2015年12月03日

おうちの再エネちょいわかり講座

1203solar.jpg
クリックすると大きくなって、詳細な内容も見られます、ぜひ!

わたしの知らないうちになにやら面白そうな講座がはじまっていました。「おうちの再エネちょいわかり講座」今回が最終回だそうです。

再エネっていうのは再生可能エネルギーのことで、太陽光とか風力とかどんどん使ってもなくならない(また使えるようになる?)エネルギーのことなのだそうです。つまり持続可能な暮らしの第一歩だと思うのです。

石油とか原発に頼らない暮らしをしたいけれども、個人の暮らしレベルではどんなことができるのかな。わたしもおうちを作ってもらうときに太陽光発電を念入りに検討したんだけど、ここは雪は降るし半端なく寒いし…で、あきらめたの。

5日にお話してくださる平岡俊一先生(北海道教育大釧路校 准教授)は、鶴居で市民出資型の太陽光発電を実現した中心人物だそうです。そういえば前に別な先生の話を聴きにいったときの話では、ドイツとかでは「危険なエネルギーはもういやっ」っていって市民が発電会社を作ったりしてたなぁ。下川でもそういうの、できるといいね♪

というわけで、まずはお話を聴いてみませんか?(^^)/

12月5日(土) 16時00分〜18時00分 @公民館3階B会議室
おうちの再エネちょいわかり講座「市民みんなのミニ太陽光発電所づくり」
講師:平岡 俊一さん (北海道教育大釧路校 准教授)

申込:クラスター 01655−5−2770 ※当日飛び入りも歓迎!だそうですよぅ。

                             Asako
posted by tomato at 10:28| Comment(0) | 地域の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: