2019年03月15日

苗も元気に育っています

アテネファームでは一度に作業が重なってしまわないように、少しずつ時期をずらして苗を育てています。

0315tomato2.JPG

一番早く来た子たちはだいぶ大きくなってきました。ほんの小さなつぼみも見えています。

0314tomato1.JPG
見えるかな?

0315tomato3.JPG

一番若い苗はまだやっと本葉が出てきたところです。かわいいなぁ。みんな良い子に育ってほしいです(^^)


苗の面倒をみるのと並行して、トマトを植えるハウスの準備も進めています。

下川町は雪が多いのでビニールハウスがつぶれてしまわないように冬の間は被覆資材をめくってホネだけにしています。それを除雪してビニールを張って雪を融かして肥料をまいてトラクターでおこして…そんな準備をいろいろやってからトマトを植えるのです。今からハウスの準備を始めて植えられるようになるのは4月の終わりからGWのころです。雪の多いところでのトマト作りはいろいろ手間もかかりますが、ミネラルをふくんだたっぷりの雪解け水が土を洗い流してくれるので悪いことばかりではありません。

0315tractor.JPG

今年は思いがけない事情ができて、地域の大親分のカズユキちゃんが除雪をしてくれることになりました。カズユキちゃんのトラクターはものすごく大きくて足もゴムのキャタピラーでできています。しかも走るのがとても早い!雪の上ではタイヤのトラクターよりもすいすい自由に走っていきます。うちが1週間くらいかけてやる分量をなんと2時間ですっきり綺麗にはねてくれましたよ目がハート  カズユキちゃん、どうもありがとうございます!

                        Asako
posted by tomato at 08:36| Comment(0) | 農作業

2019年03月05日

屋根雪落とし

0305yane_yuki1.JPG

工房の屋根雪がずり落ちてきて結構危険な状態になってきたので突っついて落とすことにしました。

最初は「雪庇落とし」という道具を使ったのですが、一番雪の下(屋根と接するところ)が氷になっていて歯が立ちません。雪庇落としは屋根を傷つけないように少し柔らかめなのかもしれません。

0305yane_yuki3.JPG
これがアイスピッケル

次に「アイスピッケル」という道具でチャレンジしてみました。アイスピッケルはバーデンダーさんがロックアイスを割るようなかわいいものでなく、駐車場など、踏んで氷になってしまった硬雪を割る道具です(写真の麻子が手にしているもの) これは面白いくらい氷が割れるのですが、今回の氷はあまり厚くないため、プスプスと穴が開くだけ…。

苦戦しているのを見かねた豪之助さんが4.5cm角の材木(垂木---たるき)でちょんと突っついたら…

      ドドーーン

と一気に落ちました。写真撮るひまないどころか、まじで怖かったです。巻き込まれなくてヨカッタ。

0305yane_yuki2.JPG

すっきりしました(^^)

                                 Asako
posted by tomato at 08:56| Comment(2) | 田舎暮らし