2018年03月01日

除雪に難儀しています

R0023166.JPG

今年は雪が多くて難儀しています。うちで一番背の高いハウスなのにこの深さ…就農以来2〜3番めくらいに雪が深いです。

あまりの雪の深さにうちの除雪機では歯が立たず、といってもやらないわけにはいきません。

人間がスコップで崩した雪を除雪機で飛ばしていくというなんとも前時代的な方法で立ち向かっています。そこまで(機械のためにやってあげても)途中ハマってはスコップで掘り出し、またハマってスコップで掘り出し…と、なんだかもう人力でハウスの中の除雪をしているような状態です (x_x) 何百トン分?

R0023179.JPG

そんな無理な使い方をしているので途中で機械の調子も悪くなってきて、梅坪機械さんに見に来てもらったり…トマトの苗が育つまでに中の準備が追いつくかちょっと心配です。

R0023184.JPG


並行してハウスの外側の除雪も進めています。こちらはトラクターの後ろにつけるブロワーという道具を使うのですが、こちらもパワー不足で、2m進んでは人間がスコップで崩し…の繰り返しで、もうわたしたち腕がもげそうなくらい筋肉痛ですよ。冬に肥えた分くらいもう働いた気分です。

R00231812.JPG

雪原の休憩室ができています。育苗ハウスの温度をチェックするための親機、オヤツ、あったかいお茶。おしり2つ分のソファー(笑)おしりが冷えてきたら仕事再開です (^^)


昨日は、このあとまだ悲劇が待っておりまして…

R00231832.JPG

除雪機で飛ばした雪をそのままにしておくと夜のうちに冷えて凍ってカチンコチンになってしまうので、飛ばした雪はその日のうちに崩しておくのが当地の常識です。そしてその崩した雪はまた遠くへ飛ばしてどかさないと、次の日ではもうどうにもならなくなってしまいます。


CA3E0087.jpg

暗くなってきたし、なんとかそこまでやっておかなくては…とトラクターで除雪していって、残りあと数メートルというところで、今度はトラクターがハマってしまって動けなくなってしまいました。上の写真はそのトラクターを救出しに除雪機が向かっていくところ。無事脱出したころには辺りは真っ暗、いい月明かりの中、トラクターと除雪機でラブラブ帰宅しました。もう身体も冷え冷え〜(x_x)

                             Asako
posted by tomato at 08:50| Comment(0) | 農作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: