2017年08月30日

無印良品さん

0830muji_yurakucho.jpg

人々の暮らしに本当に必要な良質なものを届けたいという想いで商品開発をしている無印良品さんの有楽町店が、7月末にリニューアルオープンしてなんと1階に八百屋さんができました。東京近郊から産直でとびきり新鮮なお野菜を販売しているそうです。そこにアテネファームのトマトもおいてくださることになりました。(たぶん常連さんじゃなくて、スポット的なのだと思うのですけれど)

昨日発送したので、たぶん明日かこの週末くらいには店頭に並ぶと思います。いつもの箱売りではなくて、ひと粒ずつの販売になると思います。少ししか送っていないのですぐに売り切れてしまうかな?それとも高くて売れ残っているかしら…(^^; ちょっとドキドキしています。お近くの方はぜひのぞいてみてくださいね!

無印良品 有楽町店
https://www.muji.com/jp/flagship/yurakucho/

(冒頭の写真も無印良品さんのHPからお借りしています)

                                  Asako
posted by tomato at 07:47| Comment(0) | 農作業

大工の技 ワークショップ

0830moritoie.jpg

地元の木で地元の大工さんがつくる森とイエのおうち見学と、大工さんの技術体験のできる見学会があるそうです〜。わたしの家を建ててくれた山形建設さんの大工さんたちは、札幌の建築士さんも感心するほどの技術なのだそうですよ。そうやってしっかり作ってもらったおうちは夏は涼しくて冬は暖かくてとても快適です。ふだんはにこにこしていても仕事になると超マジ顔の大工さんたち、とてもかっこよかったです。(^^) 家にかける熱い想いをきいてみませんか?

お問い合わせはいつものクラスタ推進部 01655-5-2770

                            Asako
posted by tomato at 07:45| Comment(0) | 地域の話

2017年08月18日

つぶとま、こしとま作り

0817sauce1.jpg

このところ涼しい日が続いて、トマトがなかなか赤くならないので、ソースづくりに行ってきました。

トマトを洗おうと思って水を張ったら、トマトがみんな沈んでいてなんだか懐かしかったです。昔は自分たちの作っているトマトでも、どういうものが糖度あるのかよくわからなくて、糖度計で測るほか、水に沈むかどうかテストしてみたりしてハラハラしていた時代もあったのです。(その頃の記事→☆

今は自分たちのトマトに限って言えばかなり正確に糖度がわかります。(^^)

0817sauce2.jpg

ハウスのほうの仕事もあるのでそちらはトマト氏とパートさんに任せて、わたし一人で作業です。あまりたくさんは仕込めませんでした。

0817sauce3.jpg

全部手作業でていねいに作っています。だいぶ時間をかけて弱火でことこと煮込んでいくので時間のわりに少ししかできません。2日がかりで100本弱でした。

農業の6次産業化とやらで所得の向上、雇用の促進、規模拡大云々言われますが、なんだか別世界の話みたいです。つぶとま&こしとまは、大量生産や経費節減とは程遠いかもしれないけど、でもそういう製品が世の中のはじっこにあってもいいよね?わたしたちはこうやって手をかけて作られたものが食べたいと思うもの、きっと他にもそういう人たちがいると思うもん!

つぶとま、こしとまレシピも公開しているので良かったらみてね〜

http://www.athenefarm.com/koshitomatsubutoma/recipe.html


                                    Asako
posted by tomato at 06:19| Comment(0) | 料理・保存食

2017年08月12日

タノシモの「移住者インタビュー」

0812tanoshimo.jpg

下川町移住交流サポートweb タノシモの「移住者インタビュー」のページに載せていただきました♪

カメラマンの数井さんに「おばさん、顔黒くてはずかしいわー」と言ったら、とっても美人に写してくれました(自分比)ほんものより素敵な農家婦人みたいです。ありがとうございますっ!

ライターの黒井さんに「素敵なお話に書いてね〜」と言ったら、とっても素敵にまとめてくれました。あんなにいっぱい脈略なくお話しちゃったのに、読者さんにしっかり伝わるようにまとめてくれました。ありがとうございますっ!

それから編集のみなさん(お名前秘密?)にもこういう機会を与えてくださってとっても感謝です!

ここまでけっこう波乱万丈の人生だったけど、今振り返ると必然の道のりだったなのかなと思ったりもして…まじで下川町、いいところです。そして農業もとてもたいへんなことも多いけどそれを上回るやりがいのあるお仕事です。よかったら読んでみてね〜♪

下川町移住交流サポートWEB タノシモの「移住者インタビュー」vol.7
http://shimokawa-life.info/interview/interview-vol07/

ずっと夢見てきた田舎暮らし。
健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

posted by tomato at 20:03| Comment(0) | 地域の話