2010年01月26日

手作り豆腐

0126tare.jpg

タイレアのおでこにナニカができました。いろいろできやすい性質なので、しばらく様子をみていたのですが、だんだん赤くなってちょっとずつ大きくなっているような気もしたので、病院に連れて行きました。

「たぶん加齢によるもの」とのご診断。「犬はヒトより早く歳を取るので、そのことを忘れないようにしてください」と先生からアドバイスをされて、ほっとしつつ、ちょっとさみしくなりました。

--- ここから本題 ---

せっかく名寄まで行ったので、アレを買ってきました。アレとは・・・

0126tofu.jpg

豆乳とニガリ。

この間の味噌づくりの時に、大豆を煮ている匂いがとても美味しそうだったので、「今度女性部で豆腐作りをしたらどうかな〜」と提案したら「えー、結構大変よ」とあえなく却下されてしまいました。「でも豆乳を使えば自宅でも簡単にできるらしいわよ」と教えてもらって以来、気になっていました。

0126tofu_1.jpg

そしてネットで作り方を調べて作ってみたのがコレ。うーん、微妙・・・というかにがいよぅ。しかもあまり固まっていないし。

どうもわたしの買ったにがりは「飲用?」でマグネシウム分が少なくて、たくさんいれないと固まらないらしいです。でもお店を2軒まわっても「豆腐用にがり」はなかったの。多めに入れた結果苦かったのか?それとも温度が高すぎてしまったから?牛乳パックの型のせいじゃないよね?

原因はよくわかりませんが、気を取り直して、電子レンジバージョンを試してみることにしました。

0126tofu_3.jpg

耐熱の計量カップに豆乳を100cc(失敗するともったいないのでちょびっとでテスト)。そこにニガリを4.5ccくらい(ニガリについてきたキャップで量りました)。それをお箸でぐるぐるかき回してからレンジに入れます。

電子レンジの弱(うちのは200w)で5分半くらい加熱すると茶碗蒸しっぽくなるので止めます。(出力により加熱時間が違うらしい。豆乳の濃さとにがりの量にもよるらしい。「らしい」ばっかりで全然参考になりませんね。あ、調整豆乳だと固まらなかったりするらしいです。)

0126tofu_2.jpg

それを「みそこし」に「油こし紙」をセットして流しいれます。余談ですが、うちにある「みそこし」は結婚するときに買ってもらったものですが、「味噌汁に豆のつぶつぶがある方がいい」というトマト氏の意見により、「味噌を漉す」ために使ったことはほとんどありません。代わりにお菓子作りの時に、粉をふるったり、あるいはプリン液を漉したり、と大活躍しています。ひっかけるところが二ヵ所あって便利です。

0126tofu_4.jpg

こんな感じ。しばらく洗いカゴにひっかけたまま、水を切ります。ちょっとゆるいようなら、お豆腐の上に水を入れたコップをのせて少し押すといいかも。

この時流れ出る水が結構苦かったので、もしかしてニガリ?もしニガリなら流しに捨ててしまわないで、畑にまいたらいいよね〜。世の中には農業用のニガリも販売しているくらいです。マグネシウムをはじめ各種ミネラルがたっぷり入っています。

0126tofu_5.jpg

ジャーン!できあがりがコチラ。100ccの豆乳でこんな可愛らしいお豆腐ができました。やわやわで、お豆の味がしっかりして、甘くておいしーい!

作り方を忘れないうちにブログに書いてみました。(^^)

今回買った豆乳 900ml 210円、ニガリ 450ml 785円。ちなみにこの有機豆乳はカナダ・アメリカ産大豆使用。ネットでの情報によると乾燥大豆500gから600gちょっとのお豆腐しかできないようです。国産の有機大豆は1kg 1000円以上しますから、まともに作ったら結構なお値段になるんでしょう。

世の中には大豆油(サラダオイル)をしぼった後の大豆カスから作るお豆腐もあるらしくて(本当?)そういうのがセールになっています。まっとうな材料でまっとうに作るとそれなりのお値段になるのに、激安を選ぶ消費者の方が断然多いんだろうなぁ。うちだってビンボーなので、高いお豆腐は買えないけど、なるべく国産大豆のお豆腐を買うようにしています。おとうふ屋さんも大豆農家さんも大変だなぁ。
                           Asako

posted by tomato at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年01月24日

朝ごはん

0124misoshiru.jpg

冬の間は圧力釜で玄米ご飯を炊いています。ちょっと塩を入れて炊いて食べるときにゴマを振って、お供は自分で作ったお味噌のお味噌汁、それからプレーンオムレツに自家製ケチャップ。これがとっても美味しいのです。玄米ダイエットのつもりが美味しくて食べ過ぎて太っています(笑)いつか鶏を飼って、自家卵もいいなぁ。

質素だけど超ぜいたくな朝ごはん。

玄米ご飯って食べにくいと思って敬遠してたけど、圧力鍋で炊いたら簡単でもちもち美味しい。白いご飯よりも滋味があっていいわ。よーーーく噛んで食べます。
                            Asako
posted by tomato at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年01月23日

みそ作り3日目

0122kouji.jpg

ぽくぽくのいい麹ができていました。右端は、麹のほぐし方をミズタさんに尋ねるトマト氏。JA”女性”部のみそ作りだけど力仕事の最終日に助っ人に来てくれました。

0122mazeru.jpg

大きなお風呂のような桶に、お豆と麹と塩を入れてひたすら混ぜます。

0122suru.jpg

そしてそれを「みそ摺り機」にかけていきます。これ部品を変えたらそばの粉もひけるそうです。ひき肉もできるのかな?

0122tumeru.jpg

そしてひいたお味噌の元をトマト氏が丸めてパシッと樽の底に投げつけて詰めていたら「そんなに力任せにしないでも大丈夫だよ」とミズタさん。あれ?そうだったんだ?知らなかったわ。これで夏までお休み。夏に天地返しをして次の冬くらいには美味しくなっている予定。

最後の最後のお片づけの時に、Mさんの携帯が排水構に落ちてしまいました。なんとか見つかったけど、大丈夫かな。データが生きてるといいな。
                          Asako
posted by tomato at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年01月21日

みそ作り2日目

今日は麹のお手入れをして、大豆を煮るところ。おうるの食品加工研究室に行ったらいい匂いがしていました。いい感じに麹ができつつあるようです。麹を失敗してしまっては大変なので、とりあえずここまでOK。みんなほっとしました。

0121daizu.jpg

大豆を煮るとなんでこんなに泡がでるのかなーと思って検索してみたら、大豆にはサポニン(シャボンの語源になってる成分つまり石けんのような性質?)が含まれていて、それで泡が立つんですと。へええ。

それからもう一つ、麹を作る機械、製麹機ってなんて読むんだろうね、セイコウジキ?なんてみんなで話していたら「セイキクキ」と読むんだそうです。へええ。世の中知らないことがたくさんありますな。

柔らかくなった大豆は一晩煮汁につけておいて、麹はもう一晩がんばって醸してもらって、明日はメインエベントつぶして叩きつけるアレです。
                            Asako
posted by tomato at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年01月20日

みそ作り

今日から三日間、JA女性部のみそ作りです。一回につき3人ずつ、三日間ずつかけて麹から作ります。今年はお味噌作りに申し込んだ人は少ないみたい。

0120miso_1.jpg

一人10kgのお米を研いで持っていくので一回に米30kg、大豆30kgかな。うちは普段2合くらいずつしかご飯を炊かないので10kgのお米を研ぐのは大変でした。

0120miso_2.jpg

今日はお米を蒸して、冷まして(これが結構な力仕事)、麹菌をつけて製麹機に入れるところまででおしまい。

0120miso_3.jpg

お豆は洗ってうるかしておいて、明日煮ます。
                           Asako
posted by tomato at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年12月24日

甘いもの

1224cake.jpg

クリスマスなのでイチゴのロールケーキを作りました。生クリームは ケチって 健康のため、中とてっぺんにだけ。生地があんまりふんわりしなかったけど、このくらい薄い方が巻きやすいのかな。

1224mushipan.jpg

こっちは冷凍庫の整理の都合でできたあずき蒸しパン。この間ジュンコちゃんに教えてもらった卵白だけで作る蒸しパン、ヘルシーで簡単でいいわー。冷凍庫の不良在庫あずきも一掃できたし、めでたしめでたし。

あとは体重計に乗る前に運動するだけ??
                           Asako
posted by tomato at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年12月21日

美味ラズベリーソース

1221ice.jpg

この間のアイスクリームに花子さんの手づくりラズベリーソースをかけると超美味!こんな贅沢しちゃっていいのーっ
                          Asako
posted by tomato at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年12月13日

トマト鍋

1213tomato_nabe.jpg

世の中でブームだというトマト鍋を作ってみました。スーパーのチラシに載っていた写真を参考に、冷凍トマトと自家製トマトジュースを使い、あとは冷蔵庫にあるものをテキトーに。

1213tomato_nabe_2.jpg

美味しいけど、鍋というよりはトマト味のポトフという感じ。何か違うのかしら。和風のお出汁か何か入るのかな?

1213thalia.jpg

タレイアは雪遊びで疲れ果てて、クッションを抱えて寝ています。タレイアはもうばあちゃんなのに、未だに雪を見ると大コーフン。何がそんなに楽しいのでしょうねえ??
                          Asako
posted by tomato at 08:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年10月21日

新そば粉できました

1021sobako.jpg

今年も玄そばを信州に送って石臼引きにしてもらいました。少し黒い点が見えるのは甘皮。そばの香りはこの甘皮に含まれているんですって。わたしも一つ勉強になりました。

  500g 840円
  1kg 1,575円

アテネファームの産地直送ページよりお求めいただけます。

ショッピングカートよりお申し込みいただくと、クロネコヤマトさんの宅急便になりますが、「送料が高くてたいへーん」と思われる方には、ヤマトのメール便、または日本郵便のEXPACK500等も可能です。(ただし500g二つくらいしか入りませんし、日数がかかったり、手渡しではなくポストへ投函になる場合もあります)ご希望の方はお問い合わせください。

実は、まだわたしたちも食べていません。またそば打ちに行きたいけれども今はハウスの片付けで大忙し。早く新そば食べたーい!
                          Asako
posted by tomato at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年10月19日

ケチャップ

1019ketchup.jpg

よーこちゃんと下川産フルーツトマトを使ったケチャップの研究中。24日のしもかわ学会フォーラムの時に試食できるかもしれません。

何人か試食してもらったのですが、それぞれ「理想のケチャップのイメージ」にばらつきがあるようで、まるっきり正反対の感想もありました。何かにつけて食べるのか、それとも調味料として使うのか、それで違ってくるのかな。目指す方向がまだわからなくて、とても難しいです。
                          Asako
posted by tomato at 08:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年10月15日

モンブラン(のようなもの)

1014montblanc_3.jpg

栗ご飯と栗の甘露煮を作った残りで偽モンブランを作りました。(あ、中のクリームがはみ出してる・・・)

1014montblanc_1.jpg

極薄スポンジを焼いて(丸く型抜きすれば見栄えがいいのに省略)、甘露煮を乗せて・・・

1014montblanc_2.jpg

マロンクリームをのせて(絞り出し袋を使えば見栄えがいいのに省略)、その上からマロンペーストを絞りました(できあがりは一番最初の写真です)。見た目はともかく旨かったよぅ。

1014montblanc_4.jpg

使った口金は昔、母からもらったコレの中のひとつです。超レトロ箱でしょう。一体いつのものだろう??

1014montblanc_5.jpg

こんなにたくさんの形があるのに、いつも一般的な星型しか使ったことがありません。上手に使えばプロのデコレーションができるかも?でも星型でもうまくいかないのだから、まー、無理かな。

続きを読む
posted by tomato at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年09月22日

鮭のちゃんちゃん焼き

0922chanchanyaki.jpg

あんまりいい写真ではないけれど(湯気でレンズがくもっちゃった)、素晴らしく美味しかったので・・・

0922chanchan.jpg

きいちゃんからたくさん鮭をいただいたので、いつもお世話になっているタケちゃんに持って行ったら今度はタケちゃんからお返しに、キャベツをいただいてしまいました。わらしべ長者の食卓です。

<作り方>
・お味噌に砂糖とニンニクのすりおろしを足して、お酒でといておく。
鮭に塩コショウをふっておく

1 お鍋(本当はスキヤキ鍋とかホットプレートのようなものでやるらしい)にサラダ油をしいて鮭の身の方を焼く

2 焦げ目がついたら今度は鮭の皮の方を下にして、ニンジン(薄切り)と長ネギ(斜め切り)をのせて、フタをして蒸らす

3 少したったら生シイタケ(そぎ切り)とキャベツ(ザク切り)を入れてさらに蒸らす

4 最後にピーマン(細切り)ともやしを入れて、味噌ダレをかけて、ちょっとだけ蒸らす

5 野菜に火が通ったら、食卓に運ぶ前にバターをのせる

6 食卓で豪快に混ぜて、一味トウガラシを振って、いただきま〜す

道東にいたときに教わったレシピです。向こうは鮭の本場だものね。ちゃんちゃん焼きとは「漁師のオトーチャンが作るごちそう」の意味だそうです。「こまけーことは気にせず、大胆に作るのがコツ」だそうですが、なかなか大胆も難しいです。甘辛のお味噌とピリリの一味がポイントかな。ごちそうさまでした。
                          Asako
posted by tomato at 18:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年09月16日

美味しいもの

0916endo.jpg

コージくんからサヤエンドウのハネをいただきました。これがハネ(規格外)というのは本当にもったいないのですが、価格維持のためには仕方ないのかな。「下川のエンドウは超ビューティフル」と市場で高い評価を得ているので、規格も厳格なんです。個人的にはこれくらいマメがぷっくりした方が好きなんだけどナ。コージくん、ありがとう!美味しくいただいています!

0916pan.jpg

こっちは、とみちゃんの版画で有名な(?)中標津の牧舎の佐伯さんからのいただきもの。中標津町内にArts&Craftsのお店『俵真布』というお店があって、佐伯さんのお嬢さんが天然酵母パン・自家製酵母パンを焼いているそうです。

今朝食べたのはゴマ・かぼちゃ・あずき・クランベリー。他にもトマトやオレンジピール、くるみ、白餡・・・いろんな味があって、どれも素晴らしく美味しい!天然酵母パンってモソモソしたイメージだったけど、そんなことは全然なくて、噛みしめるほどに味わいがあって、丁寧につくられている感じがします。どんどん新作を作っているみたい。お店が近かったら常連さんになっちゃうのにー。ごちそうさまでした!

0916gratin.jpg

最後の写真は、おいものグラタン。今年は自家用のおいもの出来が悪かったのですが、それでもこうして食べられるのは幸せ。おイモを皮付きのまま輪切りにしてゆでて、タマネギの入ったホワイトソースをかけて、フルーツトマトの薄切りを並べて、チーズをかけて、オーブントースターで焼きました。

フルーツトマトで作ると水っぽくならず、焼くことによって甘さと酸味がぐっと凝縮されるようでオイチイ!おイモが皮ごと食べられるのも新ジャガのうちだけ?皮がまたいい味わいなんです。

味覚の秋ですなぁ。
                          Asako
posted by tomato at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年08月24日

三線&フォルクローレナイト

0822shokutaku.jpg

うしまとんちゃんが札幌に戻ってしまう前の晩に、うしおばさんちで持ち寄りパーティーをしました。(うしおばさんはお元気ですよー)これは食い荒らす前の写真。携帯で撮ったので美味しさがいまいち伝わらないかな?うしおばさんのテーブルコーディネートがステキでした。

まとんちゃんとカウベルさんとうしおばさんと息子B(?)とトマト氏とわたしの総勢6名。後半カウベルファミリーのフォルクローレセッションあり、まとんちゃんの三線あり、で、深夜まで笑って歌って飲んで騒いで・・・楽しかったね。音楽ができるのって本当にうらやましい。わたしも冬にアレ(ナイショ)を練習しなくちゃ。みなさん、お疲れ様でした。うしおばさん、ありがとう♪

0822morena.jpg

話はさかのぼりますが、これはまとんちゃんと一緒に行ったモレーナさんのオーガニックガーデン。農薬・化学肥料を使わず、花も野菜も一緒に植わっています。ゆっくり見て回りたかったけど、夕方で蚊が多く断念。

0822curry.jpg

菜園から摘んできた野菜を使ったカレー(おせんべいはビールについてきたオマケです。)

美味しかったよ。
                           Asako
posted by tomato at 13:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年06月21日

こまい美味しい

0621komai.jpg

いただきもののコマイが、いい感じに乾いてきたので、昨晩炙っていただきました。今まで知ってるコマイはカチカチのパサパサだったけど、これはしっとりしてうまいー。ちょっと塩分が多かったかな?いい酒の肴になります。ごちそうさまでした。

隣に写っているのはMさんからいただいた黄色いインゲン。初めて見たわ〜。味は普通のインゲンと同じですが、彩りがキレイなので他の野菜と一緒になんとかしたらおしゃれかも(今回は手抜きしてゆでただけですが)。Mさんちではもうきゅうりもモリモリ採れているらしい(うちのきうりは・・・)

0621micro.jpg

もうひとつ東京のお友だちから、サプライズが届きました。マイクロトマトの鉢植えです。宅急便屋さんからビニールハウスに電話がかかってきて「お荷物が届いています。トマトの・・・はち・・・」

ええええっ?一瞬、マルハナバチが宅急便で届いたのかと思いました(笑)

かわいらしいトマトをつまんで食べてみたら、ちゃんとミニトマトのような味がしました。鉢植えのトマトは作ったことないけど、わたし、ちゃんと枯らさないで育てられるかな。。。

たまにはアンラッキーな日もあるけど、こういうお友だちの温かい気持ちに囲まれて幸せ。また今日もガンバルゾー!
                          Asako
posted by tomato at 09:36| Comment(9) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年05月12日

口福

0512shirasudon_1.jpg

とびきり新鮮な釜揚げシラスをいただいたので、さっそくしらす丼。トマト氏は生卵入り。

0512shirasudon_2.jpg

わたしは卵焼き付きで。お味噌汁にはうちの間引き菜をいれました。もう本当においしくて食べ過ぎです。美味しいものを食べたときの幸せ感を、中国語で「口福(こうふく)」というのだそうです。今朝の朝食はまさしく口福。

このしらす丼みたいに、どこかで誰かさんが、うちのフルーツトマトを食べて「うまーい」と叫んでくれたらいいなぁ。

0512turip.jpg

庭のチューリップも満開です。チューリップはこうしてぎっしり咲いているのが好き。近隣の田んぼにも水が入って、すっかり春ですね〜♪
                         Asako
posted by tomato at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年05月04日

変な玉子

0504egg.jpg

朝、冷蔵庫を開けたら変な玉子があって、ドキっとしました。ま、まさか殻を割ってひよこがでてくるところ?

0504biwa.jpg

と、思ったらトマト氏のいたずらでした。お友だちが送ってくれたびわ、懐かしい味です。子どものころは好きでよく食べたものですが、大人になってからはさっぱり見かけません。いつのまにか高級フルーツになっていたのですね。ほんのりとした香りがステキでした。ごちそうさまー。
                          Asako
posted by tomato at 06:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年03月28日

ホタテのハネ品

0328hotate.jpg

きいちゃんが八雲からホタテの稚貝を送ってくれました。この写真に写っているのの倍以上ありました。このコたちは、大きいホタテに育てる途中で貝が欠けたり、曲がったりして「立派なホタテになれないかもしれない」と判断されて、出世コースから脱落させられてしまったものです。いわゆるハネ品?

0328hotate_2.jpg

たとえば、こんな感じ。○のところに小さい穴をあけて紐で海の中に吊るすそうなのですが、このコは穴あけに失敗したみたい。育てているものが全部まともに育って出荷できるといいんだけどなぁ。

お味噌汁にしたり、酒蒸しにしたり、ボンゴレ風スパケッティにしたりしました。いいお出汁がでて美味しかったです。ごちそうさまでした!
                          Asako
posted by tomato at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年03月24日

上・名寄バーガー

隣町には「なよろバーガー」という美味しそうなご当地バーガーがあります。いくつかのレストランが(たぶん)同じパンズに地元産食材を工夫したオリジナルのハンバーガーで競演しているのです。こういう試みは面白いですね〜。

0319nayoro_burger.jpg

上の写真は、下川町のアイキャンフェスティバルに出店していた食工房おるとさんの「なよろバーガー」(とスープカレー)。ジンギスカンのハンバーグが挟まっているの。美味しかったよ〜。

0319bagle.jpg

これは?上名寄バーガーです。(アテネファームの地名が上名寄なので、自作バーガーに命名してみました)下川産はるゆたかを使ってベーグルを焼いて、それにゆでキャベツサラダ・豚肉のドライトマト焼き・薄焼きポテトをはさみました。ちょっとさっぱり目。

ベーグル、よく膨らみすぎて穴がなくなってしまったけれどご愛嬌。下川産はるゆたかは、もちもちなのでベーグルに向いているかも!表面はパリっとなかはもちっとなかなか美味しくできました。

0319flour.jpg

下川産はるゆたか、町内の方ははるころカフェさんで手に入りますよ。遠い方はサインズさんのウェブショップで購入できます。

今年は「はるきらり」という小麦の新しい品種も作付けしているそうなので、秋になったら食べ比べできるかな。楽しみ〜。
                         Asako
posted by tomato at 06:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2009年02月25日

エミューのシフォンケーキ

0225chiffon.jpg

はるころカフェさんでエミューの卵のシフォンケーキをいただきました。エミューというのは、ダチョウに似た大きな鳥で、その卵は緑で大きいんです。殻も固いらしい。その大きな卵一つでシフォンケーキ一つできるとか。生の卵(たぶん温めればひよこのでてくる)ひとつ3000円で売っているので、大変ありがたいシフォンケーキのようです。ゴチになります♪

お味の方はさっぱり淡白な感じ。作り方の違いもあるのかもしれないけど、鶏卵で作ったふわっふわっのしゅわーというシフォンケーキより食べごたえがあります。卵黄が大きくて白身が少なくて、あまり泡立たないといっていたので、性質の違いによるのかもしれません。もし目の前にたくさんあったら、つい手がのびて食べ過ぎてしまうかも。

0225omurice.jpg

これは普通の鶏卵のオムライス。このあいだ作ったうちのトマトで作ったケチャップをかけてみました。普段料理にケチャップを使わないので、あまり使い道が思いつきません。フライドポテトにつけたり、ソーセージにつけたり?

ケチャップとしての完成度は今ひとつ。もうちょっと煮詰めたほうがいいし、パンチが足りない。フルーツトマトだけで糖度も酸味も十分と思ったので、砂糖も酢も足していないんだけど、少しは調味したほうが良かったかも。次回に期待ですな。

週末の大雪のため、作業が押しています。今月中にビニールを下ろす予定なのに、雪はねがちょっと遅れ気味。そうこうするうちに第2陣の苗も来るし、農作業シーズンのスタートダッシュ、がんばらなくちゃ。

                           Asako
posted by tomato at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食