2021年06月03日

スズメときつね

IMGP4360.JPG

そろそろスズメの巣立ちの季節。

ちょっと前まで忙しそうに餌を運んでは子に与え、また飛んでいくの繰り返しだったのに、昨日あたりから空身で飛んできて屋根の上で鳴くばかり。時々は入り口に止まって中に向かって鳴いてみたり。「出てこい、でてこい」って呼んでいるのかしらね?

下を気にしてチュンチュン鳴いている他にもう1羽屋根にとまっているのですが、こちらはなんだかモコモコしていて、ただぼーっとしているだけで、もしかして兄弟??

IMGP4355.JPG

巣箱の対面にある薪棚の上でキツネがずっと巣を見ています。もしかしてもしかしてポロンとでてきて、まだよく飛べない子スズメを狙っているんでしょうかショッキング

今後の行方がたいへん気になりますが、ずっと見ているわけにもいかず…

                            Asako
posted by tomato at 05:50| Comment(0) | 田舎暮らし

2021年05月21日

ハルユタカのピザ

R0024166.JPG

草刈りの季節を前に愛機が不調涙ぽろり 一昨日も機械屋さんに見てもらったのに昨日またエンジンがかかりません。ふたたび入院のため町まで連れていきました。

IMGP4295.JPG

町まで行ったついでに マルウささき/はるころカフェ さんのピザをお持ち帰りしてきました。トマトソースとネギ味噌味がありました。下川産のハルユタカという小麦100%だそうです。熱々ウマウマでしたよ〜 お味噌味というのが絹代さんのお得意路線なのか、特にいい味わい!

R0024168.JPG

わたしは持ち帰ってお家でいただきましたが、はるころカフェさんのお花のきれいなテラスでいただいてもいいですね〜♪

R0024170.JPG

ひっそりと目立たないところにオキナグサまで咲いていました。

機械の不調は困ったけれども、こういうお使いならお昼寝なしでも喜んで行ってきます!

マルウささきさん 下川町錦町23 日曜定休 10:00-18:00

                          Asako
posted by tomato at 05:19| Comment(0) | 農作業

2021年05月16日

カラスの巣

IMGP4290.JPG

農場の作業で近づく樹にカラスが巣作りを始めてしまいました。子育て中のカラスは下を通る人を攻撃することもあるときいて、子育てを始める前に作りかけの巣を落とすことにしました。農場のカラスはビニールハウスの天井をつついて破く以外そう悪いこともしていないのに(十分迷惑ではあるけれども…)人間の安全の方が大切なのでこの場所はあきらめてもらいます。ごめんね、別なところで子育てしてね。

ごうのすけさんが調べたところによると、二股・三股になっていて太さのちょうどよい枝には何度も巣がかけられるので枝を切り落としたほうがよいとのこと。

というわけで、暗くなってから脚立をかついで藪をこいで枝を切り落としてきました。カラスが巣作りしていたのはスモモの樹。ちょうど咲き始めでいい香りなのでしばらく玄関に飾っておきます。(かなり大きな木のほんの一部なので木が枯れる心配はありません)

新しい子育て環境が無事見つかるといいね。

                          Asako

カラスのスを落としたら、カラになっちゃうんだね
posted by tomato at 08:25| Comment(0) | 田舎暮らし

2021年05月14日

軽トラの幌

R0024164.JPG

昨日は最後ハウスの定植をしました(定植とは、それまで育苗ハウスで育てていたトマト苗を、今度は育てるハウスの地面へ植え付けることです)

育苗ハウスから植えるハウスまで運ぶ間にもトマトたちが風邪をひかないように囲っています。うちにも既成品の軽トラック用幌もあるのですが、ほんの少し背が高すぎて育苗ハウスの中まで入っていかれません。このハウスの部材を使った手作り幌ならぶつからずに入っていかれます。公道を走るわけではないしゆるゆる走るので大丈夫なのです。(しかも軽いので、定植が終わったら簡単に下ろせます)

お友だちのかもちゃんの持っている幌はうちの幌よりも少し小さそうなので、もしかしたら育苗ハウスにも入っていかれるかな…と検討してみたのですが、なんとなくこの手作りの(ぼろっちい)幌にも愛着があって、やっぱり今年もこの手作り幌で運んでしまいました。
posted by tomato at 12:49| Comment(0) | 農作業

2021年04月20日

農民画家(トマトの師匠)の絵画展

IMGP4270.JPG

週末は天気が悪かったので2人で隣市まで絵画展を観に行ってきました。今の季節ちょっと晴れたらハウスの中は暑くなるし、雲が来たら急転して寒くなるし、トマトの温度管理にとても神経を使います。先日のように「安定して天気の悪い日」はお出かけのチャンスです。なんだか逆説的で笑っちゃうね!

IMGP4273.JPG

師匠の絵は色に奥行きがあって、表面の質感もさまざまでとても幻想的です。近作の屏風も素敵。今回は師匠が世界最高峰の公募美術展「サロン・ドートンヌ」に9年連続で入選、そして同展会員に推挙されたということで、ドートンヌって何?とか、他の公募作品はどういうのがでてるの?とかわたしたち素人にもわかりやすいように展示されていました。

IMGP4272.JPG

アートって一言でいっても幅広いんですね〜。芸術家のみなさんの想像力に圧倒されました。

今回この会場で超久しぶりのお友だちご夫婦にもばったり会いました。帰りにキングベアさんでスープカレーも食べて、こういう普通っぽいお出かけって1年ぶり以上な気がしました。

                   Asako

posted by tomato at 07:04| Comment(0) | 地域の話

2021年04月18日

美味しい幸せ

IMGP4263.JPG

お友だちから新鮮で立派なたけのこをいただきました。さっそく木の芽和え。旨か幸せ♪

IMGP4265.JPG

それからグリル焼き(ううっこれも味が濃くてまじ旨い!)

IMGP4264.JPG

トマト氏の発案でピザ(ををを!イケル!)

IMGP4267.JPG

一緒に木の芽もたっぷり入っていました。北海道じゃ山椒の葉ほとんど見かけません。農場の休憩時間に「木の芽が〜」と話していたら道産子のパートさんにはピンと来なかったみたいで、やっぱりこれは暖かい地方のものなんだなぁと思いました。

IMGP4260.JPG

もちろんこの日の箸置きは共食い

                Asako
posted by tomato at 07:21| Comment(0) | 料理・保存食

2021年04月15日

まだ春は遠いのかな

R0024112.JPG

明け方暖房トラブル対応に行った豪之助さんがなかなか帰ってこないので様子を見に行ったら2カ所で別々のトラブルが発生していたらしい。それでも早く気がついたのでトマトちゃんたちは無事です光るハート

R0024109.JPG

その2時間後朝の見回りに行ったら、明け方にはなかった雪で地面が真っ白。寒いとは思っていたけどびっくりです。そしてまた別なハウスで暖房の煙突が外れているという、もう今日はなんだか暖房の厄日みたいです…

R0024103.JPG

今年はお友だちのおうちの分も花の苗を育てています。

R0024107.JPG

超細かい種子をていねいに鉢上げしていったら、ネモフィラ140本、リナリア103本、ロベリア67本…なんてたいへんな数になっています。

R0024105.JPG

こんなに作ってどうするのーって怒られちゃいそうです。

                   Asako
posted by tomato at 07:46| Comment(0) | 農作業

2021年04月08日

白鳥の湖 ならぬ 白鳥川

IMGP4245.JPG

農場の向かいの川に白鳥がたくさん来ています。朝晩はここで休んで、日中は町の方(タカアキくんちの向かいの畑あたり?)に行ってごはんを食べているようです。

国道からは見えないけれど、堤防のところまで行くと見えますよ♪

                 Asako
posted by tomato at 06:43| Comment(0) | 田舎暮らし

2021年03月30日

姫コブシ

IMGP4212.JPG

西條 名寄店 さんの一階のお花屋さんでコブシの苗を売ってたので、後先考えずに買ってしまった顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

ミッチーのお家の見事なコブシに憧れているものの、考えてみればうちの地面はまだ雪の下だよ。どうしましょう? 花が咲くくらいまで進んだ苗(たぶん道南とか、暖かいところから連れてきたんだと思う)を雪を掘って植えたらかわいそうだよね。

とりあえず育苗ハウスへ連れて来ました。クチナシに似たいい香りがします。

調べてみたら、ミッチーにコブシの種子をもらって蒔いてみたのは2013年でした。プロの苗木屋さんはどうやって芽出しさせてるのかな。

無事移植できて根付くといいな♪
                      Asako
posted by tomato at 07:08| Comment(0) | 田舎暮らし

2021年03月27日

苗の様子

R0024071.JPG

昨日最後のトマトを鉢上げしたので、これで今年の苗が全部そろいました。

R0024075.JPG

一番お姉さんの苗はつぼみが見えてきました。

R0024079.JPG

一番若い子はまだ本葉が二枚でたくらいのちびっ子です。

今年は半分くらいの苗を種子から育てています。極寒の地での自家播種は難しいけど、とても興味深いし楽しいです。自家播種に取り組んで5年くらいかかって相当発芽率も苗揃いもよくなってきました。苗づくりは良い作物を作るための一番大切なところなのでこれからも続けていこうと思います。
                    Asako
posted by tomato at 07:25| Comment(0) | 農作業