2014年10月01日

週末は…

今度の週末は、「森とイエ プロジェクト」の見学会です。一の橋のそのおうちはストーブひとつで家中全部あっためちゃう計画で、お施主さまの○くん、お引越しにそなえてせっせと薪割りに励んでいるらしいです。がんばってねー(^^)/

1001teruisan.jpg

いま発売中のリプラン北海道に、「森とイエ プロジェクト」の建築家さんの一人、照井康穂さんの作ったおうちがでていました。傾斜地を上手に生かした大胆なプラン。窓がとても印象的です。こういう家で暮らしたら人生観も変わりそう。

この週末のおうちは照井さんのおうちではないけれども、ご興味のある方は、森とイエ プロジェクト 地域コンシェルジェ クラスター推進部 01655-5-2770 へお問い合わせくださいネ。

                                Asako
posted by tomato at 07:23| Comment(0) | 地域の話

おばけの季節

1001halloween.jpg

昨日は午後からトマト氏がいそいそと出かけていったと思ったら、視聴覚ライブラリー委員(うちでは勝手に図書委員と呼んでいます (^^;)の活動日だったようです。

最近トマト氏がなんだか絵本を借りてきては読んでいると思ったら、10月のお勧め本の担当なんですって。10月のテーマはハロウィン。小さな図書室だけどずいぶんハロウィンの本があるのですね。


1001obake.jpg

「おい、知ってるか。アメリカではミイラ男とか魔女とかだけじゃなくて、潜水艦とかサラダに仮装する人までいるんだぜ!」なーんて、トマト氏みたいにうんちくを語ってみたい人はオバケちゃんに頼んで本を貸してもらいましょう。(^^)

町民の自発的な、本好きを増やしたい活動、なかなか楽しそうです♪

                              Asako
posted by tomato at 06:50| Comment(0) | 地域の話

2014年09月21日

森とイエの見学会

0921poster.jpg

森林の町下川町の木を使って、下川町の工務店さんと札幌の建築家さんが協力して、あったかくてかっこいいおうちを作ってくれる「森とイエ プロジェクト」の4軒目、5軒目のおうちの見学会があります。

上の写真をクリックするとPDFファイルが開いて、詳しい情報が見られます。このポスターもきっと、きこりデザイナーさん作?気持ちのいい青空に○○くんの家かな〜。楽しみですね〜。


最近ちょっとエネルギーダウン気味。体調が悪いと気持ちが沈むのか、それとも気持ちが沈むから体調が悪くなるのか、ブログを書く元気がありません。なんだか本業のトマトが忙しいので、それで気持ちがとられているのかな。うーん…。

0921samma.jpg

新鮮なさんまをいただいたので、塩焼きにしていただきました。でも塩焼きばかりじゃもったいないので

0921samma_2.jpg

ああして、こうして、キッチンのお魚を焼くところで

0921samma_3.jpg

こんな感じにしてみました。おいしゅうございました。

0921tokachi.jpg

この絵はたぶん十勝連峰。つい先日大雪山に初冠雪のニュースもあったし、きっとすぐにこういう季節になりますね。そしたらお片づけで大忙し。早く体調直さなくちゃね〜。

                             Asako
posted by tomato at 19:55| Comment(2) | 地域の話

2014年09月13日

環境未来都市構想関連施策町民説明会

0913yakuba.jpg

昨日は下川町がどんな気持ちで行政をしているか、これからどっちのほうに進もうと思っているかの町民向け説明会。町長さんはじめ環境未来都市推進課の担当者のみなさんが熱くそしてわかりやすく語ってくれました。

とてもいいお話だったのに、なんでもっといっぱい来ないのかな。「町は何をやっとるのか全然わからん」と言う前にお話を聞きにくればいいのになー。説明1時間と質問の時間が1時間、町民みんなの疑問に答えてくれます。小学生みたいなわたしの疑問にもわかりやすく説明してくれました。ありがとうございます黒ハート

0913shiryo.jpg

下川町は平成20年に環境モデル都市になって、23年に環境未来都市、地域活性化総合特区、25年にバイオマス産業都市、26年には地域活性化モデルケースに選ばれています。漢字で読むと「何だ?それ?」だけどお話を聞くとよくわかる。これから(日本全体)人口が減っていって高齢化していくのは確実。じゃあどうしたらみんなが幸せになるのかな、まずこの小さいところで試してみましょう、のモデルになっているんですね。

そのおかげで、あんなことやこんなことや、えっ、これもそれのシリーズなの?ということもやってもらっていて、それから夢を実現するために実際の行動もイロイロやっててそれも実りつつあるという話でした(間違いを書くといけないので、詳しくは行政マンに聞いてね (^^;)。

たとえば今年中学校でやっている工事が終われば、町の公共施設の熱供給の60%が再生エネルギー(自然のものを生かしたエネルギー)でまかなえるんだって。下川町って小さい町なのに、ほんとによくがんばっているなーと思いました。


0913yokan.jpg

お友達からおいしい秋のみのり(栗よーかん!)をいただいたので、久しぶりにちょっとお高い(といってもウチが買える値段なのでしれているけれども (^^;)美味しいお茶を買ってきて、贅沢なお茶の時間。

0913hana.jpg

玄関には庭で摘んできたお花をかざって、こういうのが心なごむ暮らしだなぁと思う。


昨日の話の中で、「エネルギーの自給はすばらしい。でもそれを使う人(住人)がいなければなんにもならない。人が増えるにはまず産業。せっかく若い人が移住してきても産業がないと(生活するのに十分な収入を得る手段がないと)永住してもらえない。ここでは都会並みの収入は得られないけれどもそれを上回る魅力ある町にしていって欲しい」とおっしゃっている意見がありました。

実際にはここ数年で下川町に移住してきている若い人たちが増えているそうだし、住んでいて思うのはここには金銭でははかれない豊かさがあります。人のつながりとか、美味しい農産物とか、風景とか、時間の流れ方とか、安心感とか、うーん、うまくいえないけど、お金を出しても買えない「いいもの」があると思うの。まさにプライスレス!

                              Asako
posted by tomato at 07:56| Comment(0) | 地域の話

2014年08月29日

みそ配布

明日はいよいようどん祭り。今年は 男うどん(手打ち讃岐うどん) vs 女うどん(手延べ下川うどん) なのだそうですよ。下川のつるつるうどんもいいけど、さぬきのしこしこうどんも美味しいよね。おなかを減らして行って、両方食べたいね♪

0829miso_2.jpg

で、そのうどんまつり会場で、みそづくり母さんの会のおみその試食品をお配りすることになりました。15時から先着150名さまです。

0829miso_1.jpg

糀から3日間かけて作る本格派おみそです。米糀みそと、下川産の麦を使った麦麹みそがあります。(こうじって二種類の字があるのね〜)


0829miso_0.jpg

昨日はその準備。みんな真剣です。良かったら白い割烹着目指して遊びに来てね♪


                                  Asako
posted by tomato at 06:42| Comment(0) | 地域の話

2014年08月23日

こもれびガーデンカフェ

0820cafe_s.jpg
写真をクリックすると大きくなって詳しい案内が見られます。

士別のオーダーカーテンと雑貨のお店、『梨の花』のみとちゃんから、すてきなご案内をいただきました。士別で有機で丹精こめたお庭を作っている方が、いっぱんに開放して一日カフェをするのですって!カフェといってもコーヒーを飲むだけでなく、薬草魔女ちゃんのうっとりアロマトリートメントが体験できたり、ハーブティ講座があったり、もちろんみとちゃんのおめがねにかなった雑貨も販売してくれるみたい。

くわしい案内は下記(勝手にコピーしてきました)をご覧くださいネ。

−−−−−以下引用−−−−−

道北近郊のお店や生産者があつまり、1日だけのちいさなちいさなカフェをオープンします。
うつくしいガーデンのなかで、やさしく、心地よい休日をおたのしみください。

【日時】2014年8月24日(日)10:00〜16:00
【場所】高平ガーデン(士別市東8条15丁目3129-58)
【料金】入場無料(お店の商品購入や講座受講にはそれぞれ料金がかかります)
【内容】
■ からだがよろこぶ飲み物と食べ物
ガーデンを眺めながらちょっとひとやすみ。からだとこころにやさしいメニューをご用意します。
(自家焙煎オーガニック珈琲、オーガニック素材のスープ、果物のコンポート、天然酵母のパンいろいろ、オーガニックトマトのジュース など)

■ くらしをゆたかにする雑貨たち
日々の時間の流れがちょっと変わるような雑貨たち。作ったひとも、使うひとも、みんながしあわせになりますように。
( フェアトレード雑貨・衣類、中東欧アンティーク雑貨、アロマエッセンシャルオイル など)

■ アロマハンドトリートメント(13:00〜16:00)
国産椿油をベースに、爽やかな針葉樹の香りを加えた体にやさしいマッサージオイルでゆったりとハンドマッサージ。やさしい緑のなかで、心地よい時間をどうぞ。(15分・1,000yen)
※ 会場内に予約表を置いておきますので、ご希望の時間にお名前をお書きください。先着順とさせていただきます。

■ ハーブティー講座〜ハーブティー抽出・ブレンドのコツ〜
美しいバラが咲き誇る脇にちょこんと居座る、一見地味な薬草たち。彼らは、実は奥深い内面と実力の持ち主です。そんなハーブ(薬草)の効能を知り、美味しいハーブティーを作りましょう。
<参加費>2,000yen(ハーブティー・お菓子付き)
<定員>10名
<時間>10:30〜12:00
※ 事前予約制。お電話かFAXにて、梨の花(0165-22-3105)までお願いいたします。定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

【出店】
- 羊と雲と / 士別市
(http://www11.plala.or.jp/hopefulhouse/hitsuji/)

- イナゾーファーム / 士別市
(http://www.inazofarm.jp/)

- 梨の花 / 士別市
(https://www.facebook.com/nashinohana.shibetsu)

- nido / 和寒町
(https://www.facebook.com/cafe.zakka.nido)

【ハンドトリートメント・講座】
- やつばやし もとこ
アロマ・ハーブコーディネーター。スウェーデンにて植物療法の知識を深める。下川町在住。

【その他】
☆高平ガーデンについて
高平夫妻が、有機栽培で愛情をこめて大切にお手入れをしているガーデンです。当日はお席をご用意しますので、植物たちを眺めながら飲食が楽しめます。
自然と調和した美しいガーデンを、この機会にぜひお楽しみください。(普段は一般開放していません)

☆会場内でのお願い
- ガーデン内では植物たちにやさしい散策をお願いいたします。(草花を踏まない、折らない、種を持っていかない、ゴミを捨てない等)
- ペットの入場はお断りさせていただきます。
- 会場内での喫煙はご遠慮願います。
- お車は高平ガーデン側に駐車をお願いいたします。道路を挟んで向かい側には駐車しないでください。

【主催】
- 雑貨とオーダーメイドカーテン 梨の花(0165-22-3105)
- オーガニック珈琲と雑貨 nido(0165-32-3115)
https://www.facebook.com/events/642597969168946/?ref=25

−−−−−引用おわり−−−−−


今朝は朝から豪雨でめげそうになりましたが、やっと小降りになってきました。今日は少し遅れてスタートですが、これから収穫に行ってきます。

明日わたしたちも行けるかな?行きたいな!

                           Asako
posted by tomato at 07:54| Comment(0) | 地域の話

2014年07月21日

共立まつり

0721kyoritu.jpg

夏はイベントもりだくさんの下川町。今度の日曜日は「共立まつり」です。歴史的(日本の建築の歴史上ではあまり重要ではないかもしれないけど、下川町的歴史ではずいぶん重要)建造物の保存と活用を目的に活動している共立トラストさん。今年で活動10周年なのだそうです。

ただ「大切にしまっておこう」じゃなくて、みんなで手を入れて活用して愛されている感じがとても素敵。お花のお庭もお手入れ行き届いていてきれいです。

10周年記念にシウリザクラでフォトフレームをつくったそうで、保存活動端っこにいるわたしのところまで届けてくださいました。どうもありがとう!(って、もうずいぶん前の話なのに今頃…)

美味しいものや気持ちのいいこと、それからすてきな手作りのもの。いろいろご用意してみんなでお祝い「共立まつり」について、詳しくは共立トラストさんのページをみてね。なんかねー、のんびりした空気がとてもいいのです。

共立トラスト
http://ameblo.jp/kyoritu-trust/

2014年7月27日(日)10:00−15:00

去年のプレイベントの記事は ここ → ★ で読めます。


0721nasu.jpg

0721p_man.jpg

んめつぼさんから家庭菜園のナス、Pマン、きうり、オクラ等をいただきました。売ってるものよりもとても立派。これで無農薬なのだそうだからほんとにすごい。んめつぼさん、上手だなぁ。

                             Asako
posted by tomato at 21:45| Comment(0) | 地域の話

2014年07月11日

フードコートが中止

前回ご案内した森ジャム、台風の影響で「芝生で楽しむフードコートが中止」なんですって!楽しみに待ってる人たちももちろんだけど、スタッフのみなさんもきっととってもとっても残念。ずいぶん前から準備していたのにね…。

バイオマスライブは屋内でやるみたいです。そのほかのマーケットやチェーンソーアート、みくわ共和国はお休みしないでやるみたいです。森ジャムサイトに森の中を楽しむための注意書きもアップされていました。さすが屋外を楽しむ人たち、よくポイントをおさえています。

シモカワっこの森のオキテ
http://morijam.net/%E6%A3%AE%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%B8%E3%81%8A%E8%B6%8A%E3%81%97%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8%E3%80%80%E3%80%9C%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%81%A3/


世の中お天気の日ばかりじゃないものね、雨もまた楽し♪しっとりした森は晴天のときと香りも違うし、新しい発見もあるかも!

                               Asako
posted by tomato at 04:59| Comment(0) | 地域の話

2014年07月08日

森ジャム in シモカワ

0708mori_s.jpg
写真をクリックすると、大きな画像でくわしい内容がみられます、ぜひ!

今度の週末は「森ジャムinシモカワ」。みんな下川に集合!


ジャムって食べるアレじゃなくて、ジャズ音楽とかの話にでてくるジャムセッション(即興演奏)のジャム?関係者じゃないので全然わかりませんが、田舎に雑貨屋さんが大集合してくれるLOPPIS(ろぴす)とバイオマスライブEZOCUP(チェーンソーアートの競技会)と、美味しいごはんのお店屋さんと、森のオモチャやしきキンダーリーブ号とアロマのマッサージと…もう、下川の楽しそうなこと、まとめてみんなやっちゃえっていう盛大なお祭りらしいです。

タナベくんやトミーほかみんなが木を伐採して草刈りして会場作りをしてるのをフェースブックでみたけど、たいへーん!このあいだはタナベくんとモミエちゃんが手作りでかっこいい看板をつくってたみたいです。

運営ボランティアも募集中。


詳しくは森ジャムサイトをみてね。
http://morijam.net/


−−−−−

あー、ほんとにたのしそうなこといっぱい。いいなー、いいなー。わたしも参加したいけど、せめてお客さんとしてのんびり楽しみたいけど、夏のトマト農家には無理(涙)出荷の帰りに少しくらいのぞく時間があるかしら。みんな楽しんできてね!


                            Asako
posted by tomato at 06:00| Comment(0) | 地域の話

2014年05月27日

若いお母さんたち

最近の下川町は、若いお母さんたちの自主的活動が素晴らしいです。

0527pinpin.jpg

クリックすると大きな画像で詳しい内容が読めます。

6月15日には、ワクチンについてのお勉強会。子どものワクチンのお話会なので、もちろんお子さんたちも歓迎、一緒に聴いてみよう!っていうのがいいね〜。講演会のあとに希望の方は一緒にご飯を食べて先生とお話したりもできるそうですよ。

お問い合わせ先は、主催者さんの個人の携帯電話番号になっているのでここに掲載しません。ご興味のある方はこの記事にコメントをくださいね。折り返しご連絡しますので (^^)/


0527tosho_1.jpg

それから木質化?改装された町民会館。図書室もウッディになって広くなってお引越ししました。

0527tosho_3.jpg

それで本の好きな人たちで「図書ボランティアチーム」が自然にできて(トマト氏もちょっと関係者)、みんなでお話している中から「こういうの、あったらいいよね〜」ででてきた「読み聞かせの会」。

町に「こういうの、やりたいんです」といったら、「いいね!ぜひやりましょう!」ととんとん拍子に実現したそうです。


0527tosho_4.jpg

静かに本を選びたい人たちの邪魔にならないように、囲われたお部屋になっています。みんな真剣に聴いてるね。(^^)

読み聞かせの会は毎月あるそうです。今度は29日?読み聞かせしてくれるお母さんたちって何人かいるのかな?わたしはよくわからないので、図書室の掲示板等でみてください。一人で読むのもいいけど、誰かが読んでくれるのをみんなで聴くのってすごくいいよ。


0527tosho_2.jpg

それから図書室の移転とともに新しくできた「お勧め図書」コーナー。本好きボランティアさんで話し合って、いろんなテーマを取り上げて毎月面白そうな本を紹介してくれるそうです。本棚に入っているとほとんど文字のみの背表紙しかみられないけど、こうして表紙を見て、力の入ったリコメンドを読むとどの本も読んでみたくなっちゃうね。このテーマにこの本かー、なるほど!というのも選ばれていて、楽しいです。夏は読書の時間がなかなか作れないけど、いろいろ読んでみたいなぁ。



と、以上二つ、どちらも「あったらいいな」「じゃ、やりましょう!」と実現したもの。誰かがやってくれるのを待つのではなくて自分たちで行動を起こして、それをまた支援してくれる行政と、どっちもとってもいいな、と思います。小さい町だからできることなのかもね。

                            Asako
posted by tomato at 07:38| Comment(0) | 地域の話

2014年05月11日

お勉強

0511genso.jpg

実は最近わたくし大学に入学いたしまして、2週間に一度くらいのペースで化学のお勉強をしています。入学した大学は「わわわ大学 薬草魔女と学ぶ化学ゼミ」です。

わわわ大学は、何歳でも学びたい人ならどなたでも、と広く門戸を開いてくれていて、もちろん入試なし。これが面白いのです。今お勉強しているのは高校の最初の頃の元素の話。「すいへーりーべー」というアレ。高校の化学の時間は10分もすればまぶたがさがってきて、すっかり理解不能だったのですが、ふくちゃん先生のお話は大変わかりやすいです。今までバラバラだった知識がつながっていくのが面白い!

すべてのものは元素からできてるのですね。写真は「一家に一枚、元素周期表」(文部科学省のサイトからダウンロードできるみたいです。A3なのでうちでは印刷できないけど、見てると楽しいよ〜)もちろん詳しく学ぶわけでなく、だいたいC(炭素)H(水素)O(酸素)あたりから有機化合物の話になるらしいです。化合物?イオン?電子?名前は聞いたことあるけどよくわからなかったイロイロが、ふくちゃんの解説で「なるほど!」とわかります。

なんでいまさらこういう勉強しているかというと、有機化合物をはじめ、光合成と呼吸とか、糖、アミノ酸、酸化、窒素化合物、還元消毒?農業は化学と深くかかわりがあるからなのです。もちろん農業じゃなくて人体も生活も宇宙も?みんな化学と関係あるんですね〜。どこまで授業についていかれるかわかりませんが、もうちょっといろんなことがわかるようになりたいです。

ふくちゃん学長の話によると「(いろんな経験を積んだ)オトナも学ぶ」のがいいのだそうです。そうかも。

わわわ大学
http://blog.canpan.info/wawawa/



0511koushu.jpg

もうひとつのお勉強は、トマトの栽培。先日は農業試験場、農業改良普及センター、市場関係者の方々がきてくださって、いろんな話をしてくれました。(写真は部会長さんがお話しているところ)頭で理解することと、実際にやれることというのは違うので難しい。トマトは奥が深いよー。


                             Asako
posted by tomato at 14:48| Comment(0) | 地域の話

2014年04月22日

ゆるキャラ募集

今度下川町でもイメージキャラクターを作ることになったそうですよ。へええ。

あんまり変なのになったらいやだなぁ。じゃあ、素敵なのを自分でも考えて応募してみたらどうかな?前に作った『とまちゃん』、結構評判よかったからな〜(← お世辞を真に受けるタイプ)

0422toma_chan.jpg

前にブログに載せたことがあったかしら?これが『とまちゃん』。しあわせケチャップの宣伝用に作ったの。



とりあえず応募要綱を読まなくちゃねっ!

下川町イメージキャラクター(ゆるキャラ)のデザインを募集します!
http://www.town.shimokawa.hokkaido.jp/section/somu/2014-0324-1.html



えっ!25日が締め切りって言ったらもうすぐじゃなーいっ!


0422tomachan.jpg

なんかブキミだー(笑)もうちょっと練習しなくちゃね…。賞金5万円と特産品もいいけど、自分で描いたのがみんなにかわいがってもらえたらうれしいよね〜。(^^)/ がんばろっと!


                    Asako
posted by tomato at 19:46| Comment(0) | 地域の話

2014年03月31日

ドイツの持続可能なまちづくり

0330seminar_1.jpg

30日にドイツ在住の環境ジャーナリスト、村上敦さんの"ドイツの持続可能なまちづくり"という講演会に行ってきました。

「持続可能な」とか「サスティナビリティ」とか言われてもよくわからないし、(たびたび書いているけど)下川町が環境未来都市になってエネルギーの自給・自立なんていっちゃって、石油もでないのに何をどうするつもり?なんて思っていたけど、今日の話はよくわかりました!エネルギーって石油だけのことじゃないんですね。


0330seminar_2.jpg

このグラフ(たぶん全然読めないと思うけど (^^;)、これからのニッポン、人口が急激に減っていく之図 です。今すでに人口が少ないところや高齢化が進んでいるところは、特にどんどん人口が減っていって、2050年頃には日本の6割くらいの地域で人口が半分以下になって、地域経済が崩壊するんじゃないかという話。(地域の基盤を維持するにはある程度の人口が必要だし、パラパラまばらに人が住んでいるとそういう暮らしを維持するにはすごくコストがかかる → 将来困ったことになりそうということは既定の事実らしい)


では、どうしましょう?

環境はもちろん大切だけれども、まず日々の生活を支える「経済」のほうが大切。経済的になりたってはじめて、その先に環境をどうしましょうとなるわけで、まず経済。エネルギー問題は経済問題なのだそうです。(kwh=¥ キロワットアワー イズ マネー)


試算だけれども下川町で大体1年に11.5億から12.7億くらいのエネルギー(電気、ガス、灯油、ガソリンとか)費用を町外に払っている。その全部は無理かもしれないけど、省エネとか再生可能エネルギーにすることによって少しでも地域に回るようにしたら…


今までヨソに支払っていたお金が地域に回る(地域の経済が豊かになる)と、そういうことって国会議員さんたちが(票になるから)喜んで、もっと国策に取り入れるように国に働きかけてくれる → つまりローカル地域発(ボトムアップ)で、国策がいい方向(省エネとか再生可能エネルギー)に変わるチャンス!というわけです。


だんだん石油も天然ガスもなくなっていくし、ウランも減って(それ以前に原発は、そこからでてくる危険なゴミ、どうすんのよーっていう問題もあるし)、これからどうなっちゃうんだろうなぁ、ドイツは年々2パーセントずつ努力していって、2020年までに脱原発、2050年までに脱化石燃料(しかも1990年と比較して95%ものCO2を削減する)って決めたんですって。どうやって実現するのかな。やっぱり省エネ?でも省エネっていったって、我慢の省エネは辛いし続かない。暖房(冷房)の温度を2度下げ(上げ)たところで、どこまでも下げ(上げ)られるわけじゃないし…


0330seminar_3.jpg

そこでドイツでは、たとえば省エネ改修工事(新築はもちろん省エネ基準の建築に)を進めているそうです。写真は日射遮蔽(ルーバーをつけて状況に応じて陽射しをさえぎる)の例ですが、ドイツで新しい建物を建てるときにはこういう暑熱対策をつけないとならないと法律で決まっているそうです。(冬は陽射しを利用するけど、夏に太陽熱が建物に入ってこないようにすると暑さ対策になる → 冷房代が節約になる)

あるいは古い建物でも断熱材を屋根や壁につける改修工事に助成金をだしたり…そうすると暑さや寒さのために使う冷房・暖房のエネルギーが減って、地域の工務店さんにお仕事ができて地域の経済に効果があって、工務店さんに雇用が生まれたりして、人口減に歯止め…?

あら、いろいろいいことあるじゃない!


0330stove.jpg

これにはすごく実感があって、新しいおうちになって去年よりも灯油の使用量が1/3くらいで済んでいます。暖房や給湯のシステムや浄化槽で今までよりも電気を使うようになったかな、と思ったけど、省エネ型冷蔵庫や、LED照明のおかげで、電気代も去年ととんとんくらい。

外に出て行くエネルギー代が削減できて、地域の工務店さんにお仕事ができて、本当によかった。薪ストーブ(これは町内産というわけにいかず、外国製なのですが (^^;)も高性能なものにしたら今までよりも薪が長持ちしてびっくりです。省エネになって、しかも快適、そして地域もうるおう。ああ、こういう解決方法ならみんな幸せです。省エネ建材って今はすごく進んでいるらしいです。そういう建材の需要が増えればこれからもっと価格も下がるかも。

−−−−−

このほか、市民エネルギー組合とか、地域暖房とか(現在町の中心部で進めているもの)、再生可能エネルギーの有効活用とか(太陽光とか風力とかの余剰電力があるときにその電気で水素ガスを作って、ああしてこうして…)、ドイツの小規模都市で上手くいっている事例とか農村の事例とか、これからエネルギー資源が減っていくのにどうしたらいいのか、いろんなヒントのあるお話がいっぱいでした。こういうお話を聴くと実現可能な気がしてきます。

日本は再生可能エネルギーに恵まれた国だそうですよ。大切なのは、本気でやる ということらしいです。下川町役場の人たちも聴いていたので、これからどんどんいい方向に進めてくれると思います。どうぞよろしくお願いします。

−−−−−

専門的な話、一生懸命聴いていたけど、もしかして間違っていたらゴメンナサイっ!もっと詳しく知りたい方は村上さんの著書をどうぞ。(^^)


0330seminar_4.jpg

0330seminar_4.jpg


うちの農業も、今のやり方だと暖房用灯油いっぱい使うので、なんとかしたいなぁ。どうしたらいいのでしょう?


                      Asako
posted by tomato at 07:41| Comment(0) | 地域の話

2014年03月14日

ドイツの持続可能なまちづくり

サト美ちゃんのところに案内がでていたけれども、村上敦さんの「ドイツの持続可能なまちづくり」講演会があるらしいです。

村上さん、去年の夏にも札幌で講演会があって、そこに参加した方から「とても説得力があり、興味深い講演会だった」と聞いて、わたしも聴きたいなぁと思っていたところ。こんな田舎まできてくれてうれしい!

下の記事ともつながる話なのだけど、どういう風に暮らしていったらみんながずっと幸せに暮らせるのか、一緒に考えてみませんか?(^^) お近くの方はぜひ〜!


0314poster.jpg
クリックすると大きくなります。

3月30日(日) 10:00〜12:00
ガーデニングフォレスト フレペ

参加無料だけど、町役場の環境未来都市推進課 01655-4-2511 に申込みしてね。


                     Asako
posted by tomato at 09:03| Comment(0) | 地域の話

2014年02月19日

フランチェスカさん

なんかよくわかりませんが、フランチェスカさんという娘が下川町に来ているらしいです(^^?






フランチェスカさんのフェイスブックページ
(フェイスブックに参加していない人でも観られます)
https://www.facebook.com/francesca.jp


Twitterページはこっち
https://twitter.com/francesca_hb



おばさんには何の話だかさっぱりわかりません…

                          Asako
posted by tomato at 21:13| Comment(0) | 地域の話

2014年02月18日

グルメオリンピック

0218tv_cars.jpg
クリックすると大きくなります。

今日は会議のために町に行ったら、テレビ中継車がきていました。拡大してみると町役場の建物にも銀メダル祝福の垂れ幕やら応援のぼりやら手作りの五輪マークやら見えるかな。町中わいています。

用事だけですぐに農場に帰ったので知らなかったけど、フェイスブックによれば、町なかの商店にテレビカメラを持った人たちがうろうろ出没してるとか (^^; うちはテレビが観られないのでわからないけど、知ってる人たちがたくさんテレビに登場してお祝いコメントを述べているらしいです。いいニュースで町が話題になるのはいいよね♪


0218kaigi.jpg

今日の会議は「味噌づくり母さんの会」。この間の試作の報告と勉強と意見のすりあわせ。みんな真剣な顔をしています。こういうのは面倒なようだけど、後にぶれることのないようにしっかり時間をかけて練っておくことが大切ですね〜。だんだん意見もまとまってきています。

0218inoue_san.jpg
写真はパッケージについて話す井上さん


0218poster_2.jpg
クリックすると大きくなります

それからアイキャンまつりに出店するのでその話。


0218tonjiru.jpg

試作品、美味しいけどお腹いっぱいになりすぎるのでは?という意見も多く、もっとお手軽価格でもう少し少ない量にして、豚汁だけじゃなくて他のお店のお料理を食べられたほうがたのしいよね〜という方向になりました。あまり儲かろうとかそういうつもりはなくて、手作りみその美味しさを知ってもらえれば…というのがメインなので、それがいいよね。みんな食べに来てね〜♪

隠し味に○○○○が入っているのでほかほか温まります。会場は寒いそうなので、みんなのお腹が暖まりますように!


ああ、それにしても寝不足。ラジオで聞くオリンピックは集中力を使うのか疲れる〜 (^^; 今晩こそ早く寝よう。明日からは苗の温度管理でじっくり寝られる日は当分こないので…


                           Asako
posted by tomato at 20:01| Comment(0) | 地域の話

2014年02月17日

銀メダルぱん

0217pan.jpg

今日町内のやないさんでパンを買ったら、お買い物した人全員に葛西さんのKマーク入りお祝いあんぱんをくれたよ!銀色のきらきらがついてるの。

団体戦もがんばってほしいですー。そして 金色 のきらきらあんぱんをぜひ! (^^)

                       Asako
posted by tomato at 17:09| Comment(0) | 地域の話

2014年01月02日

除雪の日

0102wiper.jpg

ほんの一週間前には積雪深 50cm程度だったのに、今は 94cm。よく降りました。ワイパーの埋まり加減でどのくらい降ったかご想像ください。一日除雪にかかりきりでした。


0102golf.jpg

ナカミの車はこんな感じ。まるで塩釜。(塩釜ってこういうの → 

もちろん車の上にだけ降るのではなくて敷地全部にこうやって降ってくれるので、育苗ハウスや通行路、駐車場の部分の雪をどこかにどけなければなりません。こういうのって雪のないところで生まれ育ったわたしにはなかなか想像つかない「雪国の毎日の大変」です。


0102seppi.jpg

今日は風がそれほどでもなかったので雪庇はそれほど成長しなかったけど、この電話線や電気の線のつなぎ目あたりはちょっと気になります。町内どこでも通話無料の光電話の光ファイバーケーブルがポキっと折れてしまわないか心配。気をつけて丁寧にやらないとね。


0102uroko.jpg

暖かい雪なので外壁にうろこ模様にくっついています。なんだか面白−い。


0102sankaku.jpg

こっちは三角波模様になっています。新撰組?仮名手本忠臣蔵?

0102chushingura.gif
こちらのサイトよりお借りしてきました。

わたしは日本史も古文も超苦手だったので、いまだに赤穂浪士と新撰組が区別がつきません (^^; これは討ち入りの方… 袖口が似てない?あはっ



0102maki.jpg

なんて笑っている場合でもなくて、薪の積んである高さと、目の前の雪原の高さがほぼ同じになってきています。まだ冬は半分くらいしか終わってないのにこれからどうなるのかな?


                           Asako
posted by tomato at 18:12| Comment(0) | 地域の話

2013年12月23日

寄席

昨日の夜は寄席に行ってきました。懐かしい入れ込み太鼓に期待も高まります。柳家小袁治師匠の演目は「あなどろ」と「柳田格之進」。撮影禁止なので写真はありませんが、ひさしぶりに「芸」ってこういうものだなぁと楽しんできました。

舞台の上には赤い台座と紫の座布団。その上に座る師匠。これだけなのに実に生き生きと江戸の暮らしが描写される。そこには江戸の庶民がいて、美味しそうにものを食べ、酒を呑み、また江戸の武士とはかくや、と思われる胸に迫る人情話。浅草馬道、阿部川町、雷門、吾妻橋、湯島、駒込…下町生まれのわたしに馴染みのある地名がぽんぽんとでてきます。(^^)




上の動画はトマト氏の尊敬する古今亭志ん生師匠ショートバージョンの「柳田格之進」。やっぱりいいねえ。うちにある落語のカセットを発掘して、芝浜も聴きたいよ。(でもカセットテーププレイヤーってまだあったかしら (^^?)


1223yose.jpg

寄席がはねて帰り道、公民館の前には商工会のみなさんの粋なはからい、アイスキャンドルが。


1223kabocha.jpg

そして冬至にちなんで商工会女性部のみなさんの心あったまるお土産も。


サンタさんもいいけど、こういう暮れ、いいねえ。


                        Asako
posted by tomato at 08:53| Comment(0) | 地域の話

2013年12月22日

冷えたよ〜

1222jyuhyo_1.jpg

今日はマイナス20度まで冷えて、家の前の白樺もきれいな樹氷になっています。昨日のよる霧がすごかったので霜?氷?がいっぱい木についたみたい。みごとな樹氷です。向かいの山も真っ白です。

こっちの人はわかっているけど、寒い地域の人じゃないと知らないこと → うんと冷える日はとってもきれいな青空。

わたしはこっちに来るまで、晴天=あったかい と思ってたよ。北海道の人になると、昨日の夜くらい星がきれいだと「明日は冷えそうだな」と思うもの。晴天=寒い なんですね。


1222jyuhyo_2.jpg

しかし、もうちょっとのところで「今日の寒さナンバーワン」になれず、僅差で3位。(ちなみに一番は歌登、二番は士別)

たぶん「どうせ寒いならあと1度くらい冷えても全然問題ないから、日本一になりたかったのにーというのが下川のみんなの共通認識。

                             Asako
posted by tomato at 09:29| Comment(0) | 地域の話