2018年02月11日

育苗ハウスの水汲み

0211yuki.jpg

昨日は一晩で結構降りました。暖かい湿気った雪で20cmくらい積もりました。

0211yuki_2.jpg

静かにしんしんと降り積もっていく感じです。

0211sori.jpg

この季節ビニールハウスまで荷物を運ぶのにソリが活躍しています(実はこのソリ、割れてしまっているのですが、まだもう少し現役でがんばってもらいましょう (^^; ソリも頑丈なのはそれなりに高いので…)

0211dougu.jpg

運んだお荷物は水やりの道具。ポンプやホースは何セットもあるのですが、それぞれにアタッチメントが違っています。どこで使うものかわからなくならないように、しっかりお名前を書いておきます (^^)

0211mizukumi1.jpg

向かう先は育苗ハウス。

0211mizukumi2.jpg

雪の中から井戸を掘り出して、エンジンポンプをセット…

ところがエンジンポンプがトラブルで動きません。燃料をくりだすところがエア漏れしているようで燃料が送れないみたい…

0211mizukumi3.jpg

少しの間いろいろやってみたけどだめそうだったので発想を切り替えて、B案・水中ポンプ投げ込み式で汲むことにしました。

0211mizukumi4.jpg

ぽちゃんとポンプを井戸に投げ込んで、そこから延々とホースを伸ばしていきます。

井戸からホースがでてくるところでガキッと曲がると水がうまく送れなくて水圧が高まってポンプからホースが外れてしまうので、1人は井戸の近くでホースを支えていなくてはなりません。(エンジンポンプのホースなら、人がついていなくても大丈夫なので、できればそっちでやりたかったのですが…)

0211mizukumi5.jpg

井戸から育苗ハウスまでホースを伸ばして、無事水を汲むことができました。

0211mizukumi6.jpg

でもこのままにしておくと夜の間にホースが凍結してしまうので、再びこのお道具を片付けてしまいます。寒いところの水仕事は予想以上に手間がかかりますね。

0211yuki3.jpg

育苗ハウスの屋根に積もった雪も落ちて、結構な量になっているので、これから除雪に行ってきます。

日高地方では数百棟のハウスが倒壊してしまったとか…。本当に農家さんたちのことろ思うと胸が痛みます…(T_T) ビニールハウスはアーチで支える構造なので、こういう落ちた雪が横にたまるのに弱いのです。普段雪の少ない地方だと、ハウスとハウスの間も狭いし、雪の堆積スペースも想定していないくてきっととっても大変なんだろうと思います。

早く復旧するようにお祈りします。そして行政から支援がありますように!

                        Asako
posted by tomato at 14:34| Comment(0) | 農作業