2015年12月07日

天塩弥生駅

1206teya_0.jpg

今話題の(?)天塩弥生駅のオープンハウスに行ってきました。駅といってもJR駅ではなくて、来春開業予定の、ばばなちゃんととどぐまさんの田舎食堂&民宿です。

1206teya_02.jpg

今は廃止されてしまった旧国鉄深名線にあった天塩弥生駅の跡地に、キタクラフトさんに建ててもらったレトロ駅舎。木製二重窓がレトロですが、よくみるとペアサッシと外窓でちゃんと近代的暖かさです!


1206teya_01.jpg

中はとどぐまさんの趣味の鉄道グッズがいっぱい。昔の国鉄の人が使っていたものもあるし、再現して作ったものもあるし、壊してしまう駅から譲り受けたものもあるみたいです。手づくりの薪ストーブがぽくぽく燃えて、その周りでみんながミカンを食べたりお茶を飲んだりしていて、ほんとに待合室みたいです。

1206teya_03.jpg

きっぷ売り場がフロントです。奥の赤い線の入った帽子の人がとどぐまさん。この日はSTVテレビの取材の人も来ていました。

1206teya_05.jpg

お部屋の戸はこれまたレトロな戸を再利用しています。男女別の、相部屋民宿で、今はまだないけどあとでベッドもいれるといってたよ。お部屋の中は無垢フローリングでした。(たぶん下川産のナラ)

1206teya_04.jpg

こっちのお部屋では、「駅舎ができるまで」のスライドを上映していました。衣桁(いこう)や鏡台、ちゃぶ台と懐かしいものがいっぱい。

1206teya_10.jpg

めんこいお人形さんもあって、昭和にタイムスリップです。

1206teya_06.jpg

洗面所とお風呂と

1206teya_09.jpg

バリアフリーのお手洗いは共同利用です。でも、こちらも最新設備が入っていて、昔の寒さや不便さは体験できません(!)

1206teya_07.jpg

洗面所の鏡、よく見ると 末武翁座右銘 と書いてあって 「良心の命に従うべし」とあります。すえたけさんちのおじいさんの長寿のお祝いに配られたものかなにかでしょうかねえ。手づくりガラスの灯りがなんともステキです。


JRが廃止になって、駅が取り壊されてさみしくなっちゃったところに、新しくまた駅舎(民宿)ができて灯りがともって、人の往来がうまれて…地域の方はとっても喜んでいることでしょうね♪ちょうどこの駅舎の前にバス停があるので、汽車で来る人も安心ですね。

お泊りやアクセスなど、くわしいことは下記へお尋ねください。
レストラン&ゲストハウス【天塩弥生駅】さん
https://www.facebook.com/teya841/


レトロだけどあったかい建築については
キタクラフトさん
http://kitacraft.com/


キタクラフトさんは、とどぐまさんたちと一緒に古い駅舎の写真を探したり、どうしたら駅っぽくなるのか一生懸命考えてくれたらしいです。


1206teya_08.jpg
新聞をクリックすると、名寄新聞の記事にジャンプしますよ、ぜひ!

天塩弥生駅さんの隣は、最北端ワインの森臥さんです。思いがけないところに観光スポット出現ですね!

                             Asako
posted by tomato at 15:08| Comment(3) | 地域の話
この記事へのコメント
電球が入っているガラスの器は、
「はえ」取り器ですよ。

コ−ドの入っているところに,ふたがあり
中央に何かを置き、容器に水を入れます。
はえがまっすぐ上に飛び、疲れたら水の中に
落ちます。そして上のふたを取り,逆さにして水とハエを処分します。

良く割れずに残ってましたね。感心します。
Posted by 伸ちゃん at 2015年12月07日 22:13
電球が入っているガラスの器は、
「はえ」取り器ですよ。

コ−ドの入っているところに,ふたがあり
中央に何かを置き、容器に水を入れます。
はえがまっすぐ上に飛び、疲れたら水の中に
落ちます。そして上のふたを取り,逆さにして水とハエを処分します。
言葉で説明するには難しいので、考えてくださいね。

良く割れずに残ってましたね。感心します。
Posted by 伸ちゃん at 2015年12月07日 22:14
伸ちゃんへ
ええーーー、はえとり器なんですか!ステキと思っちゃったんですけど用途を聞いたら…。(-_-; 知らぬが仏とはこのことですね♪
Posted by Asako at 2015年12月11日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: