2016年12月29日

一足お先に福袋

1229fuku_1.jpg

いつも面白い本をお勧めしてくれるボランティアグループ「しもかわ本好きの会」のみなさんが楽しい企画を考えてくれましたよ〜。なんと お勧め本の福袋 です!

自分で選ぶといつも偏った(気に入った)テーマの本ばかりになりがち。そこで「どんなものが入っているかわからない」福袋で読んでみたら、もしかして新しい出会いがあるかも!なんですって。面白いね〜。

1229fuku_2.jpg

40袋くらい用意したのですが、今朝図書室に行ったらもうけっこう貸し出されていましたよ。

1229fuku_3.jpg

ちびっこたち用の福袋はだいたいの年齢にわけて、それからさらにいくつかのテーマにそった本が3〜4冊入っています。

1229fuku_4.jpg

オトナ向けのものもさまざまな切り口で選ばれていて、これは案外思いがけない本との出会いがあるかも…。

1229fuku_5.jpg

わたしが借りてきたのはこんなテーマの3冊でーす。お正月に(ドカ雪が降らないでくれれば)読むつもりです。(^^)

1229fuku_6.jpg
この写真はクリックすると大きくなります。

名寄新聞さんでも取材してくれたので、みなさんも興味をもってくれているみたいです。

図書室は年内は明日まで、新年は6日からやっているので、のぞいてみてね〜

                         Asako
posted by tomato at 19:41| Comment(0) | 農作業

2016年12月24日

暴風雪&大雪警報

1224kuri_san.jpg

予想以上の人数にコートをかける場所が足りなくなってしまって、ごそごそとカナヅチを出して新しい釘を打ち付けるクリイワさん。(^^)

1224beer.jpg

カズオさんの "膨張したビール(ノンアル)" 。上下ともめいいっぱい膨らんでいます。

「冷凍庫の温度を強にしたら、冷蔵室まで強になっちゃったんだよね。これも一度こおっちゃったのかな?気がつかなかったなぁ。あ、中身は大丈夫みたい、融けてるよ」

楽しい美味しい時間はあっというまにすぎて、この2枚しか撮ってなかったよぅ (T_T) 3か月分くらい笑って、のんびりゆるりとさせていただきました。関係者のみなさま、どうもありがとうございますっ♪


1224snow1.jpg

明けて翌日は 暴風雪&大雪警報。酔っ払って帰ってきてもハウスが心配で夜中に2回も見回りに行くトマト氏。(遭難しなくてよかったね)風が強いのでハウスの上に雪はあまり乗ってないけど、ふきだまりがすごいことになっています。朝から2人で除雪をがんばりました。

1224snow2.jpg

写真でみるとそうでもないけど、風が強くて、雪がぴしぴしと顔に当たってきてけっこう辛いです。家にもどってからお風呂でしばれをとかすのが極楽…。ただのユニットバスなのにこのときばかりは「上名寄温泉」なんて呼んで感謝してみたりして、ふふふ。

1224snow3.jpg
この写真はクリックすると大きくなります

そして今朝は穏やかな朝。

強風が残した雪の造形美。不思議。なんでこんな形になるんだろうね?

                       Asako
posted by tomato at 09:05| Comment(0) | 田舎暮らし

2016年12月22日

一日で!

1222hyathins.jpg

どんどん咲き進んで、すっかりヒアシンスらしくなりました!生きてる力ってすごいね!

                      Asako
posted by tomato at 12:09| Comment(0) | 田舎暮らし

2016年12月21日

水栽培

1221hyathins.jpg

今年はヒアシンスの水栽培をしています。ピンクと紫の球根を買ったんだけど思っていたより器が小さかったので2個ずつ楽しむことにしました。このガラスの器は結婚前から持っているもので、多肉植物の寄せ植えが植わっていたもの。水栽培にはちょっと深さが足りないような…。そのせいか思っているプロポーションと違った方向に育っています (^^; 葉っぱが小さすぎない?こんなもんだったかしら??咲き始めてきたら良い香りがしています。

1221suzume.jpg

最近は夏の間にサボっていた事務をやっているのですが、四苦八苦しているのを見かねて(?)すずめが窓辺に励ましに来てくれます。この間は窓枠に留まって中をのぞいていました。かわいいよ〜。

トマト氏が毎朝餌付けをしているので、だんだん慣れてきたのですね。

1221usagi.jpg
この写真はクリックすると大きくなります。

それから今朝はウサギが遊びに来ていたようで、雪から出ているバラの頭を全部チェックして歩いたようです。食べられてしまわなかったかな…。うちは国道に近いので普段はウサギはあまり来ません。ここに引っ越してからは足跡だけで本体はまだ見たことないなぁ。きつねだけでなくうさぎまで人里をうろつくようになってきたのでしょうか?それともたまたま?

1221hikkoshi.jpg

筆をだしたついでにのし袋にも書いてみたら、あれれ?なんかへんです。字がまちがってるじゃなーい! (>_<) 書き直してからお届けにいったのですけれど、なんと今度はその袋を家に忘れてしまって改めて出直す始末…。最近は失態続きです、とほほ。

                          Asako
posted by tomato at 15:08| Comment(0) | 農作業

2016年12月14日

心もお財布もあったかい家

先日の「あったかい家=COOL CHOICE」の講座を聞きに行ってきましたよ。

1215ie_1.jpg

うちの設計をしてくれた小倉さんは、キューチをあげる(断熱性能をアップする)と最初に建築費用はアップするけれども長い間には光熱費にかかるお金にずいぶんと差が開いていって、結局はお財布にもあったかいですよ、という話をしてくれました。

でも「やったらいいのはわかるけれども、断熱性能をアップするとお金がかかるのでしょう?」という疑問(悩み)に対して、レイアウトの工夫によって少し小さい家にして(その分建築費用が安くなるので)予算におさめる方法もありますよとおっしゃっていました。

わたしのおうちも北海道の家にしてはとてもコンパクトだけれども、遊びに来てくれた方で狭い・小さいという印象をもった方はいないみたいです。(面と向かっては言いにくいとも思うけれども (^^;)視線や間取りの工夫で印象ってずいぶん違うみたいですよ〜。

1215ie_2.jpg

照井さんは楽しい実験付きで、断熱性能がいいってどういうことか、目で見てわかりやすい説明をしてくれました。

断熱性能って漢字でかけばたった四文字だけど、寒冷地北海道は多くの建築関係の方々の、長い長いの努力によってものすごく工夫と研究が積み重ねられてきました。壁に断熱材を入れるとか、そういう一ヶ所だけ重点的にやってもダメで、「基礎・壁・天井・窓」の全部をすっぽり包んであったかさがもれないようにすることこそが重要で、また断熱と一緒に「気密・換気・庇」をセットで考えようね〜というお話をしてくれました。

1215ei_3.jpg

櫻井さんは、家をつくるっていうことは「小さなBIGプロジェクト」ですよ〜というお話をしてくれました。自分の家だけど、その「家をつくる」っていうことが地域や環境に及ぼす影響とかそういうこともちょっと考えてみたらどうかなという提案をしてくれました。


1215ie4.jpg

森とイエというと建築家さんたちを想像する方も多いかもしれないけれども、ほんとのメインは地域の工務店さんたちです。たびたび書いているけれどもわたしはいつも山形建設さんに建てていただいてほんっとによかったなぁと思うのです。寒冷地の建築について高い技術を持ち、暮らす人のことを一生懸命考えてくれる工務店さんです。大手ハウスメーカーさんほどの知名度がないのであまり知られていないのがとても残念。

森とイエには、山形建設さんのほか、丸昭高橋工務店さんと隣の名寄市の大野土建さんという工務店さんが参加しています。

今日は大野土建さんの方々がうちの見学に来てくれました。(うちの建築時には大野土建さんはまだ参加していなかったので、いらっしゃったことがなかったんですね〜)

「大工さんのタカハシくんが〜〜」「ここは左官屋さんのハタケヤマさんが〜〜」「ここをオオタ板金さんがやったときに〜〜」と説明していると家の建設に係ってくれた一人ひとりの職人さんたちを思い出して、みんなが丁寧に作ってくれたのを思い出して、いつでもハートがあったかくなるのです。

大野さんとそんなお話をしていたら、「そういう施主さんに恵まれて職人はとてもやりがいを感じたと思いますよ」っていってくれました。

建て主は一生懸命やってくれる職人さんに感動して、また喜んでくれる施主さんにやりがいを感じてがんばってくれる職人さん。そういうのってとても幸せな関係だな〜と思うの。そうやって作られたおうちがもっと増えるといいなと思うのです。森とイエ メンバーのみんなのあったかい気持ちが、ほかのみなさんにも伝わるといいな。

                                 Asako
posted by tomato at 18:45| Comment(0) | 地域の話