2017年08月18日

つぶとま、こしとま作り

0817sauce1.jpg

このところ涼しい日が続いて、トマトがなかなか赤くならないので、ソースづくりに行ってきました。

トマトを洗おうと思って水を張ったら、トマトがみんな沈んでいてなんだか懐かしかったです。昔は自分たちの作っているトマトでも、どういうものが糖度あるのかよくわからなくて、糖度計で測るほか、水に沈むかどうかテストしてみたりしてハラハラしていた時代もあったのです。(その頃の記事→☆

今は自分たちのトマトに限って言えばかなり正確に糖度がわかります。(^^)

0817sauce2.jpg

ハウスのほうの仕事もあるのでそちらはトマト氏とパートさんに任せて、わたし一人で作業です。あまりたくさんは仕込めませんでした。

0817sauce3.jpg

全部手作業でていねいに作っています。だいぶ時間をかけて弱火でことこと煮込んでいくので時間のわりに少ししかできません。2日がかりで100本弱でした。

農業の6次産業化とやらで所得の向上、雇用の促進、規模拡大云々言われますが、なんだか別世界の話みたいです。つぶとま&こしとまは、大量生産や経費節減とは程遠いかもしれないけど、でもそういう製品が世の中のはじっこにあってもいいよね?わたしたちはこうやって手をかけて作られたものが食べたいと思うもの、きっと他にもそういう人たちがいると思うもん!

つぶとま、こしとまレシピも公開しているので良かったらみてね〜

http://www.athenefarm.com/koshitomatsubutoma/recipe.html


                                    Asako
posted by tomato at 06:19| Comment(0) | 料理・保存食

2017年08月12日

タノシモの「移住者インタビュー」

0812tanoshimo.jpg

下川町移住交流サポートweb タノシモの「移住者インタビュー」のページに載せていただきました♪

カメラマンの数井さんに「おばさん、顔黒くてはずかしいわー」と言ったら、とっても美人に写してくれました(自分比)ほんものより素敵な農家婦人みたいです。ありがとうございますっ!

ライターの黒井さんに「素敵なお話に書いてね〜」と言ったら、とっても素敵にまとめてくれました。あんなにいっぱい脈略なくお話しちゃったのに、読者さんにしっかり伝わるようにまとめてくれました。ありがとうございますっ!

それから編集のみなさん(お名前秘密?)にもこういう機会を与えてくださってとっても感謝です!

ここまでけっこう波乱万丈の人生だったけど、今振り返ると必然の道のりだったなのかなと思ったりもして…まじで下川町、いいところです。そして農業もとてもたいへんなことも多いけどそれを上回るやりがいのあるお仕事です。よかったら読んでみてね〜♪

下川町移住交流サポートWEB タノシモの「移住者インタビュー」vol.7
http://shimokawa-life.info/interview/interview-vol07/

ずっと夢見てきた田舎暮らし。
健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

posted by tomato at 20:03| Comment(0) | 地域の話

2017年07月18日

毎年楽しめるもの

0718rose_1.jpg

今年の春にネズミに食べられてしまってもはやダメかしらと心配していた先輩施主さんにいただいたバラですが、復活してくれました〜っ!

0718rose_2.jpg

去年のようにモリモリというわけにはいかないけれども、切ってきておうちに飾るぶんをとってもまだたくさん咲いています。

0718rose_3.jpg

毎年この季節になるといただいたときのことを思い出すのです。それはおうちができたときに先輩施主さんが一緒に喜んでくれた笑顔の思い出。毎年バラが咲くと「だいちゃん、サト美ちゃん、ありがとう!」と感謝するのよ♪

バラの開花と一緒に思い出してもらえるって、いかがでしょうか?>あんこ女王様 ふふふ

                           Asako
posted by tomato at 06:40| Comment(2) | 田舎暮らし

2017年07月11日

ローカルな有名人

0711newcountry.jpg

この一年くらい新聞とか月刊誌とか、下川町紹介パンフレットとかに紹介していただく機会がありましたので、そういうのをまとめて掲載情報のページも作っていただきました。

写真のところをクリックすると内容も読めます (^^) お時間とご興味のある方は読んでみてくださいね〜。


それから、なんと明日はラジオ出演するのです。

先日札幌のシェフが農場訪問してくださったのですが、そのときご一緒のお友だちさんがご自分のラジオ番組をもっていらっしゃるんですって。そんな有名人だとはつゆしらず、いつものようにトマト愛を語っていたら「あらっ、この方、面白いわ!今からラジオ録りますから!」とあれよあれよという間に録音が始まったのです。

なので、どきどきしちゃって心の準備もないまま何をお話したかよく覚えていないのですが、お時間のある方は聞いてみてくださいね。(といってもたぶんいつもお話しているトマトの話なのですが…)

今野華都子のラジオ『今日もくもりのち晴れ』
https://www.konno-katsuko.com/



というわけで、あわててネットショップの準備もしています。明日にはオープンできるようにしておきます。(^^) 

今年はとてもうまく出来たのか、いつも納屋で売っているハネ品と「あさこのあい」がほとんどなくて、「ごうのすけのこい」ばかりなのです。せっかく納屋にたずねてきてくれても売るものなくてちょっとさみしいような?でも本来規格外品がたくさんあっても困るものなので、これでいいのかもしれません、いや、これでいいノダ!

                          Asako
posted by tomato at 18:43| Comment(2) | あれこれ

2017年07月10日

にょろちゃんの受難

0710tobi.jpg
上の写真はイメージです(うちの薪棚に留まるとんび)

先週だったか?家でお昼ごはんを食べていたら、窓のすぐ下くらいからとんびが ばさっばさっばさっ と飛んでいきました。近くで見る大きさにも驚いたのですが、それよりももっと驚いたのは何か太いヒモのようなものをくわえていたこと…。そのヒモ、くねっていましたもうやだ〜(悲しい顔) あああ、まさかうちのニョロちゃんがとらまえられてしまたのでしょうか…かわいそうに…


今日はハウスのマルチの上で可哀想な子へびがいました。

お嫌いな方もいるので折りたたんでおきます。興味のある方は続きをどうぞ
posted by tomato at 22:06| Comment(0) | 田舎暮らし

"こい"の瓶詰め

0710tsubu_kosi.jpg

"こい"の瓶詰め
http://www.athenefarm.com/koshitomatsubutoma/


つぶとま・こしとま でお馴染みの濃縮フルーツトマトをご紹介するページができました。Asakoが「うちの子(トマト)たち、ひと粒残らず食卓に届けたいな」と、一生懸命作っている濃縮フルーツトマト…その想いを伝えられたらいいなぁ。

料理研究家の松田真枝さん(まっちゃん)の、美味しくてしかも簡単につくれるレシピも紹介しています。このほかにもたくさんアイデアをいただいたので、これから少しずつアップしていこうと思っています(でもトマトの収穫最盛期なので、すぐにはできません (-_-; 気長に待っててくださいね (^^;)

ネットショップからも購入できるようになってまーす。

  ぎゅぎゅっと瓶詰め[もっと読む] → [お買い物はこちら]

                            Asako
posted by tomato at 07:17| Comment(0) | 料理・保存食

2017年07月05日

有機栽培の勉強会

0705house.jpg

先日おともだちからお誘いをいただいて、有機栽培の勉強会に行ってきました。

0705book.jpg

トマト氏は就農当初小祝先生の本を繰り返し読み、マーカーまでひっぱってお勉強していました。(わたしはあまりお勉強が得意でないのであまり読んでいませんでした(^^;(先生ごめんなさい) 

この日のお勉強は植物の身体の中でどんなことが起こっているのか、どうして病気に強くて美味しくてしかも多収穫になるのか、そしてそれの実例(これが本当にすごいです!)のお話をしてくださいました。

初めのほうで光合成の仕組みのところでCとかHとかOとかNとかたくさん出てきました。以前のわたしだったらここで眠り始めるところでしたが、わわわ大学でふくちゃんに教わったので「なるほど!そうだったのか!!」と驚きました。植物の身体の中でこんなにいろいろすごいことが起こっているのですね。

で、現実に日々の栽培を振り返ってみると、トマト氏がやってるあんなことやこんなことにはこういう意味があったのかとストンと胸に落ちるんですね。小祝先生の理論とは別な理由でやっていることも、先生の理論と合致していて、うちでは○○と思ってやっていたけどそれには△△の効果もあるんだ!(いろいろ企業秘密ですみません)と、もう頭の中がフル回転状態です。実際に目の前のトマトに起こっていることを化学で説明するとそういう意味になるのかもしれないです。

すごいね!すごいね!とても面白かったです!

0705slide.jpg

それでさらに今自分たちの栽培に足りない部分もあって、今後やり方を加えるともっと進化するかもしれないのもわかって、なんていうのかとても刺激になりました。

今はアテネファーム流のやり方がほぼ確立しているので、まるごと全部変えるというのはリスクがあります。でも根本の理解があれば部分的な変更(アレンジ?)も可能です。それぞれの畑と気候、それから目指す目的にあわせて取り入れていったら面白いと思います。


有機栽培をつきつめていくと、最終的には本当に美味しくて健康になる食べ物になるのだと思います。それがみんなの幸せにつながっていくし、やっぱり農業って素晴らしいなぁと思った一日でした。

小祝先生、イナゾーファームの谷さん、えみちゃん、どうもありがとうございました! (^^)

                          Asako
posted by tomato at 07:52| Comment(0) | 農作業

2017年07月02日

チャルカ

0702eiga.jpg

昨日の夜は町内有志主催の映画上映会に行ってきました。主な内容は原子力発電でできる高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の話です。

すごーく長くなっちゃったので続きは折りたたみます。

続きを読む
posted by tomato at 19:24| Comment(0) | あれこれ

2017年06月29日

鳥の巣

この間まで「夏来た〜っ!」と叫びたくなるくらい暑かったのに、最近は超寒くてストーブ焚いたり暖房つけたりの下川です。この揺さぶりにAsakoはすっかり体調を崩してしまってよろよろしています(-_-;

トマトたちもせっかく赤くなりはじめたのにここへきて足踏み状態です。

ま、でもこういうときには無理して赤くせずに、トマトとお天道さまにおまかせで待つのがアテネファーム流。日照がないのに早く赤くしても(十分光合成しないまま熟しても)美味しくはならないので、あせらず待つことにします。

0629nest1.jpg

というわけで最近は農場の草刈りや、選果場の準備をしたりしています。

いりちゃんが草刈り中に鳥の巣を見つけました。草むらにあるのはヒバリの巣かな?外側はごわごわの草で編んであるのに…

0629nest2.jpg

中はこんなに細かい草で編んであって、触るとふかふかしています。ちびっこ(ヒナ)たちに少しでも居心地がいいようにとおかあさん(おとうさんかな?)が一生懸命くちばしで作るのかと思うと、ちょっと感動します。DNAに組み込まれた本能っていうのでしょうか?すごいですね!


0629moritoie.jpg

写真をクリックするとPDFファイルが開きます。

というわけで(あはっ、ちょっと無理やりな感じもしますが)

居心地の良い家の構造見学会があります。今回見学するおうちもうちとおんなじ山形建設さんが施工しています。山形さんの作ってくれるおうちは夏に涼しくて冬に暖かくてとってもいいですよ〜。

今回は作りかけのおうちだけでなく、その材料はどんな森に育っていてそこからどうなって家の材料になるのか…そしてそのおうちと、森が家になるまでの一連の流れをバスツアーで見学させてくれるのだそうです。家を作る予定のない方でももちろんOKOKなので、社会科見学としての参加も歓迎だそうですよ♪

0629ja1.jpg

農協さんでも出荷の説明会がありました。

0629ja2.jpg

最終的には協同選果場の基準で見た目も糖度も均一に梱包されていくのですが、その前に農家から出荷される段階でおおまかに秀品・優品・外品とか、大きさとかを選別して出荷するのです(そうしておかないと、選果場のパートさんたちがたいへんになってしまうので)。

目均し会(めならしかい)があると、いよいよシーズン突入だなぁと思います。早く風邪治さなくちゃね。

                           Asako
posted by tomato at 07:11| Comment(0) | 田舎暮らし

2017年06月22日

シーズン前の追い込み

0622tomato.jpg

6月の第一週は最高気温が7度だったのに(最低気温じゃありませんよ?)その次の週は最高気温23度。そしてその次の週は最高気温12度、そして昨日の最高気温は28.8度・・・。

もうすっかりバテバテです。(+_+) 身体がついていかれまへん…。

それでもトマトちゃんたちは晴天に恵まれてご機嫌で、気の早い子たちは赤くなりはじめています。


0622house.jpg

今のうちにがんばって誘引や草刈りなどの管理作業をやっておかないと、本格的な収穫がはじまったらもう追いつけません。

というわけで、日々ずんずんと農作業を進めています。ひもつりももあと1割弱を残すのみ。納屋も「収納庫」から「選果場」へとトランスフォームしましたよ。(^^)

                           Asako
posted by tomato at 07:20| Comment(0) | 農作業