2019年08月12日

移動支援Reraの話

わたしたちが農業を始めて間もない頃、新米農家は仕事がのろくてどうにもならないくらいトマトたちのお世話が追いつきませんでした。そんなとき、沖縄でお仕事をしていたヒロコが「そんなに困ってるなら、行くわ!」と、ぴゅーんと日本縦断して助けに来てくれました。もう身体も限界、心も折れかけているときに本当に神さまに思えたよ。あれはもう10年くらい前??(^^;

そんな村島弘子さんが震災後に石巻へ駆けつけて、困っている人たちの送迎をするボランティアのスタッフして働き始めた。そしてどんどんボランティアの人たちが入れ替わる中、気がつけば「一番長く続けている人」になり、さらに「だいひょう」になり、困っている人たちを助け続けるために、状況や周りの対応に泣いたり怒ったりしながら仕組み作りをしてがんばってきた。

今一緒にがんばってくれてる仲間の多くは、きっとヒロコの熱い想いに共感して惹きつけられてしまった人たちだろうと思う。

今はもう災害支援というよりは、日々困っている人たちにとって、なくてはならない活動になっている。ただ困っている人というなら助けきれないくらいいる。だから最初のきっかけの「移動に困っている人」というところから、自分たちのできることの中で、どんなことができるだろう?と一生懸命考えて、思いがけない活動を生み出している。

きっと行政とか、大きな組織じゃできない柔軟性で、大きな目で見て何が必要だろう?と考えていった結果だろうと思う。お出かけとか菜園とか本当に喜ばれていると思う。

笑顔が広がるってことは生きがいや幸せを感じるってことで、ただの目の前の問題解決ではない、すごいことだち思うんですよね〜。こういうのって既存の言葉で表現できない 。数字にしにくいから、評価されにくくて残念。もっとみんなにヒロコたちの活動を知ってもらいたいなぁと思いつつ、どうやって紹介したらいいんだろう?と思っていたところ、NPO法人 移動支援Rera の活動を、実際にボランティアとして長く参加しているライターさんが力作記事にまとめてくださったのでご紹介します。

ぜひぜひ読んで欲しいです。

IMGP3033.JPG
このお写真はReraのボランティアさんの撮影したものです。クリックすると介護ポストセブンさんのサイトの『移動困難者を支える活動レポート|東日本大震災時から活動を続ける石巻の「Rera」とは?<第1回>』の記事にジャンプします。

3回シリーズ 1回目
https://kaigo.news-postseven.com/16911

2回目
https://kaigo.news-postseven.com/16918

3回目
https://kaigo.news-postseven.com/16926

災害支援というとフッコーチョーのなんとかがかんとかで、10年をめどに見直しになっちゃうらしい。でも10年経って困らなくなる人もいるかもしれないけど、依然として困っている人たちもいるわけで、これからさらに支援が必要だと思うんですよ。どうしたらいいんでしょうね…。

Reraさんの支援についてのページ
http://www.npo-rera.org/supporter.html

                         Asako
posted by tomato at 18:30| Comment(0) | 農作業

2019年08月10日

食料自給率のブログ記事ご紹介

つい先日近くの小麦畑が刈り取られ、農協の行き帰りに見る田圃も色づいてきたなぁと感じている今、このやまけんさん(山本謙治さん)の記事はとてもタイムリー。

やまけんの出張食い倒れ日記

この間、下川りくらしネットさん主催の幕内秀夫先生の「粗食のすすめ」でも、パンじゃなくてごはん食をすすめていました。子どもたちの胃袋はとても小さいので、お菓子や清涼飲料水でカロリーが満たされてしまうと食事が入らなくなってしまう(先生のお話をいつか書きたいと思いつつ、書き始めると長くなってしまうので、バッサリ要約ですみません。もっといろいろぎゅっと詰まったご講演でした)

また、先月は東北で菜種油を作ってる方、関西でゴマ油を作っている方とお話する機会もあって、まじめに作られた日本の油の美味しさをもっとみんなに知ってほしいなぁと思って帰ってきたところ(この話もいつか書きたいと思いつつ、書き始めると長くなってしまうので…以下同文)

いろいろ頭の中でそよそよとぐるぐると回っているんだけど、言葉になってでてきません。そんなときこのやまけんさんの、力作記事で胸にストンと落ちる言葉がありました。「日本の食料自給率が低い一番の理由は、日本で生産しやすい食料を日本人自身が選んでいないから」

そうなんだ!日本人が何を選んで買って食べたか、が、つまり数字になっているわけで、食料自給率を改善したかったら消費者が何を選ぶかで簡単に変えられるじゃないかってことなんだ!

自給率だけでなくて、自分たちの選んで食べてるものが経済や未来や自分の身体も国土も地方(ローカルに人が住むことも)も作っているんだよ。ああ、いっぱい思うんだけど、まとめられません…

---

やまけんさんのこの記事にはもっとたくさんのことが書いてあって、みんな時間をかけて読んでみたらすごくいろいろ考えることがあります。ぜひみなさん 時間を作って お読みください。

                    Asako
posted by tomato at 10:06| Comment(0) | 農作業

2019年08月04日

オンラインショップ

IMGP3033.JPG

アテネファームのオンラインショップをオープンしました♪

今年は早春からおひさまいっぱいで葉っぱも立派に育ってとても美味しくなっています。先にお送りしたお客さまからも届いたその日に「毎年この味を待ってるのよね〜」とのうれしいメッセージとともにリピート注文がありました。(^^)/ヤッター!がんばって育ててる甲斐があります。

ご注文は下記URLから承っております。みなさまのご注文、おまちしてまーす♪

https://athenefarm.easy-myshop.jp/
posted by tomato at 12:57| Comment(0) | 農作業

お茶の時間

IMGP3047.JPG

この間札幌から下川に来る途中で寄ってくれたお友だちが、美味しい差し入れをくれました。織部焼(オリベ)の包装紙の中からていねいに作られたおまんじゅう。(^^) これはお抹茶の伴ですねえ。わたくし、これでも茶道部でしたの、オホホホホ…

IMGP3048.JPG

先週は収穫ピークでへろへろだったけど、今日はちょっと段休みなのか、一息できるくらいの余裕がでてきました。いつもは8月の第一週くらいがピークなんだけど、10日くらい早く進んでいるのかなぁ

                         Asako
posted by tomato at 12:54| Comment(0) | 田舎暮らし

2019年08月03日

そろそろ

IMGP3036.JPG

最近は日々赤くなるトマトに追われ追われて、いろんなことが遅れています。(メールのお返事とか事務とか、トマトの管理作業とか…自分の能力不足を実感します。(^^;)一番の原因は春から続く暑さなんですけど…。自然のありように対して人間のできることは少ないなぁといつも思います。

明日くらいにネットショップをオープンしようと思っています。お待たせしてごめんなさい♪

全国的に暑さが続いているようですが、みなさんもアテネファームのトマト食べて、熱中症にならないようにがんばりましょうね〜。

                       Asako
posted by tomato at 06:26| Comment(0) | 農作業

2019年06月16日

すずめのひな

0616suzume.JPG

このあいだの草刈中に発見された巣はやっぱり子育て放棄されてしまったようす…(T_T)

でも家の窓から見える巣箱のひなは順調に育っています。親鳥がエサを運んでくると穴から口を出しておねだりするくらい大きくなっています。(写真を拡大してみると中から飛び出してるくちばしが見えるよ)

昨日は一羽、ぽろんと飛び出して(というか落ちるくらいの感じで)出て行きました。まだ上手に飛べなくて、危険な体験もしてなくて、のんきに日向を歩いていました。外界には敵もたくさんいるからもうちょっと警戒したほうがいいんじゃないかとハラハラしています。無事に大人になるといいな。

                          Asako
posted by tomato at 08:39| Comment(0) | 田舎暮らし

2019年06月09日

うめちゃんの木

0609temarikanboku.jpg
上の写真は7年前のものです

2012年にンメツボさんからいただいて、翌年やっと3つ花を咲かせただけのこんなちびっ子だったのに、いまは見事な木になりました。

0609temarikanboku_2.jpg

この木のお名前は「テマリカンボク」。お花屋さんでスノーボールという名前で売られているのと同じみたいです。東京では結構お高い花だったナ(たぶん輸送費…笑)

                         Asako
posted by tomato at 12:30| Comment(0) | 田舎暮らし

2019年06月06日

小鳥の巣

IMGP2892.JPG

草刈りをしていたらヨモギ林のなかに小鳥の巣を発見。あー、ごめん。せっかくいい隠れ家だったのに丸見えになっちゃって…。育児放棄されちゃうかしら 涙ぽろり かわいそうなことをしてしまいました。

今みちのりさんのFaceBookで話題になってる卵によく似てる。でも少し濃い目の茶模様もはいっています。ハクセキレイご夫妻もこのあたりをちょろちょろしてるけど、うちの子たちはスズメのような気がする。(スズメご一家は何ファミリーかいらっしゃるので)

IMGP2891.JPG

よく見ると、外側は大きめのガサガサした草で内側は細い草、卵の置かれる底のところはなんとナイロン糸!マルハナバチ逃亡防止の網の端っこかなぁ。これは蒸れなくて弾力があって快適ベッドですね!

                        Asako
posted by tomato at 19:11| Comment(0) | 田舎暮らし

2019年05月26日

ケーキが当たった!

IMGP2872.JPG

なんと! 矢内菓子舗さんのデコレーションケーキが当たってしまいました!

矢内さんはいつも楽しい企画で小さな町を盛り上げてくれるみんなの大好きなパン屋さん。毎月12日のパンの日には店頭に誰でも応募できるユニークな数当てクイズがあるのです。

あるときはびんの中に入っている紙吹雪の数だったり、店内のあちこちに隠れているハロウィンかぼちゃの数だったり、ショーウィンドウの中にびっしり飾ってあるお魚パンの数やカゴに盛った野菜の重さだったり…毎月毎月、よくぞこんなにいろんなものをクイズにするなぁと思うくらいのクイズなんです。下川町町民だけでなく、近郊から来るお客さん、みんなが楽しみにしています。

いつだったか、お店の方に聞いたら「(あきびんに)ざらざらーっと入れて、これくらいでいいかね?」ってやって、それをクイズにするんだけど、正解を求めて閉店後に数えるときに泣きを見ることも多いとか(笑)
だって、こんなにたくさんのもの、いったいどうやって数えたの?というようなものも多いんですよ。

今回はびんに詰まっている小石の重さ。だいたいこのくらいかなと思う重さを書いたら、応募者の中から一番近かったということで立派なデコレーションケーキをいただいたのです。応募歴10年以上にして初です!やったー!

びんの中に入ったものの重さ…いつもつぶとま・こしとまの瓶詰めをやっているので、それで手が重さの感覚を掴んでいたのかも??

矢内さん、ありがとうございました!

                   Asako
posted by tomato at 06:07| Comment(0) | 田舎暮らし

2019年05月20日

春から数日で夏へ??

IMGP2855.JPG

前回ブログに春が来たと書いたばかりなのに、もう夏が来ちゃったみたいです。

上の写真ちょっとピントがあってませんが、ムスカリ(紫の小さな花)にしがみついて羽化したエゾハルゼミです。名前こそ「蝦夷 春 蝉」ですが、この子が鳴くと「あちー!夏だー!」という気分になります。

いつもはカッコウが鳴いてからエゾハルゼミが鳴く順番なのに、実はまだカッコウが鳴いたのは聞いていません。なんか変ですね? ここ4日ほど連続して夏日(最高気温が25度以上)ですが、朝は3度とか5度とかです (-_-; ニンゲンもトマトも身体が気温の変化についていかれずバテバテです。もうちょっと穏やかに変化していってほしいなぁ。


IMGP2867.JPG

お友だちからウドをたくさんおすそ分けいただきまして♪夜は山菜づくし。

ちょっと五味温泉さんに御用があって行ったら、ちょうど京丹波町の大黒本しめじが届いたところでした。一の橋の肉厚しいたけもいただいてきて、パター醤油いためと天ぷらに。自分たちで山菜採りに行く時間は作れなかったけど、しっかり春をいただきましたよ (^^)

                             Asako
posted by tomato at 15:47| Comment(0) | 田舎暮らし