2010年10月25日

今日も講演会

環境モデル都市講演会 オーストリア ヴェルフェンヴェング村 環境推進村の戦略と展望

今日10月25日(月)午後6時より ハピネスにて
講演者 ペーター・ブランダウアー村長
参加費 無料


週末のしもかわ学会の報告もアップしてないのに、今晩も講演会に行ってきます。今日のお話はアルプスのふもと村の話。そこは人口900人の村なのに、カーフリーツーリズムの取り組みをきっかけに観光客が年間4万人も来るようになったんですって。

カーフリーツーリズムって何?

× カンフー + リー → ブルースリーの映画
○ カー + フリー → 化石燃料によらない移動手段

下川町でも今年のうどんまつりの時に、ベロタクシー(人力タクシー)の走行実証試験をやっていました(その時の様子はコチラで読めます。PDFファイル674.76KByte )これから世の中温暖化対策として、CO2をなるべく出さない方向に進んでいかなくてはならないと思うけれども、オーストラリアのこの村では20年も前からこういう取り組みをしていたらしい。

ちょっと横道にそれますが、わたしたちが移住する前にどこに行こうか迷っていたとき、下川町は「なんだかこの町は小さいけど元気、独自路線を進んでいる」という印象を持ちました。そしてそれは実際に住んでからも実感しています。人口が少ないからこそできることもあるのかもしれませんね。

今日のヴェルフェンヴェング村はちょっと下川に似ていて、何か参考になるかもしれないと、楽しみにしています。たくさんの人が聴きにきて下川町の今後の街づくりにいかせるといいなぁ。
                           Asako

posted by tomato at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61309376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック