2019年08月10日

食料自給率のブログ記事ご紹介

つい先日近くの小麦畑が刈り取られ、農協の行き帰りに見る田圃も色づいてきたなぁと感じている今、このやまけんさん(山本謙治さん)の記事はとてもタイムリー。

やまけんの出張食い倒れ日記

この間、下川りくらしネットさん主催の幕内秀夫先生の「粗食のすすめ」でも、パンじゃなくてごはん食をすすめていました。子どもたちの胃袋はとても小さいので、お菓子や清涼飲料水でカロリーが満たされてしまうと食事が入らなくなってしまう(先生のお話をいつか書きたいと思いつつ、書き始めると長くなってしまうので、バッサリ要約ですみません。もっといろいろぎゅっと詰まったご講演でした)

また、先月は東北で菜種油を作ってる方、関西でゴマ油を作っている方とお話する機会もあって、まじめに作られた日本の油の美味しさをもっとみんなに知ってほしいなぁと思って帰ってきたところ(この話もいつか書きたいと思いつつ、書き始めると長くなってしまうので…以下同文)

いろいろ頭の中でそよそよとぐるぐると回っているんだけど、言葉になってでてきません。そんなときこのやまけんさんの、力作記事で胸にストンと落ちる言葉がありました。「日本の食料自給率が低い一番の理由は、日本で生産しやすい食料を日本人自身が選んでいないから」

そうなんだ!日本人が何を選んで買って食べたか、が、つまり数字になっているわけで、食料自給率を改善したかったら消費者が何を選ぶかで簡単に変えられるじゃないかってことなんだ!

自給率だけでなくて、自分たちの選んで食べてるものが経済や未来や自分の身体も国土も地方(ローカルに人が住むことも)も作っているんだよ。ああ、いっぱい思うんだけど、まとめられません…

---

やまけんさんのこの記事にはもっとたくさんのことが書いてあって、みんな時間をかけて読んでみたらすごくいろいろ考えることがあります。ぜひみなさん 時間を作って お読みください。

                    Asako
posted by tomato at 10:06| Comment(0) | 農作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: