんものは何世代ももつんです


  • 最近はモノにこだわりを持つ人たちが増えている。
    大切にずっと使いたいという人たちは、そのモノの背景を知りたいと思う。そういう人たちに情報を伝えるのにインターネットはすごく向いている。
    その伝えたい情報とは何か。それは作っている人の熱い思いだったり(あああ、このブログの存在意味とか?)




ああー、もやもやとまとまらないままの投稿になってしまったけれど、もうちょっと掘り下げていろいろ考えてみたい。トマト氏も一緒に参加したので、農作業をしながら再び話し合ったりしています。

                             Asako
posted by tomato at 22:02| Comment(0) | 地域の話