2015年12月26日

木の車椅子

1226content_08fda0244b5397e030ee401fd2bea5b24f78a72b.jpg

うちのキッチンを作ってくれた 家具工房旅する木 の須田さんの夢。ほとんど全部木でできた車椅子です。

須田さんが家具職人として独立するときに「自分が家具職人になったらいつか実現したいこと」としてずっと温めてきたことのひとつなのだそうです。車椅子はユーザーさんにとっては身体の一部です。それが作り手の想いとぬくもりの伝わる木だったらきっと外出するのも楽しくなるよね〜。

今だから小さい声で言いますけれど…ほんとのこといって最初のチャレンジを聞いたときには、技術的な力試しなのかな?と思っていました(須田さんごめんなさいっ)

須田さんのすごいところは、一号機を作って自己満足で終わらないで、そのあと専門家とか使う人とかの意見を聞いてどんどんバージョンアップしているところ。すごい!本気なんだ!

今度作るのが4号機になります。その製作費用もばかにならず、できたらみなさんの支援をいただけたら…とメールをいただいたのがほんの2日前のこと。金銭的支援でなくても呼びかけだけでも…ということだったので、こうしてブログ記事を書いているのですが、もたこらしているうちになんと目標金額達成してしまったようです。でもとってもいいお話なので紹介しますネ♪たぶん余分に集まった分は5号機製作に使ってもらえると思います。みんなも須田さんと一緒に夢を実現しませんか?

クラウドファンディング:木の限界に挑む!温かくて素敵な『木の車椅子』を作りたい!
https://readyfor.jp/projects/6579



1226kitchen.jpg

せっかくなので木のキッチンのその後もお伝えしておきます (^^) なんていうのかな〜、木のキッチンってとってもいいよ。毎日3食キッチンの前に立つのが幸せなの♪ちょうど2年くらいたつのですが、最初の頃より日に焼けていいあめ色になってきました。アメリカンブラックチェリーのこういう色大好き!

1226shimi.jpg

使い始めの頃に漂白剤をうっかり飛ばしてしまって、気がつかないままになって色が抜けてしまったところはそのままですが、それも思い出。うっすらの輪じみはすっかり消えちゃったみたいです。

1226hekomi.jpg

大好きなキッチンなのでていねいに使っているためか、意外とへこみや傷はありません。一生懸命探してやっと上の写真の傷をみつけたくらい。もっと傷だらけになっちゃうかと思ってたけどそうでもないですね〜。たまに思い出したときに蜜蝋をすりこむくらいで、あとは普通に水拭きで気持ちよ〜く使えます。

−−−−−−−−−−

ここからは全然関係のない話。

地域の若いお母さんたちがわたしたちのおみそを幼児センターに寄付してくれて(名寄新聞の記事)、とても好評で、これから給食に使っていただけることになりました。それにともなってみんなで相談したりあれをしたりこれをしたり?結構ぱたぱたと忙しかったです。

1226cake.jpg

そんな会議の帰り道、美花夢さんに寄って甘いものでも…と思ったら、シホちゃんから「これからクリスマスですか?」と声をかけられ、「ええっ?あ、そういうわけでもないのだけど、家で2人でいただこうかと思って…」とお返事しました。

それで家に戻って開けてみたらば、びっくり!ふつうのケーキがクリスマスモードにバージョンアップされていました。シホちゃんの優しい気持ちにほっこりしました。


みそづくり母さんの会のかあさんたちのあったかい気持ちが、若いお母さんたちに伝わって、それが幼児センターの先生とか保護者の方に伝わって、それもとってもうれしかったし、なんだか、あったかい気持ちってどんどん伝染していってみんなが幸せになるのがいいよね〜♪

須田さんの車椅子もきっとたくさんの人の気持ちをあったかくしてくれるんだろうな。自分の足で歩けなくなっちゃった人がこの車椅子で勇気づけられたらいいな。たくさんの人の想いがこもってる車椅子、きっと使う人も幸せになれるね!(^^)

                            Asako
posted by tomato at 18:30| Comment(0) | あれこれ

2015年12月23日

クリスマス



もうすぐクリスマス、良い子にしていないと悪いサンタさんがやってくるかも!映画公開にあわせてネットで話題の動画、面白かったです〜。こんなサンタさん来たら困るので良い子で過ごしましょう (^^;


1223jyuhyo.jpg

今朝はマイナス19度としばれました。でも残念ながら寒さ全国トップ10には入れませんでした。上には上が?下には下が?もっと冷えた地域もあるようです。

1223cake.jpg

お客さまがいらっしゃるというので、先日は みそゴボウケーキを 

1223sweets.jpg

そして昨日は メレンゲのなんちゃら〜 を作りました。家にあるもので、バターも生クリームもなくてもなんとかおもてなしができてよかったです (^^)

1223snow.jpg

トマト氏にも一足早くサンタさんが贈り物を届けてくれましたよ。(トラクターにつける除雪機 スノーブロアー といいます)今までの除雪機よりもハイパワー。でもずっと後ろを向きながら身体をひねって進むので、身体が固いトマト氏にはけっこうきついお仕事のようです。それとパワーがある分、あまり雪が少ないとやりにくいようだし。難しいものですね。

1223rusk.jpg

Asakoにも美味しいクリスマスプレゼントが届きました♪ありがとう、ごちになります (^^)/

                         Asako
posted by tomato at 11:05| Comment(0) | あれこれ

2015年12月19日

今日は特別-2

 ご無沙汰してます,トマトです。Asakoは花より団子で料理の写真ばかりですが店内もクリスマスの飾り付けがあっていいムードですよ。( 写真はクリックすると大きくなります )

1216dinner_7.jpg

        トマト
posted by tomato at 09:31| Comment(0) | 料理・保存食

2015年12月16日

今日は特別

日ごろは、レストランでカメラを出して写真を撮ったりしないのですが、今日は特別です。

だって、こんなに美味しいモレーナ(夜)さんが「うーん、12月は割と暇っすよ」なんて言ってるのですもん。「モレーナ(夜)さんは、きっと12月はデートや女子会、忘年会で超忙しい、予約も取れないに違いない」とみんなが思い込んでいて(わたしたちもその一人)遠慮しあってしまっているらしいのです。

ほかにお客さんがほとんどいなくて、シェフと同席者に了解を得て、料理がでてくるたびにカメラだして真剣に撮ってきました。といっても、撮っているのが迷カメラマンなので、美味しさはみなさんの想像力を駆使してこの写真の10倍くらいと思ってください。(^^) 

下川の田舎家でこんなに素晴らしいフレンチが食べられるなんて、まじですごいです!このコースはお一人さま3500円。このほか2500円のコースと5000円のコースがあるそうです。要予約


1216dinner_1.jpg

アミューズブッシュ
一口おつまみの盛り合わせ
オーラキングサーモンのミキュイ・田舎風パテ
鱈のブランダード・カモオリーブ・タチとトマト


1216dinner_2.jpg

ゴボウのスープ

>1216dinner_3.jpg

前菜
ミナミマグロと茄子のミルフィユ仕立て


1216dinner_4.jpg

魚料理
松川ガレイのムニエル グルノーブル風


1216dinner_5.jpg

肉料理
鴨胸肉のローストとトウルト エピス風味


1216dinner_6.jpg

デザート
グラン・マルニエのパルフェ 苺とクーリーと共に

食後のお飲み物
コーヒー・紅茶・ミントティ・マロウブルーティ・ほうじ茶
小菓子




レストラン&カフェ モレーナ
http://morena.minibird.jp/

月曜日はお休み
電話 01655-4-4110
住所 北海道上川郡下川町北町309



ほんとにほんとにおいちかったー♪し・あ・わ・せ♪

ワインもいいのがある(らしい ← すみません、詳しくないのでわかりません)し、ノンアルコールもお料理のお供にいいようなのもをいろいろとりそろえてくださっているので、お車で来てもドライバーさんも一緒に楽しめます。あー、また行きたいよー。

                              Asako
posted by tomato at 18:43| Comment(0) | 料理・保存食

2015年12月14日

モミの木クリスマス会

1214kaigi_.jpg

冬休みだからといって、のんびりコーボちゃんの相手をしているわけではありません (^^; 12月になってから、会議とか会議とか会議とかお勉強会とか会議とかお勉強会とかで結構あわただしく過ごしています。会議の話はきっと読んでも面白くないだろうなぁと思うのであんまり書きませんけれど、みんなとても真剣に地域なり、組織なり、仲間なりのことを考えているのだなぁと思います。そういうみんなの想いが集まっていい方向に進むといいね!


1214momi_1.jpg

さて、きのうはモミの木クリスマス会でした。以前にも書いたので、古い読者さんはご記憶かもしれませんが、これは有志による子どもたちのためのクリスマス会です。

昔は地域ごとに小さいクリスマスがたくさんあったらしいのですが、だんだん子どもたちが減っていってクリスマス会をやるのも大変になってしまった…という声を聴いて、今の町長の谷さんが地域学しもかわ学会に相談して、「じゃ、みんなで合同でやりましょう!」ということになって、それ以来ずーっと続いているものです。

1214momi_2.jpg

たくさんのおとうさんおかあさんと、おとうさんやおかあさんじゃない地域の人たち(?)、それから商店街の方々も、そしてもちろん町役場の人たちも、ほんとにみんなで協力して、子どもたちに夢を与えたいなあと思ってずっと前から準備して、当日もアレをやってコレをやって、ソレを確認して、進んでいくのですね〜。

子どもたちは地域の宝だなぁ、ほんっとにみんなが大切に思っているんだなぁと、オバサンになるとこういう裏方さんたちをみて胸が熱くなっちゃったりするのですわ (^^;


1214momi_3.jpg

しもりんも長い時間暑い会場でがんばっていましたよ。サンタさんとのツーショットは大人気でした♪

1214momi_4.jpg

子どもたち、喜んでくれたかな〜☆

子ども会連合会の会長さんが最初のあいさつでお話してくれたけど、サンタさんは必ずいます。サンタさんがくれるのはプレゼントだけじゃありません。みんなの心に勇気と力をくれます…。

そしてきっと愛と喜びも!

                         Asako
posted by tomato at 10:36| Comment(0) | 地域の話

2015年12月11日

コーボちゃん

春にやろうと思いついたのはいいけれども、だんだん忙しくなってできなかったことのひとつ、天然酵母パンを焼いてみました。

1211pan_1.jpg

びんを殺菌してホシノ天然酵母を入れてかき混ぜてタネをおこすところから。生種を作るのに、25度で30時間、30度くらいなら24時間だって。果てしない道程。 これが12月8日のこと。

1211pan_2.jpg

家の中の暖かそうな場所を連れ歩いて、こぽこぽしてきました。机で静かに仕事をしていると発酵の音がピチピチと小さな音を立てています。

ホシノ天然酵母の公式サイトにも、種をおこすのに何度なら何時間と書いてありますが、うちでやる場合は一日の中で一定の温度ではないので、自分の目でたしかめて「おわり」を決めないとなりません。イーストのパンは作ったことはあっても天然酵母は全く初めてなので、ネットの画像を頼りに だいたいてきとーに 自分の感性を信じて「これくらいでいいっか」と決めました。

・・・・・

と、実は細かくレポートしていこうと思っていたのですが、なにしろ長い時間かかる!

一応時間と酵母ちゃんの様子の記録をとりながら写真も撮ったのですが、延々とびんの写真が続いてもつまらないと思うので… (^^;

えいっと飛ばして、一次発酵が終わったあたりへ、Let's ワープ!


1211pan_3.jpg

これが今朝11日の朝5時の様子です。

あれー、おかしいなー。

一次発酵に12時間くらいを見込んで夜の8時半くらいにこね終わりました。朝ごはん食べてからパン作りを再開すればいい予定でした。早朝なんとなく目が覚めてトイレに起きたら、ちょっとちょっとー、ふくらみすぎじゃない?とあわててパン作り再開するはめに…。思っていたより暖かかったのか、それとも酵母ちゃんが元気すぎたのか、予想よりも早く発酵が進んでいたのですね〜


1211pan_4.jpg

分割して丸めてベンチタイム(パン生地のお休み時間)一時間とって、成形して食パンの型へいれてました。このあと二次発酵に2時間。


1211pan_5.jpg

そして200度のオーブンで焼き始めました。天然酵母&国産(下川町産)小麦なので、もしかしてふくらまないかもしれないなーと心配していたけれども、十分な釜ノビです。

1211pan_6.jpg

焼き上がりもばっちり!

1211pan_7.jpg

耳カリッ、中ふわっと上手に焼けました。(^^)v うまーーい!

1211pan_8.jpg

今回使ったのはこちら、下川町産はるゆたか100%。

1211pan_9.jpg

春に買って、そのまましまっていたので賞味期限が切れてしまっているのは ヒ・ミ・ツ ♪

8日の10時くらいに始めて、食べられたのは11日のお昼。インスタントドライイーストと違ってとっても時間がかかるけど、とってもとっても美味しかったよー。

実はわたし、20代後半くらいに趣味でせっせとパンを焼いていた時期がありまして、食パンの型もその頃かっぱ橋で購入したもの。案外こね加減の見極めとか忘れないものですね〜。パンの焼けるにおいも懐かしくうれしい&楽しい。しばらくはまりそうです (^^)

                            Asako
posted by tomato at 18:12| Comment(4) | 料理・保存食

2015年12月07日

天塩弥生駅

1206teya_0.jpg

今話題の(?)天塩弥生駅のオープンハウスに行ってきました。駅といってもJR駅ではなくて、来春開業予定の、ばばなちゃんととどぐまさんの田舎食堂&民宿です。

1206teya_02.jpg

今は廃止されてしまった旧国鉄深名線にあった天塩弥生駅の跡地に、キタクラフトさんに建ててもらったレトロ駅舎。木製二重窓がレトロですが、よくみるとペアサッシと外窓でちゃんと近代的暖かさです!


1206teya_01.jpg

中はとどぐまさんの趣味の鉄道グッズがいっぱい。昔の国鉄の人が使っていたものもあるし、再現して作ったものもあるし、壊してしまう駅から譲り受けたものもあるみたいです。手づくりの薪ストーブがぽくぽく燃えて、その周りでみんながミカンを食べたりお茶を飲んだりしていて、ほんとに待合室みたいです。

1206teya_03.jpg

きっぷ売り場がフロントです。奥の赤い線の入った帽子の人がとどぐまさん。この日はSTVテレビの取材の人も来ていました。

1206teya_05.jpg

お部屋の戸はこれまたレトロな戸を再利用しています。男女別の、相部屋民宿で、今はまだないけどあとでベッドもいれるといってたよ。お部屋の中は無垢フローリングでした。(たぶん下川産のナラ)

1206teya_04.jpg

こっちのお部屋では、「駅舎ができるまで」のスライドを上映していました。衣桁(いこう)や鏡台、ちゃぶ台と懐かしいものがいっぱい。

1206teya_10.jpg

めんこいお人形さんもあって、昭和にタイムスリップです。

1206teya_06.jpg

洗面所とお風呂と

1206teya_09.jpg

バリアフリーのお手洗いは共同利用です。でも、こちらも最新設備が入っていて、昔の寒さや不便さは体験できません(!)

1206teya_07.jpg

洗面所の鏡、よく見ると 末武翁座右銘 と書いてあって 「良心の命に従うべし」とあります。すえたけさんちのおじいさんの長寿のお祝いに配られたものかなにかでしょうかねえ。手づくりガラスの灯りがなんともステキです。


JRが廃止になって、駅が取り壊されてさみしくなっちゃったところに、新しくまた駅舎(民宿)ができて灯りがともって、人の往来がうまれて…地域の方はとっても喜んでいることでしょうね♪ちょうどこの駅舎の前にバス停があるので、汽車で来る人も安心ですね。

お泊りやアクセスなど、くわしいことは下記へお尋ねください。
レストラン&ゲストハウス【天塩弥生駅】さん
https://www.facebook.com/teya841/


レトロだけどあったかい建築については
キタクラフトさん
http://kitacraft.com/


キタクラフトさんは、とどぐまさんたちと一緒に古い駅舎の写真を探したり、どうしたら駅っぽくなるのか一生懸命考えてくれたらしいです。


1206teya_08.jpg
新聞をクリックすると、名寄新聞の記事にジャンプしますよ、ぜひ!

天塩弥生駅さんの隣は、最北端ワインの森臥さんです。思いがけないところに観光スポット出現ですね!

                             Asako
posted by tomato at 15:08| Comment(3) | 地域の話

2015年12月03日

おうちの再エネちょいわかり講座

1203solar.jpg
クリックすると大きくなって、詳細な内容も見られます、ぜひ!

わたしの知らないうちになにやら面白そうな講座がはじまっていました。「おうちの再エネちょいわかり講座」今回が最終回だそうです。

再エネっていうのは再生可能エネルギーのことで、太陽光とか風力とかどんどん使ってもなくならない(また使えるようになる?)エネルギーのことなのだそうです。つまり持続可能な暮らしの第一歩だと思うのです。

石油とか原発に頼らない暮らしをしたいけれども、個人の暮らしレベルではどんなことができるのかな。わたしもおうちを作ってもらうときに太陽光発電を念入りに検討したんだけど、ここは雪は降るし半端なく寒いし…で、あきらめたの。

5日にお話してくださる平岡俊一先生(北海道教育大釧路校 准教授)は、鶴居で市民出資型の太陽光発電を実現した中心人物だそうです。そういえば前に別な先生の話を聴きにいったときの話では、ドイツとかでは「危険なエネルギーはもういやっ」っていって市民が発電会社を作ったりしてたなぁ。下川でもそういうの、できるといいね♪

というわけで、まずはお話を聴いてみませんか?(^^)/

12月5日(土) 16時00分〜18時00分 @公民館3階B会議室
おうちの再エネちょいわかり講座「市民みんなのミニ太陽光発電所づくり」
講師:平岡 俊一さん (北海道教育大釧路校 准教授)

申込:クラスター 01655−5−2770 ※当日飛び入りも歓迎!だそうですよぅ。

                             Asako
posted by tomato at 10:28| Comment(0) | 地域の話

2015年12月01日

みかんジャム

1201flower.jpg

きのうはめでたく?50歳のお誕生日を迎えました。お友だちがとっても立派なポインセチアを贈ってくれたので、我が家は一気にクリスマスムードです (^^)


1201mikan1.jpg

それから別なお友だちからみかんをいただいたのですが、残念なことに輸送の途中で傷んでしまったものも…

1201mikan2.jpg

せっかくなのでていねいにむいてみかんジャムを作ってみました。

1201mikan3.jpg

いつまでたってもとろみがついてこないで、変だな?と思ったら、みかんの皮のしろいところにペクチンがあってそれでとろみがつくんですね (^^; ていねいにむきすぎちゃったみたいです。

12個くらいのみかんで3つのジャム。いちばん右はふたにブルーベリージャムと書いてありますが中身偽装ではなく(笑)、すぐに食べるから滅菌しなかっただけ。あとのふたつはしっかり滅菌したので、常温保存でも大丈夫。なまのみかんがなくなっちゃってさみしくなったら開けることにします♪

                      Asako
posted by tomato at 18:13| Comment(0) | 料理・保存食