2019年01月16日

スロープ作り

R0023567.JPG

今年も土搬入の準備が始まっています。今年は雪が少ないのでスロープ作りも苦労しています。トラクターや除雪機で寄せてようやくハウスまで届くギリギリ。

R0023568.JPG

上からみると結構な角度ですがヨコからみるとそんなでもありません。角度が少ないと途中で詰まってしまいます。搬入日までにスロープできるかな…

                            Asako
posted by tomato at 09:15| Comment(0) | 農作業

2019年01月09日

新規就農の新年会

毎年恒例の新規就農者の新年会。ここ数年急速に人数が増えていつもの場所がいっぱいになってしまったので、今年は大広間を借りました。お料理飲み物もちより形式なので、大広間を借りても一家族あたり会費170円でごちそういっぱいなのです。(写真撮り忘れた)

IMGP2440.JPG

みんないい笑顔だね!

最初の頃は延々と深夜までトマト談義が続くフルーツトマト研究会のような様相だったけれども、いろんな栽培方法になり栽培方針もいろいろで以前のような脂っこい(笑)話にはなりません。何やらおめでたい話もあったようです揺れるハート

うまく言えないけれども、新しく農業を志す人たちが困難に直面したときに、同じ苦労をした(あるいは不器用な分もっとたいへんな思いをした)ちょっと先を歩いている先輩として細い道筋をしめせたらいいなと思ったりしています。いろんなことがあっても一生懸命ジタバタ努力していたら、いつか何かになるから(え?その程度じゃだめ? (^^;)最初の気持ちを忘れないで行ってほしいなと思います。

0109spice.jpg

毎年お料理を何を持って行こうか迷うのですが、今年はこだわりカレーに挑戦してみました。

20種類ものスパイスが入っています。一つひとつのスパイスの香りは漢方薬のような(決していい香りとは言いがたい)ものなのですが…

0109curry.jpg

渾然一体となると、あら、不思議、おなじみのカレーの香り (^^)

そして出来上がり写真も忘れてしまいました…。んもうっ!でも「美味しい〜っ本格的〜」との声が聞こえてきたので良かったのでしょう♪

                            Asako
posted by tomato at 09:50| Comment(0) | 農作業

2018年12月16日

プチギフト

IMGP2394.JPG

つぶとま、こしとまの小さいバージョン ぷちつぶ、ぷちこし のプチギフトを作ってみました♪

なめらかな こしとま も食べたいけど、たねのぷちっとした つぶとま も食べたい!どっちにしようか迷っちゃう〜っというアナタのために(笑)セットにしてみましたよ(^^) オンラインショップと、町内のお店やさん(美花夢さん、マルウささきさん、五味温泉さん)と梨の花さんに置いていただいています。

クリスマスプレゼントにほしい〜っと誰かさんにおねだりしてみましょう揺れるハート


IMGP2371.JPG

今年は秋に暖かい日が続いていたので、急に冷えてびっくりしました。先週はけっこう冷えて木曜日はマイナス15.6度!工房の窓もぴりぴりとしばれています。

IMGP2372.JPG

寄りでみてみるとこんな感じ…

IMGP2374.JPG

ちょっと窓が汚れていますが
クモの巣がはるようにピピーっと線状にしばれています。霜がつくといってもアラベスク模様になったり線になったり、たしか空気中の水分量とか冷えるスピードだかそういうので模様が変わるんだそうです。面白いですね。

IMGP2378.JPG

この日は野うさぎが走り回っていたみたいです。あっちにいったりこっちに来たり?玄関から庭のほうまで回っていました。

IMGP2380.JPG

そんな寒い日でも工房の中は暖かくしているので大丈夫。朝から晩までかかってソース作りをしています。トマトのいい香りに満ちて幸せな気持ちになります(家事をサボれるしね、へへへ (^^;)
posted by tomato at 12:27| Comment(0) | 農作業

2018年11月30日

都市を耕す 街を食べる

1130movie.jpg

明日12月1日は、ゆっこさん( 田中 由紀子 (Yukiko Tanaka)さん)の映画会があります。以前インクレディブルエディブルの映画を観たことがありますが、たぶん、そういう話。

イギリスはいわずと知れた大園芸国でありますが、トッドモーデンという小さな町では花壇や駐車場のはじっことか、公共施設の植え込みにも野菜を植えて(それも見た目も美しく←ここ重要)誰でもそれを収穫して食べちゃっていいらしい。通勤の途中でそろそろキャベツのシーズンね…帰りにはあそこでトマトをいただいて、あっちに寄ってハーブを摘んで…ってやったりしているらしい。

ただ食料自給というだけでなく、野菜を通して人々が交流したり、植物を育てることによって育まれる情緒もあったりして、小さな種子から柔らかく波紋が広がっていくのです。

300円でおやつもついてる映画会。お友だち誘って、週末の楽しみにいかがですか?

はるころ日記さんにくわしい案内がでていたのでリンクを貼っておきますね。

はるころ日記 12/1 私たちの食を考える映画上映会
https://ameblo.jp/harukoro-kikaku/entry-12420749194.html


                      Asako
posted by tomato at 15:39| Comment(0) | 農作業

2018年11月25日

農業分野における知的財産

IMGP2238.JPG

先日は札幌へ行ってきました。農業分野における知的財産についてのセミナーに参加しました。わたしじゃなくて農協さんとか役場の方が聞いたほうがいいんじゃないかなと思うような難しい話でした (^^; でもGI(地理的表示保護制度)とか地域団体商標というようなブランド保護だけでなく、品種とか発明したアイデアとか栽培のノウハウまでもが本当は保護されるべき知的財産に含まれると知ってたいへん勉強になりました。

また実際の事例で、十勝の川西長いもの常田馨さんと歯舞水産物ブランドの中村直樹さんが地域ブランドについて、生産者の意識や求心力を高めてどんどんクォリティーを上げていっているとお話してくれました。作っている生産者たちが自分たちのブランドに誇りをもって、愛着をもって生産していくことこそが、自分たちの力になるのだと感じました。

お話してくれるみなさんの話す言葉が漢字ばかりで、内容がぎっしり盛りだくさんだったので、頭がオーバーヒートしています。もしもっと知的財産についてお知りになりたいという方がいらっしゃいましたら、わたしは説明はできませんがこのセミナーの資料を貸しますのでどうぞおっしゃってくださいね。(とても詳しい資料がいっぱいあるよ)

うちでときどき話しているのですが、クラウドを利用したスマート農業(?)は、いつどんな肥料をどれくらいやったかとかどのような温度管理をしたかとか、せっかく長年かけて蓄積してきた栽培技術を簡単に大企業に知られてしまいます。そうしたらそれを研究・解析して利用したら、大規模なフルーツトマト工場もできてしまうかもしれないし、そういったところにもう少し農民として危機感を持ったほうがいいんじゃないかと思いました。

ひー、難しいね。
                              Asako
posted by tomato at 18:49| Comment(0) | 農作業

2018年11月15日

最近のお仕事

IMGP2189.JPG

毎年のことながら、冬の前はハウスの冬じまいから文化祭(郷土芸能保存会)とあわただしく日々が過ぎてしまいます。無事ビニールハウスも雪が降る前に巻き終わりました。(今年も上名寄の農家の中で一番最後でした。のろんこですね〜 (^^;)

今年は雪が降るのがとても遅いですね。昨朝やっと地面にうっすらと白く積もりました。それも朝日とともに消えるくらいのはかないものでした。「こういう年は12月にいーーーっぱい降るんだよね」と脅すお友だちもいて、いまからちょっとドキドキ…。

いまは毎日目の前の工房に通って、トマトソース作りをしています。新しい工房はとても快適ですが、熱源が弱いため時間がかかる割に少ししかできません(投資金額の関係で仕方のないことなのです)でも一日中トマトの香りにつつまれて幸せ(^^)

今作っているのはつぶとまです。夏に冷凍しておいたものを使っています。試食しながら、

今回はなぜか種子が少ないよ?冷凍するときに書いた日付は9/7ということは7月半ばころ咲いた花かな?とするとそのころの天気が○○で蜂さんが□□でトマトの体調が△△だったからか?種子が少ないと味が◎◎な感じがしない?


とかいろいろ2人で話しています。相変わらずヘンタイだね 笑 まもなくネットでもお買い物できるようにするつもりです。お楽しみに♪

                         Asako
posted by tomato at 12:01| Comment(0) | 農作業

2018年08月20日

納屋が進化中

0820naya_2.JPG

工房の工事で大工さんが来てくれている間に納屋の工事もお願いしました。

ひとつは壊れかかっている入り口の扉の足元のところ、もうひとつは窓増設です。コレだけの仕事で来ていただくのは申し訳ないような仕事なんだけど、とても困っていたので助かりしました。そもそも土台の木が腐れているような納屋なので直しようがないと一度は断られてしまったものなのに、なんとか工夫して使えるようにしてくださったのでほんとに良かった!

0820naya.JPG

もともと倉庫であって作業場でないので窓が少なくて、暗くて暑かったのがとても明るくなりました。

0820naya_3.JPG

蛍光灯を何本も増設するよりも、窓がひとつ増えたほうが明るい!それが2つも窓が増えたのですから、文字通り「明るい職場」になりました。(^^)

そして風通しもよくなって涼しくなりました(といっても、もう寒いくらいの季節になっちゃってるんですが (^^; 来年の夏にはきっと涼しくなるよ)山形建設さん、イシカワさん、トモさん、ありがとうございますっ!

                           Asako
posted by tomato at 07:40| Comment(0) | 農作業

2018年08月04日

収穫ラッシュ

0804tomato.jpg

このところ農場史上最高の収穫ラッシュでした。

トマトは花が咲いてからどんどん気温が足し算されて一定の量(?)に達すると(積算温度といいます)ほんのりと色づきはじめてそこからほんの数日で赤くなります。

7月末のアメダス史上最高の気温で、トマトたちの積算温度が貯まって、一斉に赤くなり始めたんですね〜(^^; もうほんとに追いつかなくてピンチでした。メールのお返事はこれから徐々にかきます、ごめんなさい。

2〜3日前から夜が涼しくなってきたので、少し収穫ペースも落ち着いてきました。日中はからっと気持ちの良い青空だし、トマトたちの調子はいいし、ますます美味しくなりそうです♪

0804daiku.JPG

ソース工房の方もどんどん進んでいます。先週くらいはこのくらいだったのに…

0804bankin.jpg.JPG

今日は外壁のバンキンも貼られて、おうちっぽくなっています。びっくり!

(自分でいうのもなんですけれど… (^^;)かっこいい工房になってうれしいです。山形建設さん、本当にありがとうございます。

                                 Asako
posted by tomato at 11:56| Comment(0) | 農作業

2018年07月17日

この星でいちばん高く遠くへ飛びたい!!

main_4364.fit-scale.png
下川にきてびっくりしたことの一つが、ちびっこたちのスキージャンプ。

引っ越してきてまもなく仕事でいった先の酪農家さんに「スキーやらない?道具貸してあげるよ」と誘われて町内のスキー場にいったら、小学校入学前みたいなちびっこたちがスキー場を自由に走り回って(滑り回って?)驚きました。

こちらは20年ぶりのへっぴり腰でぼっこのリフトに乗るにも5回くらい失敗して後ろに並んでいる人に迷惑をかけ、やっと降りてくるのにもシュテムターンができるかできないかレベルだったのに… (^^;

そしてその小さい子たちがちいさなジャンプ台をひょいっと軽く飛んで遊んでいたんですね〜。ふとみるとその台の先に大きなジャンプ台があって、こちらは中学生くらいの子たちがすごい高さで飛んでいました。

子供の頃の冬の遊びが普通に "スキージャンプ" だったりするこの町だからこそ、オリンピック選手が何人も生まれるんですね。でもそのジャンプ競技は結構お金がかかります。

クラウドファンディングでこの子たちの夢を募金をすると、ふるさと納税にもなるらしい(すみません、このあたりよくわからないので、主催者さんに確認してください)

あとでよく読もうと思ってブックマークしたものの、目の前のトマトに追われて気がつけば締め切りまで あと3日! なのに目標額の60%くらいしか集まっていません…。

良かったら下川っ子たちのオリンピック行きを一緒に応援しませんか?4年後?8年後?にオリンピックを観ながら「あの子はオレの寄付でオリンピックに行けたんだ」なんて妄想をふくらませるのも楽しいですよ(笑)

下記リンクからクラウドファンディングのページへ行かれます。


https://www.makuake.com/project/shimokawa/

                          Asako
posted by tomato at 07:26| Comment(0) | 農作業

2018年07月08日

特別栽培農産物の圃場検査

0708tokusai.JPG

今日は札幌から北海道有機認証センターの検査員の方が来てくれて、特別栽培農産物の圃場検査をしました。

実際のハウスの栽培状況や、栽培作業の記録、肥料や苗の購入先などの伝票をチェックしたりします。肥料の原料と製造過程まできちんと中身を調べます。

「特別栽培農産物」は、地域の一般的な栽培方法よりも農薬も化学肥料も5割以上減らした栽培です。今年は蜂さんの管理が上手にできたのでトマトトーンも使わず、ここまで化学農薬不使用です (^^)

あ、北海道有機認証センターさんにある、うちのページのデータが古いままなので直してもらわなくちゃね。

育苗ハウス応接室は真夏モードになっててすみません。

                            Asako
posted by tomato at 15:04| Comment(0) | 農作業

2018年07月04日

勉強会

0702koiwai.JPG

月曜日は士別の谷くんのところで『小祝政明氏 農業勉強会 in 士別』に参加してきました。

有機栽培というと、収量が少なくなるんでしょう?という誤解が多いのですが、小祝先生のBLOF理論を学んで実践していけば、味がよくて量もとれて病気にもならないのだそうです(伝聞形の表現になってしまうのは、うちで実践できているわけではないので…(^^; スミマセン)

具体的に身近なもので、ああやってこうやると、こうなってああなって(このあたりは先生の講習に参加してぜひ聞いてください)…実例の写真をみてもびっくりでした。参加者の質問も熱心で、日頃からよくお勉強されてる人たちばかりという印象でした。

谷くんの中玉トマトのハウスも見学させていただきました。とてもていねいに管理されていて、トマトもごちそうになりましたが美味しかったです。出荷まであとちょっとですね〜 (^^)

目の前のトマトの身体の中で何が起きているのか、土の中で何が起きているのか考えながら管理していくのが大切なんだなぁと思いました。

えみちゃん、誘ってくれてありがとう!とても勉強になりました!

                            Asako
posted by tomato at 06:02| Comment(0) | 農作業

2018年05月14日

自家育苗

自分のところで種まきした苗と○○レンから届いた軟弱苗のその後の比較です。

R0023313.JPG

自分のところで種まきした子たちはこちら。しっかりすくっと立っています。

R0023315.JPG

足のひょろ長いこの子たちは心配したとおりバタバタと倒れています。

プロの目では写真で感じる以上の差があり、違いは歴然としています。この厳寒地で厳寒期に苗立てをするのは(暖房費も高騰しているし)とても厳しいけれどチャレンジしてみるだけの値はありそうです。

これから半年くらいかけてどうしたらリスクを最小限にできるかの部分を考えていきます。でもここでしくじると一年がパアになってしまうくらいの影響があるので、まずはテストから…(といいつつもうテストも今年で2年目なんですけどね (^^;)確実な変更のためには数年は必要なんですね。

R0023321.JPG

ハウスに植えられたちび苗たち、かわいいです。(^^) これから美味しいフルーツトマトに育っていきますよ♪

                      Asako



posted by tomato at 07:43| Comment(0) | 農作業

2018年05月12日

三年って長い年月だね

ちょっと調べものをしていて見つけた写真が興味深かったので、加工してアップしました。(クリックすると大きくなるよ)

ミルクブッシュ比較.jpg

お友だちにもらったひと枝のミルクブッシュ。「挿しておいたらつくかもよ(挿し木で根が生えるかも)」といって頂いたのが2015年の春でした。

それが3年でこんなに大きくなっています。もうわたしの背丈(166cm)を超えてるよ!すごいね。

R0023309.JPG

ヨーコちゃんの木もこの大きさです。写真はないけどダイちゃんに一昨年くらいにもらった実生の桜もけっこう大きくなっています。

トマトは毎年新しい苗を育てるので「ずっと育つ」というのがイメージできませんけれど、植物が育つ力ってすごいね!
                         Asako
posted by tomato at 07:54| Comment(0) | 農作業

2018年05月07日

水やりのタンク

この間のお天気の良い日に水やり用タンクを掃除しました。春先から使ってきて気温の上がるこの頃、中に苔?藻?が生えてきてホースの先が詰まるようになります。(以前に撮った写真はこちら

今までは頭から真っ逆さまに身体を突っ込んでタワシでこすっていたのですが、去年くらいに柄のついたお風呂掃除ブラシを購入して楽しく掃除できるようになりました。デッキブラシ等だと角度がわるくて掃除出来ない部分があったのが、お風呂ブラシは柄が適度に短くてとても洗いやすいのです。

_DSF6093.JPG

今年はンメツボさんから中古の黒いタンクを分けていただきました。この黒いタンクなら藻が発生しません。(^^)v

ただ黒いタンクのほうが多少水温が低いので、早春から今くらいまではオレンジタンク、これから気温が高くなって藻が発生しやすい時期は黒いタンク、と使い分けしたらいいかもしれませんね〜。ンメツボさん、ありがとうございました!

                        Asako
posted by tomato at 07:25| Comment(0) | 農作業

2018年04月30日

農作業のGW

IMG_0069.JPG

GWに石巻のイモート(ヒロコ)が遊びに来てくれました!ずっと前にトマトの手伝いに来てくれたのはいつだったかな〜と調べてみたらなんと2009年。10年ぶりの再開です。

めったにとれない連休に、列車を5つくらい乗り継いで、途中に飛行機にも乗って(それが遅延して特急に間に合わなくなりそうになりながら)はるばる来てくれたのに、普通に農作業を手伝ってもらっちゃった(^^)

なんていうのか日常にヒロコがいてくれることがうれしくて、なんでも心から話せるのがうれしくて、ものすごく自分に似ている部分とまったく自分と違う部分があって、すごく久しぶりなのにずっと一緒にいたみたいな…学生時代の友人とか家族とかそういう距離感のとっても大切なお友だち。やっぱりイモートみたいです。

きっとヒロコも特別な歓待をされないのが楽で居心地いいんじゃないかな、ふふふ。写真はヒロコのおみやげこけしの箸置き。わたしが箸置きを集めているのを10年たっても覚えていてくれるのがまたうれしい〜♪

下川ではうちに半分、鈴木さんちに半分、両方共農作業手伝い 笑 久しぶりの外仕事でたくさん光合成してリフレッシュできたかな。
posted by tomato at 07:01| Comment(0) | 農作業

2018年04月27日

総合化事業計画

0426asahikawa.jpg

昨日は旭川農政事務所で総合化事業計画の認定証授与式がありました。一緒に認定されたのは紅甘雪という美味しそうなおいもの 香西 静江さん。わたしの超下手くそスピーチでふにゃふにゃの認定式になってしまって申し訳ない (^^;

この農水省の総合化事業計画の認定をうけて、融資を受けてマイ工房を建てます。助成金(補助金)なしの全額自費で返していきます。

打ち合わせの最初の頃は大きな金額にどきどきして「やりたいけど、わたしにできるかな…」とやや不安があったのですが、一年くらいがっちり相談にのっていただいて確実な数字を積み上げていくうちに「できるかな、じゃなくて、やるんだ!」という気持ちに変わってきました。

そんな話を、やはり自分の夢を叶えている友人に話ししたら「そうよ、(自分の夢のための)借金は財産なんだよ」と教えてくれました。なるほど!自分の夢を買って、後払いで返していくような感じなのかも!そう考えるとこれからとっても楽しみです。(^^)

R0023284.JPG

並行して進めている小さな工房の打ち合わせもスムーズに進んで、無事契約までたどり着きました。工務店さんのご都合で着工は7月頃になりますが、今からわくわくしています。今回もわたしのおうちをていねいに作ってくれた山形建設さんです。頼りになる親方なのでとっても安心(^^)

                              Asako
posted by tomato at 07:55| Comment(2) | 農作業

2018年04月15日

及川幸雄 絵画展

この間まで暖かかったのにここ一週間くらいは冬に逆戻りです。畑の雪はだいぶ融けたものの、山の麓や畦の北側などたっぷり残っています。そして今日は小雪が舞っています。

それなのに…

なんと火曜日は 初夏の陽気 になるんだそうですよ。ええーーーーーーもうやだ〜(悲しい顔)


R0023270.JPG

なかなかトマトの定植も進まないので、気を取り直して(?)トマトの師匠の展覧会に行ってきました。わたしたちのトマトの師匠は農民でありながら画家さんなんです。去年はトマト氏も一緒に写真を展示していただいたのですが「作品が溜まっていない」そうで、今回は農民画家さんの一人展です。

最近の小さい生き物たちへの優しいまなざしを感じる一連の作品。温かい気持ちになれます。いいなぁ。

R0023271.JPG

こちらは新しいシリーズ、『巡り巡りて』。今までの及川さんの色彩からパァッと華やかに大胆になっている感じ。どうやって創るのかな…近くでみるとテクスチャ?っていうのか躍動感がある作品です。

R0023282.JPG

そして豪華な屏風。うちのような小さな家には飾れません (^^;

22日水曜日まで(16日は休館日)名寄市北国博物館にて開催中なので、お近くの方はぜひ〜


                     Asako
posted by tomato at 13:53| Comment(0) | 農作業

2018年04月01日

試作品その2

0908tomato.jpg

昨年秋に作った新商品の試作品なんですが「ちょっとパンチが足りない」とのご意見をいただきまして、あれからいろいろ試行錯誤していました。もうちょっと目新しくてパンチのあるものといわれても、うちにはトマトしかないのでどうしたらいいのかわかりません。

散々最高経営者会議(笑)でも話し合っていよいよネタも尽きた頃、おかずじゃなくてスイーツじゃなくて おつまみ路線 はどうだろう?という画期的アイデアがでてきました。

で、作ってみましたヨ♪

0401marimo.jpg

緑の未熟果を秘伝のシロップに漬け込んで、少し醸してみました。ほんのり苔の香りが天然鮎の香ばしさのようで、噛むとぷちゅっと甘酸っぱい果汁がでてきます。これは酒が進むね〜!!今までに食べたことのない食感です。でも上手に醸すところが難しい…。

  ネーミングどうする?

  それはもう決まりでしょう






  マ・リ・モ








もうお気づきですね。(^^; これは恒例の エイプリールフール記事 ですよ。チャンチャン♪

                            Asako
posted by tomato at 08:36| Comment(0) | 農作業

2018年03月25日

トマト苗の状況

フェイスブックのほうには時々アップしていたのですが、こちらのブログには苗のこと全然書いていませんでしたね(汗)

0325tomato2.jpg

一番最初に来た苗(2月17日)は、もうこんなに大きくなっています。

0325tomato4.jpg

そーっと覗いてみると小さなつぼみも見えています。

0325tomato5.jpg

このくらいになると根もしっかりと増えてきています。花が咲く頃にはびっしりになっていることでしょう (^^) 順調です♪

0325tomato_hikaku2.jpg

3月19日に農協(ホクレン)さんから届いた苗は、その前の日照不足の影響でひょろひょろの軟弱苗でした。地上部の成長に根が全然追いついていなくて、鉢上げしようにも根鉢がくずれてしまうくらいでした。ホクレンの育苗センターでは予定がぎっしり詰まっていて、晴れても曇っても、約束の日にちにあわせて出荷しないとならないので、大変なんだろうね…と二人で話をしながら鉢上げしました。

これからしっかりと引き締めて、よいフルーツトマト苗に育てていくつもりです。(ゆるゆる育った子にはちょっときついかもしれないけど、覚悟してもらいましょう、いひひひひ (^^;)

0325tomato_hikaku.jpg

一方、その苗と同じ頃に定植できるように日にちを合わせて自分のところで種まきした苗がこちら。

日照不足が続いていたので少し成長スピードをゆっくりにしました。そのおかげで徒長せず、引き締まったいい苗になったと思っています(自画自賛)ただスピードを抑えた分、成長が遅れています。

0325tomato0.jpg

うちの播種(たねまき)分の苗は、農協さんの苗の3日遅れで鉢上げしました。(左の苗がうちの苗)こちらはコンパクトながらも茎も固く根がしっかりしていて楽しみです。緑の濃さもずいぶんちがいます。鉢上げ翌日から葉つゆがあがってきているくらいやる気マンマンの子みたいですよ (^^)

0325tomato.jpg

それから今年は少し品種のテストをするつもり。タネから育てていてもいろいろ個性があって面白いです。
posted by tomato at 09:17| Comment(0) | 農作業

2018年03月07日

ビニールハウスの準備

R0023205.JPG

昨日はハウスのビニールかけをしました。早朝は風もなく穏やかな天候だけど天気予報では、くもり〜雪。この先も風が強かったり、雪が降ったりでなかなか作業できそうな日がありません。

というわけで、朝マイナス12度くらいだったけど、がんばって作業開始!

ハウス上空は寒いしパイプは超冷たいしビニールは寒さでしばれついているし、たいへーん!でも今年は雪が多いのでなるべく早くビニールかけないと困ったことになりそうです。

R0023207.JPG

全部終わる頃には吹雪でしたが、事故もなく無事終了!

                    Asako
posted by tomato at 07:58| Comment(0) | 農作業