2011年03月29日

雪の下の大根

下川町でも臨時議会が開かれ、今回の震災の被害にあった方々を受け入れる用意ができたようです。Twitterでわたしが読んだ範囲では、ナスさん(たち?)があちこち連絡をつけて走り回ってくれたみたい。こういうときに誰でも何か手助けになることをしたいと思うものだけど、実際に動くっていうのはそうできるものではありません。本当にすごいなぁ。下川町は東北の方からみたらはるかはるか北の方のちっちゃな町ですが、人のハートが温かい住みやすいところですヨ。入居していただく予定のところは食器も布団も、日常生活に必要なものは一通りそろっている暖かいおうちです。

−−−−−−−−−−

それからちょっと前の話なんだけど、いつも読んでるやまけんさんのところに書いてあったのですが、秋田のお米農家さん(ひろっきいさん)が自分のお米を提供して温めたらすぐ食べられるきりたんぽにして、さらにそのほかの資材もいっばい持って直接支援に行ってくれたらしい。障害があって自宅避難状態の方や小さい避難所など手弁当で回ってくれたそうです。インスタント食品や非常食ばかりの避難所に地鶏のスープがついたきりたんぽが届いたら喜ばれたんじゃないかな。本当にこうやって個人ですぐに動けるなんてすごい人だなぁと思いました。

うちもささやかながら支援をさせていただいたのですが、忙しい中すぐにメールの返事をいただきました。ひろっきいさんはNPO法人じゃないので寄付控除の対象にはならないけれど、ひろっきいさんを応援したい!という方がいらっしゃったらこちらよりご連絡ください。

ひろっきいさんこと伊藤裕樹さんの
  記事1 行く前の話
  記事2 行って来た報告

月末にもう一回支援物資を届けにいらっしゃるようです。ささやかな後方支援しかできないけど、ひろっきいさんがんばれ!東北がんばれ!

−−−−−−−−−−

さて、大根の話。

0329daikon.jpg

そろそろ雪も薄くなってきたので、イケてあった(注1)大根を掘りました。今年はちゃんと目印がついているのでばっちり。

0329daikon_2.jpg

ちょっと皮が黒くなっちゃったのは何でだろう?みずみずしいからOKということにしましょう。昔の人はこうして秋の収穫物をとっておいて食べてたんだから本当にすごい。

                         Asako

(注1)雪の下の土の中に保存することをこのあたりでは「イケル」といいます。岐阜でも「イケル」を使うそうなので、開拓で伝わった方言なのかな?
posted by tomato at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2011年03月27日

何気ない日常

0327sori.jpg

今の季節、まだ軽トラックがハウスの方までいかれないので、ソリで荷物を運びます。北海道に来てからワカサギ釣り用に買ったものけど、実際に湖に行ったのは2回。農家になってから春先には毎日のように大活躍しています。だんだん土が見えてくるとソリも使えなくなるので、二人で肩にかついで運ぶようになります。

0327salad.jpg

これはトロ箱(発泡スチロール)菜園。

0327tane.jpg

こんな感じのタネをまいて2週間くらいたってから、毎日ちょっとずつ間引きしながら食べています。結構食べられるもんですね〜♪一袋210円だったけど、まだまだタネ、いっぱい入ってるヨ。

0327omurice.jpg

それから「オムライス好きのケチャップ」というのを買ってみました。日本酒やしょうゆが入っているので和風あっさりな感じ。たぶんJAS法のからみだと思うけど、袋の裏に書いてある名称は「トマトミックスソース」。穏やかな美味しさなのはいいけど、少ししか入ってなくて一回で一本なくなっちゃいそうな勢いでした。

おまけ トマト加工品の日本農林規格(JAS規格)
                     Asako
posted by tomato at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2011年03月01日

やすこちゃんのケーキ

ちょっと堅い話が続いたので、美味しい話をしましょうか。

0301cake.jpg

ちょっと帰りのカバンの中で押されてかわいそうなことになっちゃったけど(ごめんなさーい)ボルネオの話の日にやすこちゃんが差し入れてくれたトマトケーキです。ぱくっと食べると中がオレンジっぽいのでもしかしてトマト味かな〜?とおもったら当たり!これがスパイスが効いていてインターナショナルな味なんです。やすこちゃんに質問したら、シナモンとナツメグとジンジャーが入ってるんですって。美味しかった〜。

お菓子にシナモンはわたしもよく使うけど、なるほど!ジンジャーも合うネ!今度わたしもやってみよう♪

やすこちゃんのブログ、なんだか美味しそうなものがたくさんのっています。酒まん美味しそう。わたしもずーーーーーっと前に一度だけおまんじゅうを作ってみたことあるけど、大爆発して大変なことになっちゃいました。おまんじゅう難しいんですよ?おひなさまのクッキーもきれいだなぁ。なんて、ふふふ、やすこちゃんのブログはこちら

パーティタイム
http://plaza.rakuten.co.jp/welcometotoronto/diary/
カナダのひとこと(こっちはやすこちゃんのワンポイントエーゴ教室)
http://languageplus.blogzine.jp/biz/

やすこちゃん、エーゴがすごいらしいというウワサを聞いております。下川町ってなんかスゴイ人いっぱいいるネ♪

0301deer.jpg

全然関係ないけど、これもボルネオの日にジュンコさんと一緒に来てたかせいちゃん(?)作の折り紙。懇親会でみんなで飲んでるときにささっと手を動かして、そのへんにあったレシートで作っちゃったの。全長2cmくらい。はさみも定規も使わずにこんなの作っちゃうなんてすごーーい!
                       Asako
posted by tomato at 16:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2011年01月23日

下川産ホップのビール

暮れにカメちゃんから素敵なプレゼントをいただきました。

アテネファーム農場内に生えてる野生ホップで作った手作りビールです。カメちゃんの話によると「日にちとともに熟成して味が変化していくから、それも楽しんで♪」とのこと。一ヶ月くらい間を置いて飲めというご指示でした。

0123beer.jpg

いただいてすぐ一本開けたときにはギネス(黒ビール)のハーフ&ハーフみたいな苦味があって、ちょっと若いような感じだったのですが、昨日は本当にびっくり!

とても香り豊かで、フルーティで、深みもあって・・・いや〜、これ、ほんとにすごい。ビールは清涼飲料じゃなくて、醸造酒だったんだ!と再発見するような美味しさ。ビールは炭酸水の仲間じゃなくてワインとかの仲間だったんだ!感動しちゃった!

ホップ?麦芽?どこかに酵母菌がいて、一ヶ月の間、暗い納戸でひっそりと醸してくれていたんだね〜。これがこんなに美味しいのはホップが野生だからでしょうか?それともカメちゃんがマイスターだからでしょうか?よくわかりませんが、ありがたーく、味わいながら大切にいただきました。ごちそうさまでした♪
                       Asako
posted by tomato at 16:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年12月31日

年越しそば

1231soba.jpg

今年も今日で最後?はや〜い!なんだか後半わたわたとしてしまって、駆け抜けたような一年でした。みなさま方には作柄のことでご心配をおかけしましたが、なんとか無事に年を越せそうです。ありがとうございました。

今年の年越しそばは、去年の売れ残りのそば粉で手打ちそば。こね鉢の代わりにボウル、駒板代わりにそうめんの空き箱・・・の「なんちゃってそば打ち」。風味も落ちてしまっているけど、乾麺よりずっと美味しかった。

来年は良い年になるといいですね。
                         Asako
posted by tomato at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年12月26日

ソーセージ

1226sausage_1.jpg

昨日はノリエちゃんたちとソーセージ作りをしてきました。

1226sausage_2.jpg

機械でにゅるにゅると詰めていって、くるくるひねりながらソーセージの形にしていきます。

1226sausage_3.jpg

最後は低温でゆでてできあがり。クリスマスのごちそうになりました。おうるにこういう機械があるのは知っていたけど、やり方もわからないし、レシピも不明、材料も手に入りにくい。今回はマキちゃん先生が丁寧に教えてくれましたが、施設の有効活用を考えたらアドバイザーみたいな人がいてくれるといいなぁと思いました。
                           Asako
posted by tomato at 09:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年12月14日

新豆ミックスビーンズ

1214beans.jpg

上士幌の村上農場さんから、新豆ミックスビーンズが届きました!ふつう、お豆は種類によって煮る時間が違うんだけど、新豆のこの時期だけは全部一緒に煮てしまえるらしい。いろとりどりで実にキレイでいつまでも眺めていたいくらいです。

何種類のお豆が入ってるかわかりますか?なんと11種類!

一般的にお豆はまとめて出荷してしまうので「村上さんちのお豆が食べたい!」と思ってもできません。村上さんは「うちのお豆」にこだわって、全部手作業で畑から直接消費者へ届けてくれています。それにこんなにたくさんの種類を作ってる農家さんはそうはいないんじゃないかしら?

さっそく100gだけゆでてみました。戻すのに一晩くらいおいたけど、煮えるまで15分くらい。あっという間でした。美味しそうなレシピもついてきたのに「どれどれ、このお豆はどんな味かな?」って味見しているうちにどんどんなくなっていきます。ひとつひとつに個性があって面白い♪

せっかくだから味付けなしで食卓に並べて、ちょびっとだけ塩をつけて・・・。「これ食べた?」「あ、また新しい種類の豆だ!」と宝探し気分でつまんでいるうちに、ペロッとなくなってしまいました。美味しかった!ごちそうさま!


1214chika.jpg

それからこちらは師匠からいただいたお魚を一夜干しにしたもの。テキトーな塩水につけて、テキトーに干しただけなのに、旨い!(写真を撮るのを忘れて食べちゃったので、これは焼く前のものを出して並べてみたところ)

こんなに美味しいものばかり食べてたら、ますます太っちゃうよ〜。
                      Asako
posted by tomato at 10:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年12月12日

トマトうどん

1212udon_1.jpg

今日は札幌に行く予定だったのですが、吹雪なので中止。ハウスの雪を注意していないとならないので、たいした仕事はできません。それで思いついてトマトうどんを作ってみました。

1212udon_2.jpg

例のトマトパウダーを使っているので、ゆであがりはこんな色。ちょびっとかじってみてもしょうゆ味はあわなさそう。

1212udon_3.jpg

というわけで、洋風うどんにしました。これ、なかなかイケル♪
                       Asako
posted by tomato at 12:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年12月06日

ケチャップ

昨日はヨーコちゃんとずっと準備を続けてきたケチャップ教室の本番の日でした。

1206ketchup_1.jpg

参加者20人の満員御礼、そこへお手伝いや新聞の取材の人もはいって熱気にあふれていました。農産物加工研究室が狭く感じられます。男の人の参加者もいて率先して力仕事を引き受けてくれたのが助かりました。

1206ketchup_2.jpg

今回の原材料は、フルーツトマト加工研究会(という名前を急遽こしらえたけど本当はフルーツトマト農家のかーちゃんのネットワーク)からの寄付。夏からちょっとずつ冷凍して貯めておきました。

1206ketchup_3.jpg

ヘタや皮、タネをとりのぞいて煮込んでいきます。これがみんなで町に要望書をだして買っていただいたお鍋。いままで熱い思いをしながら焦げないように交代でかき混ぜていたのがウソみたい。やけどの心配もありません。

ぐるぐるかき混ぜているところの動画も撮ってみたので、良かったらどうぞ。(1.2MB)地獄の釜みたいです。怖

1206ketchup_4.jpg

トマトが煮詰まるのを待ってる間に、みんなで楽しくおしゃべり。ケチャップ作りを通して、こうして普段あまり話す機会のない農家の奥さんと町の奥さんたちの交流が生まれて、本当にうれしい!みんなで作るのっていいよね!

1206ketchup_5.jpg

今年2月に農業改良普及センターの寺島さんに来ていただいて「安全な加工食品をつくるために」という勉強会をしましたが、その手順を守ってケチャップを滅菌しています。

1206ketchup_6.jpg

そしてできあがったケチャップは、みんなでお持ち帰り。みんな喜んでくれて本当によかった!

12月8日のケチャップ講習会は若干空きがありますので、ご希望の方はコチラをご覧になってお申し込みください。

                         Asako

追記
※ 動画がうまく表示できない方がいるようです。これから調べます、ごめんなさい
posted by tomato at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年11月30日

トマトケチャップ作り講習会

1130ketchup.gif
上の画像をクリックすると大きなポスターが見られます。

今までもたびたびブログでご案内してきましたが、フルーツトマトの規格外品があまりにもったいないのでなんとか有効活用したいと、お友達のヨーコちゃんとあちこちいろいろお願いして歩いて、農村活性化センター「おうる」に大きなお鍋を入れてもらえることになりました。(そのお鍋の写真は これ

でも、せっかくみんなの税金で買っていただいた立派なお鍋ですが、ただ置いただけではみんな使い方もわからないし、そもそも設置されたこと自体あまり知られていなかったりして、すごーーくもったいない!できるだけ多くの町民のみなさんに活用してもらうには、やっぱり一回くらい講習会をやらなくちゃ、ね♪

というわけで、何軒ものフルーツトマト農家の奥さん方に協力してもらって規格外品のトマトを提供してもらってトマトケチャップの講習会をすることになりました。ほとんど材料費だけですんばらしく美味しいケチャップが作れる講習会ですので、ご興味のある方は(下川町の方だけになっちゃいますが)ぜひぜひお申し込みください♪

Asakoの電話番号をご存知の方はそちらへ (^^; ご存知ない方は、下記フォームよりお名前と連絡先を教えてください。折り返しお電話しますので〜。

アテネファーム問い合わせページ
http://www.athenefarm.com/inquiry.html

ご連絡お待ちしています〜。
                      Asako

posted by tomato at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年11月25日

野沢菜漬け

1125nozawana_1.jpg

タナカさんから野沢菜の葉っぱをいただいたので、さっそく野沢菜漬けに挑戦。

1125nozawana.jpg

この4倍くらいもらったのですが、さすがに食べきれないと思ってヨーコちゃんに半分上げました。「野沢菜ってどうやって漬けるの?」と聞くと、誰に聞いてもみんな一様に「塩して、重石をのせて、水が上がったら重石を減らす、それだけだよ」と答えます。

「えー、本当に?他に何か入れないの?ナンバンとか昆布とか入れないの?塩加減は?」

「なんも、いい塩梅に漬ければいいンだ」

うう、シンプルなだけに余計難しそうです。とりあえず、重さを量って3パーセントくらいの塩にしてみました。葉っぱだけなのに6kgもありました。

「水が上がってこんようなら(来ないなら)すこーしだけ水をいれるんだよ」

うまく漬かるでしょうか・・・。
                          Asako
posted by tomato at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年11月21日

トマトシフォンケーキ

例のトマトパウダーを使ってトマトシフォンケーキを焼いてみた(切り分ける前に写真を撮ればいいのに、包丁を入れてから「あっ!ブログ用の写真忘れた!」であわててパチリカメラ

1121chiffon.jpg

17cmの型用標準のレシピに、トマトパウダー大さじ一杯(量ってみたら5gでした)入れましたが、以前トマトジュースで作ったときよりあまりトマト味がしない。もっとたくさん入れないとダメかな。
                       Asako

posted by tomato at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年09月27日

かんぴょう

0927yugao.jpg

思いがけない方から、無農薬無化学肥料栽培の夕顔をいただきました。夕顔といえば源氏物語のはかない女性のイメージだったのに、実はこんな大きいの。10kg以上あるんじゃない?

0927wagiri.jpg

食べきれるかな〜と心配していたけど、案外ワタの部分も大きくて実は少ないかも?

0927kanpyo_1.jpg

輪切りにして、皮をむいて、あとはひたすらかつらむき。

0927kanpyo_2.jpg

むいてむいて、途中でぶちぶち切れながらもくるくるむいて・・・

0927kanpyo_3.jpg

今の時期には使っていない育苗ハウスに干してみました。

0927kanpyo_4.jpg

短くなってしまったものももったいないので、網に入れて干してみましたよ。無農薬無化学肥料栽培無漂白手作りかんぴょう。なんてぜいたく!

かんぴょうを作るにあたっていろいろ検索してみたら知らないことがいっぱいあった。農家は夕顔を栽培して実を工場に出荷するんじゃないみたいね。(参考ページ

生物多様性農業支援センターの田んぼにまつわる人のページの中に夕顔栽培について詳しく載ってて、興味深いです。お時間のある方はぜひ!

http://basc.jp/zukan/human/
                          Asako
posted by tomato at 08:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年09月02日

おいもとタマネギ

地域の誰と話しても「いい話」はありません。お天道様のなさることはきびしいなと思いつつ、こういうときにどういうことをするのがベストなのか模索中。

ふてくされるか、めそめそ暗ーく過ごすか、さっさとあきらめて遊びに行っちゃうか、できた時間で普段できないことをやるか、その違いがきっと来年以降の出来にもかかわってくるんでしょうね。

0902poteto.jpg

いもほりをしました。今年のおいもはちょっとどうかな?と思っていたのに予想に反して上出来。数は少ないものの、大きいサイズがごろごろできました。早速じゃがバタにして食べました。フレッシュな新じゃがの味が、なんだか懐かしい。当面の献立はコレに決まり(笑)

0902onion.jpg

逆にタマネギは「いい感じ♪ケチャップにも使おう!」と思っていたのに雨が入ったのか、一部腐ってしまってがっかり。タレイアもタマネギ拾いを手伝ってるつもり?

0902tomato.jpg

久しぶりに名寄のショッピングセンターに買い物に行ったら、いろいろ珍しいものがあってつい買ってしまいました。

「さっぱりとした味わいの大人向けケチャップ」野菜が大粒で入っているらしい。うん!こういうのが作りたいのよ。

それからトマトピューレは「150gで完熟トマト5個分」、買わなかったけどケチャップにも「大さじいっぱいでトマト一個分」と書いてあったし、「もっと野菜を手軽に取りましょう」というキャンペーンなのかな。トマト関連に限らず、家族にもっと野菜を食べさせたいけど忙しくてできないと思っているお母さんたちをお手伝いするような商品がずいぶん増えたなぁと思いました。メーカーさんもいろいろ考えてるのね〜。
                          Asako
posted by tomato at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年06月19日

トマトそうめん

0619tomato_soumen.jpg

先日生協さんで「サラダそうめん用トマトつゆ」というものを見かけたので買ってみました。

0619tomato_soumen2.jpg

うちにあったいただきものの小麦の新芽入りそうめんに、いただきもののフルーツトマトとうちのアスパラを載せてみました。そうめんが緑なのにつゆが赤。なんだか食べる前から微妙な雰囲気。お味の方は・・・なんと申しましょうか・・・「普通の人はこれをトマト味と思うの?」という感想。トマトジュースとも違う和風でレモンのきいた味なんだけど、うーん。うちのトマトが赤くなったら自作してみるかな?

最近のお仕事は毎日トマトの誘引。エンドウやきゅうりとは違ってトマトは自分で絡まっていってくれないので、ひもをつけ終わっても誘引は終わりません。わき芽も伸びてきたらとらないとならないし、ハウスの周りの草も刈らないとならないし、選果場の準備もしなくちゃならないし、etc.etc.去年よりはだいぶましですが、早起きしてやってもなかなか追いつかないネ〜。

話題は変わりますが、昨日別な用事で行った先輩農家さんのフルーツトマトのハウスを見せてもらいました。目指すところが違うとまったく違う株姿になるのだと新しい発見。(品種も違うせいもあるかも?)最初のちっちゃい苗の時にはいくらも違わなかったのにね。家に戻ってから反芻しながら、いろいろイメージトレーニングしてみました。
                          Asako
posted by tomato at 13:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年06月03日

ハルユカタのパスタ

0530pasta.jpg

先週昼休みに自宅にもどったらポストの中になにやら美味しいものが・・・。カオルさんが持ってきてくれたみたいです。「田畑さんがハルユタカで作った〜」と書いてあったのは、たぶん田畑製麺さんでしょう。

0530tomato_pasta.jpg

トマトソースがお勧めということだったので、ナスとアスパラのトマトパスタにしました。もちもちして美味しい♪今回はちょっとあっさりソースにしてしまったけど、ミートソースやビーフストロガノフのようなこっくりしたソースがあうかも。

タリアテッレという太麺パスタなのかな。もっと幅を広くしてラザニア用の麺にしても美味しそうです。どこかで買えるのかな?今度ウチで作ったトマトピューレをお礼に持っていって、もっと話を聞いてこなくちゃネ。カオルさん、どうもありがとう!

0530thyme.jpg

ちょうどタイムが摘心するくらいの大きさだったので、生ハーブ入り。ごちそうさまでした〜♪                         Asako
posted by tomato at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年04月04日

紫花豆

0404hanamame.jpg

最近おじさんとおばさんになってきたのか、あまり肉を食べなくなってきました。でもそれじゃたんぱく質がたりないかなーと思って、今はまっているのが煮豆。

これは1月にアルパカ牧場へ遊びに行った帰りに剣淵の道の駅で買った紫花豆です。色合いがとても美しい。この間のトラ豆もなんでこんなにきれいな模様なんでしょうと思うくらい、自然の彩色は本当に不思議。剣淵の道の駅は、夏は地元産野菜があるようですが、冬もこういう地元農家さんの乾物を置いているんですね。

0404mame.jpg

一晩うるかしておいて、朝ハウス仕事に行く前にストーブに乗せておくと昼ごろにはちょうどよく煮えています。今回はちょっと煮汁が少なくてしわがよっちゃったけど、お砂糖とお湯を足しておいたら翌日にはふっくらもどっていました。大粒でおいしかったよ〜。

このほか写真はないけどくらかけ豆というのも買ってみました。おすすめレシピの、浸し豆にしたのですが、とっても美味しかったよ。
                          Asako
posted by tomato at 15:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年03月21日

オールドファッション風ドーナツ

0321donuts.jpg

今のパソコンには画像編集ソフトが入っていないので、いろいろと不便です。今回はオンラインで画像サイズ変更サービスを提供してくれているimage440さんにお世話になりました。サイズを変更するだけでなく、どのくらいきれいに圧縮するか選べるようです。

ちょっと検索したら、サイズ変更だけでなく色調を変更したり画像を切り抜いたり、今はかなりのことがオンラインできるんですね〜。

昨日はオールドファッション風ドーナツを作りました。見た目はばっちりだけど、もうちょっとカリっとしてほしいし、もうちょっと味の締りが足りないというか・・・。某ドーナツショップのレシピを知りたいなぁ。
                          Asako
posted by tomato at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年01月28日

トマトようかん

0128yokan.jpg

餡之助さんが「何か甘いものが食べたい」と言うので、このあいだオクザキさんが作っていたのを真似して、トマトようかんを作ってみました。うちには白餡がなかったので、お豆を煮るところから。果てしない道のりでした。

0128mame.jpg

白いお豆は隣町の道の駅で買った名無し豆さん、450g 315円。一晩でこんなにふくれました。

で、感想は


餡之助  これはようかんじゃない。別な何か。とても美味しいけど、ようかんじゃなーい!

麻子   そう?じゃ、トマトの寒天寄せ?

餡    そんな美味しそうじゃない名前はダメ。もっと美味しいの

麻    ジュレ・ド・トマテ とか何か、舌を噛みそうな名前?でもあんこと寒天でやっぱりようかんだと思うけどなぁ

餡    ええー、ようかんじゃないよ

以下 延々と続く
                        Asako
posted by tomato at 09:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 料理・保存食

2010年01月26日

手作り豆腐

0126tare.jpg

タイレアのおでこにナニカができました。いろいろできやすい性質なので、しばらく様子をみていたのですが、だんだん赤くなってちょっとずつ大きくなっているような気もしたので、病院に連れて行きました。

「たぶん加齢によるもの」とのご診断。「犬はヒトより早く歳を取るので、そのことを忘れないようにしてください」と先生からアドバイスをされて、ほっとしつつ、ちょっとさみしくなりました。

--- ここから本題 ---

せっかく名寄まで行ったので、アレを買ってきました。アレとは・・・

0126tofu.jpg

豆乳とニガリ。

この間の味噌づくりの時に、大豆を煮ている匂いがとても美味しそうだったので、「今度女性部で豆腐作りをしたらどうかな〜」と提案したら「えー、結構大変よ」とあえなく却下されてしまいました。「でも豆乳を使えば自宅でも簡単にできるらしいわよ」と教えてもらって以来、気になっていました。

0126tofu_1.jpg

そしてネットで作り方を調べて作ってみたのがコレ。うーん、微妙・・・というかにがいよぅ。しかもあまり固まっていないし。

どうもわたしの買ったにがりは「飲用?」でマグネシウム分が少なくて、たくさんいれないと固まらないらしいです。でもお店を2軒まわっても「豆腐用にがり」はなかったの。多めに入れた結果苦かったのか?それとも温度が高すぎてしまったから?牛乳パックの型のせいじゃないよね?

原因はよくわかりませんが、気を取り直して、電子レンジバージョンを試してみることにしました。

0126tofu_3.jpg

耐熱の計量カップに豆乳を100cc(失敗するともったいないのでちょびっとでテスト)。そこにニガリを4.5ccくらい(ニガリについてきたキャップで量りました)。それをお箸でぐるぐるかき回してからレンジに入れます。

電子レンジの弱(うちのは200w)で5分半くらい加熱すると茶碗蒸しっぽくなるので止めます。(出力により加熱時間が違うらしい。豆乳の濃さとにがりの量にもよるらしい。「らしい」ばっかりで全然参考になりませんね。あ、調整豆乳だと固まらなかったりするらしいです。)

0126tofu_2.jpg

それを「みそこし」に「油こし紙」をセットして流しいれます。余談ですが、うちにある「みそこし」は結婚するときに買ってもらったものですが、「味噌汁に豆のつぶつぶがある方がいい」というトマト氏の意見により、「味噌を漉す」ために使ったことはほとんどありません。代わりにお菓子作りの時に、粉をふるったり、あるいはプリン液を漉したり、と大活躍しています。ひっかけるところが二ヵ所あって便利です。

0126tofu_4.jpg

こんな感じ。しばらく洗いカゴにひっかけたまま、水を切ります。ちょっとゆるいようなら、お豆腐の上に水を入れたコップをのせて少し押すといいかも。

この時流れ出る水が結構苦かったので、もしかしてニガリ?もしニガリなら流しに捨ててしまわないで、畑にまいたらいいよね〜。世の中には農業用のニガリも販売しているくらいです。マグネシウムをはじめ各種ミネラルがたっぷり入っています。

0126tofu_5.jpg

ジャーン!できあがりがコチラ。100ccの豆乳でこんな可愛らしいお豆腐ができました。やわやわで、お豆の味がしっかりして、甘くておいしーい!

作り方を忘れないうちにブログに書いてみました。(^^)

今回買った豆乳 900ml 210円、ニガリ 450ml 785円。ちなみにこの有機豆乳はカナダ・アメリカ産大豆使用。ネットでの情報によると乾燥大豆500gから600gちょっとのお豆腐しかできないようです。国産の有機大豆は1kg 1000円以上しますから、まともに作ったら結構なお値段になるんでしょう。

世の中には大豆油(サラダオイル)をしぼった後の大豆カスから作るお豆腐もあるらしくて(本当?)そういうのがセールになっています。まっとうな材料でまっとうに作るとそれなりのお値段になるのに、激安を選ぶ消費者の方が断然多いんだろうなぁ。うちだってビンボーなので、高いお豆腐は買えないけど、なるべく国産大豆のお豆腐を買うようにしています。おとうふ屋さんも大豆農家さんも大変だなぁ。
                           Asako

posted by tomato at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・保存食