2016年04月30日

降雪

0430snow.jpg

毎年のことなのでそう驚くこともなくなりましたが、世の中はGWというのに下川では雪が 積もって いますよ。

0430car.jpg

しっとりした雪でけっこう降っています。畑の雪もすぐに融けるとは思うしアスファルトの上は全然積もってないけれども、明日から5月だというのにこんなでは気持ちもめげそう…。

今年は苗を4回に分けて導入したので、4つの学年を受け持っているようなものでそれぞれに注意事項や作業がばらばらで頭の中がトマトちゃんたちのことででいっぱいです。最初の子たちは誘引、次の子は明日から定植、その次の子のハウスの準備をしつつ、一番下の子はまだちっちゃくて…。みんな元気に巣立って行ってくれるといいなぁ。


0430kamiture.jpg

24日のカモミールちゃんたちの説明会に行ってきましたよー。新しい事業を始めるってことはたいへんなことだと思うのだけど、ヤマダコマツちゃんたちの熱い想いをひしっと感じてきました。やっぱり想いってとっても大切よね!まっすぐな志とあきらめない気持ちがあれば、必ず道はひらけます。がんばってほしいなぁ。

0430tea.jpg

カモミールティとりんごのブレンドだったかな?美味しくいただきました〜♪レトロなコップもかわいいね。

おみやげのスキンオイルも試してみたいと思っています。今はまだ試作みたいですけど販売になったらご紹介しますね〜!


0430biovil.jpg

ちょっと早くついたのでバイオビレッジを個人的に見学してきました。

0430biovil_2.jpg

人々が暮らすところもバイオ熱のところもしいたけのところもかっこよくデザインされていてヴェルフェンヴェング村みたいでした。

                            Asako
posted by tomato at 07:56| Comment(0) | 田舎暮らし

2016年04月20日

瑞穂の国の実り

このところ全然おひさまを見ていないような気がします。4月の分の晴れを3月に前倒しで使っちゃったのかな?

0420shisho_1.jpg

この間の日曜日も朝から一日冷たい雨の予報でした。

そうだ!こういうときなら2人でちょっと農場を離れても大丈夫かも!

今の時期は空を見ながら一日中トマトちゃんたちのためにハウスの窓を開けたり閉めたりしています。ちょっと目を離したすきに晴れて30度近くまで温度があがったり、そうかと思うと陰って10度近くまで下がったりするので、二人一緒に出かけることはありえません。でも一日中寒い雨の日なら閉めっぱなしで2〜3時間いなくても大丈夫。

というわけで数年ぶりに師匠の個展に行ってきました。


0420shisho_2.jpg

額も表現のうち…というような小品と、大きなシリーズと…。

0420shisho_3.jpg

そして今年の目玉は屏風絵。六曲一隻のほか二曲二双と四曲一隻とありました。屏風の数え方って今回検索して初めて知りました。日本文化なのに知らないことばっかり…。

0420shisho_4.jpg
この写真はクリックすると大きくなります

師匠の絵は遠目に写真で観るより、実物のほうが断然素敵。ドアップでみるとこんな色の深みとテクスチャー。

個人的には稲穂シリーズに心温まる想いがしました。 作は人なり とすると豊かな実りのお心持ちなのかな、なんて(^^;


0420camera.jpg

師匠の芸術に刺激されたというわけではないのですけれど、この冬からトマト氏は写真撮影に励んでいます。撮りたい気持ちがあふれているようです。見せてもらったら、同じものを撮ってもわたしと全然違う世界観で(わたしのはどちらかというと記録写真ですが)トマト氏の写真からは表現したい何かを感じます。わたしもなにかゲージツの才能があったらいいのになぁと思う今日この頃…。(まあ、そういうのは時間のある冬に、ね。今はトマト育てに専念しませう (^^;)

0420tori.jpg
この写真もクリックすると大きくなります

及川幸雄絵画展は今日まで
名寄市北国博物館1Fギャラリーにて

北国博物館のロビーには野鳥を見る望遠鏡?がセットされていて、野鳥を間近に観察できます。アカゲラも熱心にえさを食べていましたよ〜。

                           Asako
posted by tomato at 08:11| Comment(0) | あれこれ

2016年04月17日

カミツレ石鹸

災害のニュースに驚いています。阿蘇は就農前に移住先として検討したところのひとつです。温暖で人も親切でいいところだなぁと思っておりました。お話してくれたおじさんのところは大丈夫かな…。おじさんだけでなく被害にあわれたみなさんに心よりお見舞い申し上げます。どうか一日も早く日常がもどりますように!


0417soap.jpg

最近(といっても冬の話なのですが)上名寄郷土芸能保存会に新しい仲間がたくさん入ってくれました。(9人くらい??)その中に一の橋の地域おこし協力隊のカモミールちゃんたちがいます。カモミールちゃんたち、なぜか苗字呼び捨てで2人セットでヤマダコマツと呼ばれていますが、とってもかわいいこたちです。

カモミールちゃんたち、2人ともすべすべもちもちでつい触りたくなっちゃうようなきれいなお肌をしています。でもその昔は敏感なお肌の悩みがあって困っていたらしい。自分たちと同じような悩みを持っている人のお役に立てるような石鹸を作ろう!と製品化を目指してがんばっています。

ただの石鹸じゃなくて、なんとタネからカモミールを栽培して、それを自分たちで収穫して、成分を抽出してそれを配合するのだそうでとっても愛がこもっています。わたしもカモミールを作ってMYハーブティを作ったりもしましたが、花はとっても小さくて乾燥するともっとちっちゃくなっちゃってその労力を考えるとほんとたいへーんです。「抽出って精油をとるの?」と質問したら、こまっちゃんが「精油にするとどうとかでああなってこうなるので、そうじゃなくてああしてこうしてそれからああしてこうして…」ととても専門的に説明してくれました。(?_?)ゼンゼンワカンナイ…。こまっちゃんバリバリのリケジョ(理系女子)なんだって。

でも理屈はわからなくても使い心地はわかります!お風呂でこの石鹸を使うととってもいい香りがして、気持ちもリラックスしてお肌もきれいになったような気がします(っていってもほんとはわたし、普段あまり自分のお肌の状態に関心がないのでよくわからないのだけど(^^;すべすべしてるような気がします)

今度の24日にそのカモミールちゃんたちの工房(ソーリー工房)の事業説明会があるそうですよ〜。

詳しくは → 下川町地域おこし協力隊さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/ichinohashi07/archives/48319479.html

わたしも聴きにいきたいなぁ、でもトマト作業あるから行かれるかな、どうかな?


0417sotugyo.jpg


先週のトマトちゃんたち
、無事育苗ハウスを卒業していきました。 (^^) これから大きなハウスで良い子に育ってくれるように願っています。(卒業していったのは全体の1/4なので、全体としてはまだまだなのですけれど (^^;)


オマケの話
0417ankyo.jpg
クリックすると大きくなります

農場内の有孔暗渠管、「10年くらいしたら目が詰まって効かなくなるよ」といわれていましたが、まだしっかり働いてくれています。雪解け水がきらきらしてとてもきれいでした。

0417senbei.jpg

サト美ちゃんからいただいたトマトのおせんべい。なんとトマト&バジル味。おせんべとトマトなんて思いがけないハーモニーでしたが美味しかったでーす、ごちそうさま♡


                          Asako
posted by tomato at 08:24| Comment(0) | 地域の話

2016年04月11日

準備OK!でも…

0411hana.jpg

定植するビニールハウスの用意ができて、トマトの生育のほうも定植適期になっています。

でも昨日は朝から強風&雪。そして翌朝の天気予報の最低気温がマイナス10度…。ここで予定通り定植するか延期するか、正解のない経営判断。延期すると今後のスケジュールにしわ寄せ必至。

でも大きいハウスの地面に植えられて最初の晩がマイナス10度ではトマトたちがかわいそう(もちろん暖房を入れるのでハウスの中でそんなに下がるわけではないけれども)どうしようか散々悩み話し合った結果延期しました。春はいつもこうして迷ってばかり。こういう小さな判断が積み重なって「それぞれの経営(という個性)」ということになるんだろうなぁ。

結局予報は外れてマイナス5度くらいでした。

                              Asako
posted by tomato at 07:15| Comment(0) | 農作業

2016年04月08日

春は大忙し

0408house.jpg

暦の上ではすっかり春なのですが、まだ農場はこんなに寒々しい景色です。明日も雪の予報…。

それでも3月には珍しく圧倒的な日照量があって、トマトちゃんたちはすくすくと育っています。標準年よりもちょっと早いかな?というわけで大急ぎで定植するハウスの準備を進めています。


0408multi.jpg

まずハウスの除雪をして、ビニールを下ろして、地面が乾くのを待って、肥料をまいて、トラクターで耕して、潅水設備をセットして、ビニールマルチをして(←いまここ)、二重ハウスの準備をして、暖房のセットして…


0408truck.jpg

定植してすぐはまだまだ寒い日が続くので、うちでは大きいハウスにも全部暖房をセットします。ハウスのあるところまで灯油の配達ローリー車は入ってこられないので、暖房機のほかに一台につきひとつずつの灯油タンクも持って行きます。灯油タンクや暖房機は地面にセットすると下がさびてしまったりするので、コンテナを台にしてその上に置きます。それから煙突と電線とサーモスタットと…。結構な荷物になりますね。

ハウスは納屋からちょっと離れているのでこういうものの運搬がちょっと大変。まだ軽トラックが走るには道がぬかるんでいるので、なるべく少ない回数で運びたい。(何度も行ったり来たりしているとますますぬかるんでしまうからね)忘れ物しないようにできるだけ一回で運べるように、と積んでいるうちに満載になってしまいました。

こういうものは全部氷点下の雪の下にするわけにはいかないので、使わなくなったらまた全部持って返ってきて納屋に仕舞います。


0408garon.jpg

定植の準備と並行して機械を掘り出したり

0408band.jpg

傷んでいるハウスバンドを交換したり

0408nezumi.jpg

ねずみの穴をふさいだり。

もちろんその間にも空と温度計を見ながら育苗ハウスの窓をあけたりしめたり。

そんなことをしていると毎日があっというまにすぎていきます。 (^^;


0408ike.jpg

後藤さんに掘ってもらった地下水対策の穴に雪解け水がたっぷりたまっています。

0408ana.jpg

はじっこのほうからはあふれています。でも今これをポンプアップしても捨てるところがありません。


0408meikyo.jpg

写真だとよくわかりませんが、去年掃除していただいた排水トラフのほうもあふれそうな勢いで流れているので、ここに池の水をもってきたら今度はこっちがあふれます。雪解け水が落ち着くまで少し待つようですかね…。


0408imo.jpg

おまけ:日々がんばっているごほうびに村上農場さんの雪下熟成インカのめざめ。まるでサツマイモのような甘さに加えて濃厚な旨み!美味しい!感動を届けられる農産物ってすごいなぁ。

                           Asako
posted by tomato at 08:39| Comment(0) | 農作業