2020年02月14日

苗の準備

IMGP3828.JPG

さっき農協さんがプラグ苗を届けてくれました!いよいよシーズンの始まりと思うとわくわくしますね♪(^^)


R0023766.JPG

ブログはサボりがちですが、ちゃんと農作業は予定通りやっています。

ハウスの準備と並行して苗のための準備をします。まずはビニールポット(育苗用の鉢)に土を詰めます。町内最新の育苗施設では全自動で機械がやってくれるそうですが、うちはローテク…。手で詰めていきます。

今月は最低気温がマイナス25度以下になる日もあり、ハウスの中に積んである土もカチカチに凍っています。苗のないハウスは暖房を入れていないので外気温の影響をモロに受けてしまうのですね。日中は晴れれば外がマイナスでもそれなりに暖かくはなりますが、夜は外といくらもかわりません。マイナス20度以下になると袋の形のままがっちりしばれてしまいます。そうなると昼間に少し暖かいくらいでは融けません。

昔地理の時間に「永久凍土」という言葉を聞いて、土が凍るってどんなことなんだろう?とイメージできませんでした。今はハウスの準備でも育苗の準備でも日々凍土と戦っています(笑)

R0023768.JPG

カチカチになってしまった土を体重をかけて割り、手でモミモミほぐして、さらさらにします。

R0023778.JPG

そしてポッターを使って、ざっと詰めたあと、手でひとつひとつ押して詰めていきます。なんとなくなんですが、ひとつひとつ丁寧に手で押していくのがいいような気がするのです。

2人で土詰めをしながら、トマトの話をしています。土の香りのするハウスで作業しているといろんなことを思い出します。あんな年、こんな年、あのハウス、このハウス、こんな天気、あんな天気…。土の香りと手の感覚を通して毎年のトマトの観察の記憶を呼び覚ましているのかもしれません。

またハウスで一日作業していると、このくらいの明るさだとこのくらいの暖かさ、お日様は何時ごろ陰ってくるか、そしてそれに伴って急速に冷えてくるな…とか、暖房がついてすぐはこんな感じで、暖まってくるとこんな感じ、と、自分たちがトマトになった気持ちで気温や日照の変化を感じます。そしてそうやって体得した気温イメージはは案外「温度計の数字」よりも、トマトたちが感じる温度変化を想像するのに役立っているのだと思います。

R0023779.JPG

土を詰めた鉢は並べて古いビニールをかけておきます。

R0023780.JPG

こうすると土も温まってきて、トマトの苗を植えた時に根が冷たくならなくていいのです。土がちゃっこいと(冷たいと)根っこもびっくりしちゃうからね。


R0023781.JPG

今年も育苗トレイの間にいててふが挟まっていました。

R0023777.JPG

気温が上がると元気になってきます。ミチノリさんにこの蝶の名前を教わったけど、忘れちゃった。キタテハかな?
posted by tomato at 15:36| Comment(0) | 農作業

2020年02月12日

わかりやすい写真があったので

写真をアップしておきます。ほぼ同じ場所から撮った写真です。

2018年
0212_18snow.JPG

今年
0212snow.JPG

全然違うね…

                      Asako
posted by tomato at 12:51| Comment(0) | 農作業

ハウスの準備をしています

R0023763.JPG

ハウスのビニールを下ろす準備をしています。今年はとても雪が少ないので、平年に比べて除雪が楽です。

R0023770.JPG

どのくらい少ないかというと…

2018年03月01日
R0023166.JPG
この日のブログはコチラ→☆

今年
R0023773.JPG

同じハウスで撮った写真なのですが、全然違いますね。もちろんハウスの入り口付近だけの差でなく、農場全体というか、下川全体というか、どこもかしこもこの雪の厚みが異なってるってことは何千トン?(千トンより大きい単位ってなんだろう??)も違ってしまってるというわけで、「楽だね〜」なんてのんきに言ってる場合ではないのかも。

夏に地面の下の水が足りなくなるのではないかと今からちょっと心配。この間育苗準備のために井戸開きをしたのですが、水面がものすごーーーーく下でした。いつもこの時期(積雪期)の水位は低いのですが、それを差し引いても一段と低い感じです。どんな夏になるのでしょうね?

                     Asako
posted by tomato at 09:03| Comment(0) | 農作業

2020年01月01日

今年もよろしくお願いします

IMGP3597.JPG

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします♪(^^)

大荒れの予報に反して、まあまあな年明けです。今年はとても雪が少なくて助かる反面、夏の異常気象を想像するとどうなってしまうことやらやや心配もあります。でもみんなで明るい気持ちをしっかりもって良い年になるようにがんばってまいりましょう!

今年も精一杯がんばってまいりますのでどうぞよろしくお願いします。

豪之助 麻子

IMGP3582.JPG

今年も一番最初は上名寄神社のお参り。

IMGP3584.JPG

30日に、近隣公区の班長さん・役員さんと氏子総代(?)のみなさんで除雪をしてくれたので、参道は歩けるくらいの雪しか積もっていません。(31日の吹雪で埋まっているかと思ったら、意外と積もっていませんでした)

IMGP3585.JPG

へっへっへっ、今年も一番乗りだもんねと思ったら、きつねに先を越されていました。


IMGP3590.JPG

うう、うさぎもお参りしているようです。なんだ3番目だー。


IMGP3586.JPG

あまり多くは望みませんので、今年はどうか「平年並み」の天候でお願いします、とお願いしてきました。


IMGP3592.JPG

戻ってきてからまず、除雪、そして、冒頭のおせちです(^^) なんだ、今頃になって晴れてきたよ?これならもうちょっとのんびり初詣に行ってもよかったのかな…。ま、結果オーライって感じでしょうか。

                             Asako


posted by tomato at 10:27| Comment(2) | 農作業

2019年10月22日

学生さんたちが来てくれました

1020obichiku.JPG

一昨日の日曜日に、 坪内俊憲先生と帯広畜産大学の学生さんたちが体験実習に来てくれました。(本来の実習は鹿だったのですが、合間の時間にアテネファームに寄ってくれたのです)

もう下川は天気予報に雪マークがついたり消えたりしているくらいの季節で、ビニールハウスは片付けの季節ですが、畑にくる動物・昆虫たち、菌ちゃん、トマトとわたしたちの関係や環境に対するアテネファームの思いをお話したり、実際にビニールハウスの片付けのお手伝いをしてもらったりしました。

最初は獣医学科の学生さんにトマトの話をして面白いんだろうか?と思ったりもしたのですが、自由に好きなことをお話したところ、みなさんとても興味深く感じてくれたようです。わたしたちも懐かしい昔を思い出したりしてとても楽しかったです。

また来てね〜                   Asako
posted by tomato at 08:13| Comment(0) | 農作業

『野菜の値段の9割は中間マージン』は間違いです

インターネットでは衝撃的な話のほうが拡散スピードが早くて、ちゃんと元のニュースやソースを確認しないまま、一緒になってぷんぷん怒る人たちが多いです。

でも中にはちゃんとそれを「待って!それおかしいよ!」って言ってくれる人もいます。 山本 謙治 (Kenji Yamamoto) さんのこの記事はまさにそういうもの。

以下やまけんさんの記事へのリンクです



農家の実感としても9割も中間マージンでもっていかれちゃってることはありません。やまけんさんの記事にでてくる数字のほうが近いです(野菜の種類によってたぶん農家の手取りは違うと思う…高級野菜は農家の手取りはもっと少ないかな…)

それに「中間業者ががっぽり持っていっちゃう」なんてことはなくて、途中の農協さんも流通業者さんも卸さんもスーパーさんも近くでみているとお仕事のわりに利益が少なくてたいへんだよなぁ…と思うくらい。

−−−

世の中の仕組みにぷんぷん怒る前に、安売りばかりに飛びつかないで、誠実に手間ひま時間をかけて育てた野菜がその値段でほんとにいいのかなって考えてくれたらいいのになと思います。

                         Asako
posted by tomato at 08:11| Comment(0) | 農作業

2019年09月24日

一緒にアシスト瓦を作りませんか

この間の台風15号で多くの被害のあった千葉県…。ニュースでみるとブルーシートで屋根を覆っているおうちもたくさんあります。まだ正確な数字はでていないようですが、被害は4万棟とも言われています。

北海道に住んでいると瓦屋根のおうちは少ないので、あまり想像できないかもしれませんが、ものが飛んできて屋根の瓦が割れてしまうとそこから雨漏りしてしまうの。割れただけでなく、瓦が飛んだり落ちたりしてしまっているおうちもたくさんあります。でもすぐに全部のおうちの屋根を直すことはできません。というわけで、ブルーシートに代わって本物の瓦が来るまでの一時しのぎの「アシスト瓦」というわけです。

簡単な工作でできるので一緒に作りませんか?できたアシスト瓦は 災害救援 レスキューアシスト さんへ送ります。


れいちゃんと相談したのですが、工作そのものは簡単なんだけどけっこう広い場所が必要なので、うちの育苗ハウスで作業することにしました。

ダンボールを測って切ったりするのはけっこう面倒なので、農作業の合間にパートさんにも手伝ってもらって、これまでに100枚以上作っておきました

あとはシートを測って切って、テープでとめて、(書きたかったら)メッセージを書いて…かな。一人でやってると数枚作るのもたいへんだけど、みんなでおしゃべりしながら流れ作業ならきっとたくさんできるよ。

26日木曜日、午後1時から4時くらいまで作業しています。お手伝いしてもいいな〜という方がいたら、遊びに来てね♪
IMGP3300.JPG

IMGP3304.JPG

IMGP3302.JPG

IMGP3305.JPG

IMGP3307.JPG

100枚で何軒の屋根になれるんだろう…気が遠くなるくらいの支援が必要だよね…
posted by tomato at 19:31| Comment(0) | 農作業

2019年08月12日

移動支援Reraの話

わたしたちが農業を始めて間もない頃、新米農家は仕事がのろくてどうにもならないくらいトマトたちのお世話が追いつきませんでした。そんなとき、沖縄でお仕事をしていたヒロコが「そんなに困ってるなら、行くわ!」と、ぴゅーんと日本縦断して助けに来てくれました。もう身体も限界、心も折れかけているときに本当に神さまに思えたよ。あれはもう10年くらい前??(^^;

そんな村島弘子さんが震災後に石巻へ駆けつけて、困っている人たちの送迎をするボランティアのスタッフして働き始めた。そしてどんどんボランティアの人たちが入れ替わる中、気がつけば「一番長く続けている人」になり、さらに「だいひょう」になり、困っている人たちを助け続けるために、状況や周りの対応に泣いたり怒ったりしながら仕組み作りをしてがんばってきた。

今一緒にがんばってくれてる仲間の多くは、きっとヒロコの熱い想いに共感して惹きつけられてしまった人たちだろうと思う。

今はもう災害支援というよりは、日々困っている人たちにとって、なくてはならない活動になっている。ただ困っている人というなら助けきれないくらいいる。だから最初のきっかけの「移動に困っている人」というところから、自分たちのできることの中で、どんなことができるだろう?と一生懸命考えて、思いがけない活動を生み出している。

きっと行政とか、大きな組織じゃできない柔軟性で、大きな目で見て何が必要だろう?と考えていった結果だろうと思う。お出かけとか菜園とか本当に喜ばれていると思う。

笑顔が広がるってことは生きがいや幸せを感じるってことで、ただの目の前の問題解決ではない、すごいことだち思うんですよね〜。こういうのって既存の言葉で表現できない 。数字にしにくいから、評価されにくくて残念。もっとみんなにヒロコたちの活動を知ってもらいたいなぁと思いつつ、どうやって紹介したらいいんだろう?と思っていたところ、NPO法人 移動支援Rera の活動を、実際にボランティアとして長く参加しているライターさんが力作記事にまとめてくださったのでご紹介します。

ぜひぜひ読んで欲しいです。

IMGP3033.JPG
このお写真はReraのボランティアさんの撮影したものです。クリックすると介護ポストセブンさんのサイトの『移動困難者を支える活動レポート|東日本大震災時から活動を続ける石巻の「Rera」とは?<第1回>』の記事にジャンプします。

3回シリーズ 1回目
https://kaigo.news-postseven.com/16911

2回目
https://kaigo.news-postseven.com/16918

3回目
https://kaigo.news-postseven.com/16926

災害支援というとフッコーチョーのなんとかがかんとかで、10年をめどに見直しになっちゃうらしい。でも10年経って困らなくなる人もいるかもしれないけど、依然として困っている人たちもいるわけで、これからさらに支援が必要だと思うんですよ。どうしたらいいんでしょうね…。

Reraさんの支援についてのページ
http://www.npo-rera.org/supporter.html

                         Asako
posted by tomato at 18:30| Comment(0) | 農作業

2019年08月10日

食料自給率のブログ記事ご紹介

つい先日近くの小麦畑が刈り取られ、農協の行き帰りに見る田圃も色づいてきたなぁと感じている今、このやまけんさん(山本謙治さん)の記事はとてもタイムリー。

やまけんの出張食い倒れ日記

この間、下川りくらしネットさん主催の幕内秀夫先生の「粗食のすすめ」でも、パンじゃなくてごはん食をすすめていました。子どもたちの胃袋はとても小さいので、お菓子や清涼飲料水でカロリーが満たされてしまうと食事が入らなくなってしまう(先生のお話をいつか書きたいと思いつつ、書き始めると長くなってしまうので、バッサリ要約ですみません。もっといろいろぎゅっと詰まったご講演でした)

また、先月は東北で菜種油を作ってる方、関西でゴマ油を作っている方とお話する機会もあって、まじめに作られた日本の油の美味しさをもっとみんなに知ってほしいなぁと思って帰ってきたところ(この話もいつか書きたいと思いつつ、書き始めると長くなってしまうので…以下同文)

いろいろ頭の中でそよそよとぐるぐると回っているんだけど、言葉になってでてきません。そんなときこのやまけんさんの、力作記事で胸にストンと落ちる言葉がありました。「日本の食料自給率が低い一番の理由は、日本で生産しやすい食料を日本人自身が選んでいないから」

そうなんだ!日本人が何を選んで買って食べたか、が、つまり数字になっているわけで、食料自給率を改善したかったら消費者が何を選ぶかで簡単に変えられるじゃないかってことなんだ!

自給率だけでなくて、自分たちの選んで食べてるものが経済や未来や自分の身体も国土も地方(ローカルに人が住むことも)も作っているんだよ。ああ、いっぱい思うんだけど、まとめられません…

---

やまけんさんのこの記事にはもっとたくさんのことが書いてあって、みんな時間をかけて読んでみたらすごくいろいろ考えることがあります。ぜひみなさん 時間を作って お読みください。

                    Asako
posted by tomato at 10:06| Comment(0) | 農作業

2019年08月04日

オンラインショップ

IMGP3033.JPG

アテネファームのオンラインショップをオープンしました♪

今年は早春からおひさまいっぱいで葉っぱも立派に育ってとても美味しくなっています。先にお送りしたお客さまからも届いたその日に「毎年この味を待ってるのよね〜」とのうれしいメッセージとともにリピート注文がありました。(^^)/ヤッター!がんばって育ててる甲斐があります。

ご注文は下記URLから承っております。みなさまのご注文、おまちしてまーす♪

https://athenefarm.easy-myshop.jp/
posted by tomato at 12:57| Comment(0) | 農作業

2019年08月03日

そろそろ

IMGP3036.JPG

最近は日々赤くなるトマトに追われ追われて、いろんなことが遅れています。(メールのお返事とか事務とか、トマトの管理作業とか…自分の能力不足を実感します。(^^;)一番の原因は春から続く暑さなんですけど…。自然のありように対して人間のできることは少ないなぁといつも思います。

明日くらいにネットショップをオープンしようと思っています。お待たせしてごめんなさい♪

全国的に暑さが続いているようですが、みなさんもアテネファームのトマト食べて、熱中症にならないようにがんばりましょうね〜。

                       Asako
posted by tomato at 06:26| Comment(0) | 農作業

2019年04月13日

農民の視点 展

0413photo.jpg
クリックすると大きくなります

一昨年に続いて2回目の、農民の視点 展をやっています。長年のブログ読者さんはもうご存知と思いますが、うちのトマトの師匠はただの農民ではなく、画家でもあるのです。その農民画家さんに誘っていただいて、トマト氏の写真も展示させていただいています。お近くにいらっしゃることがありましたら、ちょっと覗いてみてくださいね♪

会期 2019年4月12日(金)〜21日(日)
   15日(月)は休館日です
場所 名寄市北国博物館1Fギャラリー
   名寄市緑岡222 01654-3-2575

この展示会の様子をNHKさんが放送してくれるそうです。
こちらも良かったら見てね♪

4月15日(月)18:50〜55分 道北地方向け
「旭川発 ほっとニュースどうほく 見る知る」

4月18日(木)18:10〜19:00の 「ほっとニュース北海道
JIMOTO情報」コーナーの、たぶん40分頃の放送に
なるらしいです(すみませんよくわかりません)
こちらは道内全域でみられるそうです。

残念ながら、選挙の都合でお名前の放送はありません。

                            Asako

posted by tomato at 08:42| Comment(0) | 農作業

2019年04月02日

つぼみが開いてきたよ

0402tomato.JPG

つぼみが開き始めています。この花が咲いてから赤い実になるまで約2ヶ月かかります。トマトの季節はまだまだ先だなぁ…

今のところ育苗も順調です。葉も肉厚で切れ込みが深く、一枚一枚がこじんまりとしていて、フルーツトマトの素質をよく備えた良い娘たち。産毛もびっしりです。スパルタ母の愛にしっかり応えてくれています。(^^)

                            Asako
posted by tomato at 08:20| Comment(0) | 農作業

2019年03月15日

苗も元気に育っています

アテネファームでは一度に作業が重なってしまわないように、少しずつ時期をずらして苗を育てています。

0315tomato2.JPG

一番早く来た子たちはだいぶ大きくなってきました。ほんの小さなつぼみも見えています。

0314tomato1.JPG
見えるかな?

0315tomato3.JPG

一番若い苗はまだやっと本葉が出てきたところです。かわいいなぁ。みんな良い子に育ってほしいです(^^)


苗の面倒をみるのと並行して、トマトを植えるハウスの準備も進めています。

下川町は雪が多いのでビニールハウスがつぶれてしまわないように冬の間は被覆資材をめくってホネだけにしています。それを除雪してビニールを張って雪を融かして肥料をまいてトラクターでおこして…そんな準備をいろいろやってからトマトを植えるのです。今からハウスの準備を始めて植えられるようになるのは4月の終わりからGWのころです。雪の多いところでのトマト作りはいろいろ手間もかかりますが、ミネラルをふくんだたっぷりの雪解け水が土を洗い流してくれるので悪いことばかりではありません。

0315tractor.JPG

今年は思いがけない事情ができて、地域の大親分のカズユキちゃんが除雪をしてくれることになりました。カズユキちゃんのトラクターはものすごく大きくて足もゴムのキャタピラーでできています。しかも走るのがとても早い!雪の上ではタイヤのトラクターよりもすいすい自由に走っていきます。うちが1週間くらいかけてやる分量をなんと2時間ですっきり綺麗にはねてくれましたよ目がハート  カズユキちゃん、どうもありがとうございます!

                        Asako
posted by tomato at 08:36| Comment(0) | 農作業

2019年02月18日

トマト苗

0216nae.JPG

今年も苗が来て、いよいよシーズンの始まりです。これからゴールデンウィークの頃までは、常に育苗ハウスの温度を気にかけていきます。もちろん夜中も何度か温度チェックだし、どんな作業の途中でも晴れたり曇ったりするたびに温度を見て育苗ハウスへ走っていってあけたりしめたり…。でもこれがなかなか楽しいのです♪

この子たちは◯クレンさんから買った苗ですが、去年に引き続き、今年も自分たちで種まきもしています。

--------------------

全部自分のところで種まきしないの?とよく聞かれるのですが、現実的にはかなり厳しいです。わたしたちも本当は一番最初の苗から種まきして育てたいけれど、そうするためには逆算するとお正月過ぎに種まきをしないとなりません。それはつまりハウスの暖房もその頃(厳寒期)から入れるということで、それはそれは暖房費が恐ろしいほどかかってしまいます。

種まきしてすぐの頃は面積にしてほんの1畳分ほどの苗たちなんだけど、無暖房というわけにはいきません。知人に「じゃあ、小さいハウスを作ったら?」と言われたのですが、小さいハウスは雪に弱いし(ホネも細い)小さい空間で暖房をすると、暖房が点いた時とそうでないときの温度の上下が激しくなりすぎます(トマトたちが可哀想)。ある程度の空間が必要なのです。それなりに雪に耐性があって、日照もしっかり確保できて、ゆったりとした温度変化…しかも、途中で水をやるために人間が入れるくらいの大きさで、井戸から水を汲むことができて、できれば暖房費が控えめで…そういう夢のようなハウスがあったらいいのになぁ、無理か、ははは (^^;

0209hashu.JPG

というわけで、後半に植える苗の分を自分たちで種まきしています。これは2月第一週に種まきをしているところ。一番上の写真の苗が来たら育苗ハウスに暖房を入れるので、その頃に芽を出すように計算して種まきしています。
種まきしても、まだ地表に出てこないうちはホットカーペット(農業用)の暖房だけでも大丈夫です。1000粒以上根気よくぽちぽちと蒔いていきます。老眼なのでキビシー!笑

0217tane.JPG

この子たちは、今はこんな感じに育っています (^^) ちっこくてめんこいのぅ。

0209tane.JPG

さらにお友だちのトマトも追加で蒔きました。これで50粒。見たところそんなに入っている感じはしないのだけど、誰かが数えていれているのでしょうね。

0218dougu.JPG

今年導入した便利な種まき道具をご紹介します。つけねのところギザギサがポイントで、ここをコリコリすると振動で少しずつタネが落ちていくのです。動画のリンクを貼っておくので、興味のある方は見てね。



                                Asako
posted by tomato at 08:57| Comment(0) | 農作業

2019年01月25日

土の搬入

R0023582.JPG

今日はいよいよ土搬入の日。直前にドカドカ雪が積もって、それを今朝からがんばってなんとかコースに仕上げました。降ったばかりの雪は締まらず途中で詰まってしまうので、ところどころパネコートで補強しました。午前中いっぱいかかってなんとか下まで滑り落ちるようにしたのですが…


R0023585.JPG

R0023586.JPG

R0023587.JPG

現在国道が工事中で狭くなっているので、長時間トラックを止められないとのことで、結局ソリで搬入となりました。S運輸のみなさん、ありがとうございました。そして本当にお疲れさまでした!


帰りにトラックが取り付け道路の坂道を登れるか心配したのですが、今年から(?)四駆のトラックになったので大丈夫なんだそうです。なーんだ、じゃ来年コースを作らなくてもいいの?と聞いたら、いやー、コースを滑ってくるのを受け取るほうが断然楽だよ!とのご意見。---来年もがんばります。

                    Asako
posted by tomato at 16:08| Comment(0) | 農作業

2019年01月16日

スロープ作り

R0023567.JPG

今年も土搬入の準備が始まっています。今年は雪が少ないのでスロープ作りも苦労しています。トラクターや除雪機で寄せてようやくハウスまで届くギリギリ。

R0023568.JPG

上からみると結構な角度ですがヨコからみるとそんなでもありません。角度が少ないと途中で詰まってしまいます。搬入日までにスロープできるかな…

                            Asako
posted by tomato at 09:15| Comment(0) | 農作業

2019年01月09日

新規就農の新年会

毎年恒例の新規就農者の新年会。ここ数年急速に人数が増えていつもの場所がいっぱいになってしまったので、今年は大広間を借りました。お料理飲み物もちより形式なので、大広間を借りても一家族あたり会費170円でごちそういっぱいなのです。(写真撮り忘れた)

IMGP2440.JPG

みんないい笑顔だね!

最初の頃は延々と深夜までトマト談義が続くフルーツトマト研究会のような様相だったけれども、いろんな栽培方法になり栽培方針もいろいろで以前のような脂っこい(笑)話にはなりません。何やらおめでたい話もあったようです揺れるハート

うまく言えないけれども、新しく農業を志す人たちが困難に直面したときに、同じ苦労をした(あるいは不器用な分もっとたいへんな思いをした)ちょっと先を歩いている先輩として細い道筋をしめせたらいいなと思ったりしています。いろんなことがあっても一生懸命ジタバタ努力していたら、いつか何かになるから(え?その程度じゃだめ? (^^;)最初の気持ちを忘れないで行ってほしいなと思います。

0109spice.jpg

毎年お料理を何を持って行こうか迷うのですが、今年はこだわりカレーに挑戦してみました。

20種類ものスパイスが入っています。一つひとつのスパイスの香りは漢方薬のような(決していい香りとは言いがたい)ものなのですが…

0109curry.jpg

渾然一体となると、あら、不思議、おなじみのカレーの香り (^^)

そして出来上がり写真も忘れてしまいました…。んもうっ!でも「美味しい〜っ本格的〜」との声が聞こえてきたので良かったのでしょう♪

                            Asako
posted by tomato at 09:50| Comment(0) | 農作業

2018年12月16日

プチギフト

IMGP2394.JPG

つぶとま、こしとまの小さいバージョン ぷちつぶ、ぷちこし のプチギフトを作ってみました♪

なめらかな こしとま も食べたいけど、たねのぷちっとした つぶとま も食べたい!どっちにしようか迷っちゃう〜っというアナタのために(笑)セットにしてみましたよ(^^) オンラインショップと、町内のお店やさん(美花夢さん、マルウささきさん、五味温泉さん)と梨の花さんに置いていただいています。

クリスマスプレゼントにほしい〜っと誰かさんにおねだりしてみましょう揺れるハート


IMGP2371.JPG

今年は秋に暖かい日が続いていたので、急に冷えてびっくりしました。先週はけっこう冷えて木曜日はマイナス15.6度!工房の窓もぴりぴりとしばれています。

IMGP2372.JPG

寄りでみてみるとこんな感じ…

IMGP2374.JPG

ちょっと窓が汚れていますが
クモの巣がはるようにピピーっと線状にしばれています。霜がつくといってもアラベスク模様になったり線になったり、たしか空気中の水分量とか冷えるスピードだかそういうので模様が変わるんだそうです。面白いですね。

IMGP2378.JPG

この日は野うさぎが走り回っていたみたいです。あっちにいったりこっちに来たり?玄関から庭のほうまで回っていました。

IMGP2380.JPG

そんな寒い日でも工房の中は暖かくしているので大丈夫。朝から晩までかかってソース作りをしています。トマトのいい香りに満ちて幸せな気持ちになります(家事をサボれるしね、へへへ (^^;)
posted by tomato at 12:27| Comment(0) | 農作業

2018年11月30日

都市を耕す 街を食べる

1130movie.jpg

明日12月1日は、ゆっこさん( 田中 由紀子 (Yukiko Tanaka)さん)の映画会があります。以前インクレディブルエディブルの映画を観たことがありますが、たぶん、そういう話。

イギリスはいわずと知れた大園芸国でありますが、トッドモーデンという小さな町では花壇や駐車場のはじっことか、公共施設の植え込みにも野菜を植えて(それも見た目も美しく←ここ重要)誰でもそれを収穫して食べちゃっていいらしい。通勤の途中でそろそろキャベツのシーズンね…帰りにはあそこでトマトをいただいて、あっちに寄ってハーブを摘んで…ってやったりしているらしい。

ただ食料自給というだけでなく、野菜を通して人々が交流したり、植物を育てることによって育まれる情緒もあったりして、小さな種子から柔らかく波紋が広がっていくのです。

300円でおやつもついてる映画会。お友だち誘って、週末の楽しみにいかがですか?

はるころ日記さんにくわしい案内がでていたのでリンクを貼っておきますね。

はるころ日記 12/1 私たちの食を考える映画上映会
https://ameblo.jp/harukoro-kikaku/entry-12420749194.html


                      Asako
posted by tomato at 15:39| Comment(0) | 農作業