2018年01月22日

何かが生まれるところ

0121voidapart.JPG

昨日は遠いかなた(滋賀)から、元気な方がやってきてお話をしてくれました。VOID A PARTの共同代表の牧さんと周防さんです。しもかわ町中勉強会の「人とお金の流れを呼び込むお店のつくり方」で熱い想いを語ってくれました。

夢を現実にするためにどんなステップを積んできたのか、強い想いをどうやって人に届け、あるいは周囲を巻き込んでいくのか…ただのノウハウではなくて、現実につかみとってきたからこそのホンモノの言葉に心打たれました。そしてわたしも夢に向かって邁進中なのですが、その方向性と努力は間違ってないっぽいと励まされたような気持ちになって帰ってきました。

牧さん「やりたいことがあるのにやらないでいる人が多すぎる。やりたいことのある人が、やりたいことを実現できる世の中にしたい」

周防さん「本当にいいもので、真摯に向き合っていたら必ず熱が伝わっていく」「異常なほどの熱狂、こだわり?つまり愛情を誰が注ぐのか」

参加者もだんだんお二人の話に引きこまれていって、みんな真剣に聞いていました。お二人に感化されて、1人でも多く「できたらいいな」から「やってみよう」に変わったらいいなぁ。

----------------

実は風邪気味で、また鼻水たらたら…頭がぽーっとしています。周防さんたちの話、もうちょっとしっかり書きたいんだけど頭がまとまりません。だめですね〜とほほ (^^;

                        Asako
posted by tomato at 21:06| Comment(0) | 地域の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: