2016年09月04日

自然災害

この間は北海道と東北で大きな被害があって、今は九州も危ない状況で、そこに暮らすみなさんのことを思うと胸が痛みます…。心よりお見舞い申し上げます。そして一日も早く日常がもどってきますようにお祈りしています。

8月の台風&大雨は、うちにとっては一大事なのですけれども小さいできごとに感じられるくらいです。ほかの方に聞いた話では、タマネギやおいもまで大雨に洗われて地面からもぎとられて町まで流されているとか(もちろん畑の土も流れるでしょう)、小麦畑に土砂が流れ込んでしまったとか…。農家にとって土はとっても大切な財産だと思うのですがそうなったら復旧まで十年単位の年月がかかりそうです(というか、もとに戻るのかもわかりません)

消費者のみなさんにとってはしばらく「野菜が高くてたいへん」と思われるかもしれませんが、そういうときは農家はもっとたいへんなんだと思います。ごめんなさい。

−−−−−−−−−−

先月イタリアで地震がありました。アマトリーチェという小さな村で大きな被害がありました。そこはトマトパスタ発祥の地で有名なのだそうです。ニュースの写真でみたら歴史のある美しい村が瓦礫になってしまっていて被害も大きく本当に言葉もありません…。

あるシェフが小さな集まりでうちの大雨被害で割れてしまったトマトを使ってその村の名物パスタを作ってくださったそうです。そしてそこでお食事したみなさんと想いをともにしてみんなで祈ってくれたのですって。(イトーさん、ありがとうございます!)

想いは力になります。

−−−−−−−−−−

うちの水を吸って割れてしまったトマトたちですが、ゴトーさんの新しい穴のおかげで、なんとか踏みとどまっています。

たくさん水を吸ったところのトマトは赤くなってジュース工場に出荷されていきました。そしてその上の段の実は糖度が低めながらもBrix7をクリアしているので、農協さんのはるか7として出荷しています。

その上の上の段のトマトはまだ全然赤くなりませんが、生産者の目でみた感じ、けっこう糖度ののった締まったトマトに育っていると思います。糖度の高いトマトはなかなか赤くならないので、この子たちが収穫できるまでにはまだもう少し時間がかかりそうですが、期待できそうな感じになってきました!今週末も大雨の予報になっていますが、そこを乗り越えて美味しくなってくれるといいなぁ。でもあんまりのんびりしていると美味しくなる前に片付けの季節になっちゃうよ?がんばれトマトちゃん!


0904dish.jpg

いただきもののズッキーニを炒めて、その上にフライパンで焼いたスライストマトを並べて、チーズをのせて焼いてみました。美味しかったよ〜。美味しいと思えるようになったら元気の証拠。よしっ!がんばって農作業に行ってきます!

                            Asako
posted by tomato at 06:41| Comment(0) | 農作業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: